2010年3月19日 (金曜日)

最近老害振りまいている石原知事の出世作も有害図書だな

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正案があちこちで問題になっている。いわゆる「非実在青少年」条例である。そして当然反対の声が多い。PTA団体のように目先の正義感だけで賛成しているところもあるようだが、いくらなんでもこんな糞条例に反対するのが当然だろう。

以下の記事に論点は集約されていると思う。
緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている(松浦晋也)

この記事中にもあるけれど、タイトルに示したように推進している東京都知事の若い時の作品も問題になっちゃうわけですよ。そしてあの源氏物語も有害図書認定!そもそも日本では児童ポルノの定義が曖昧で、いくら際どいポーズやぎりぎりの露出をしているからといって、水着写真までそれが実年齢18歳以上でも見た目が18歳未満なら児童ポルノ認定されてしまうというのはどうかしている。ファシズムは民主主義の衣服をまとっていつの間にか忍び寄ってくるのだ。

あの天保の反動政治の水野忠邦、鳥居耀蔵もびっくりだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金曜日)

自分の名前がネタかw

ポルノの影響に関する研究、ポルノを見たことがない男性が見つからず頓挫するも別の結果が得られる (ウェブ魚拓)

研究者の教授の名前が「Lajeunesse」というのが笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土曜日)

歪んだ報道

民主党の田中美絵子議員の「ヌード」が問題になっているようだが、一体全体映画出演してヌードになった場合、それだけで国会議員になる資格はないということなのか?そんなこと法令で定まっていないだろう。道義的責任云々をいうのなら、かつて人妻を略奪婚した総理大臣はどうなのだ?

それに比べて同じ民主党議員でも、自己破産を隠して当選した議員がいるが、こちらは一度はニュースになったものの、その後ほとんど叩かれていない。これは一体全体どうしたことか。

ワイドショーで視聴率がとれそうな話題が集中的に取り上げられるという歪んだ構造は、酒井法子の事件でも伺える。政権が変わったことだし、自民党政権の下で電波免許を受けていた放送局は、全部一旦白紙に戻したらいいのではないだろうか(笑)。電波料を下げるなどと戯言を吐き、テレビ出演で知名度を上げた原口総務相にそんなことはできっこないだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木曜日)

これは笑える、偉大な才能だw

2chのニュー速+で発見。爆笑ものですな(^_^;)。

■■■ 辻、加護の見分け方 ■■■

■ニコチンが好きなのは加護    ■ポコチンが好きなのは辻
■上の口で棒をくわえるのが加護 ■下の口で棒をくわえるのが辻
■白い煙を吸うのが加護       ■白い液体を吸うのが辻
■お茶出しするのが加護      ■中出しされるのが辻
■解任が加護             ■懐妊が辻
■辻斬りされたのが加護      ■ご加護があったのが辻
■日のあたらない生活が加護   ■太陽のある生活が辻
■奈良に帰った加護         ■マラに反り返った辻
■キャメルを吸ったのが加護    ■ギャルルを組んだのが辻
■スパスパが加護          ■スパンスパンが辻
■一服するのが加護         ■一発するのが辻
■モクモクが加護           ■イクイクが辻
■謹慎した加護            ■妊娠した辻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日曜日)

阿部定の刑にしる!

すごい奴がいたものだ。もちろん褒めている訳ではない。

特急車内で女性暴行=誰も通報せず、36歳男逮捕−大阪
<強姦>特急内で暴行、容疑の36歳再逮捕 乗客沈黙

この植園という苗字からすると鹿児島出身かな。どういう遺伝子を受け継いでいるというのだ。
どんなに強面だか知らないが、車掌に通報する乗客が1人もいなかった(それも複数回にわたって)、というのはどういうことだ。乗り合わせていたのは臆病者と機転の利かない莫迦ばかりだったのか。

車掌に通報→運転士に連絡→運転士は警察に通報→次の駅で緊急停車→警察がやってきてお縄

これで一件落着じゃないか。

こういう獣には、人権などない。もちろんチン権も(笑)。
まともな裁判なんかそこそこにして、被害者の女性が少しずつこやつのチンチンを切り刻むとよい。二度と見たくないいちもつかもしれないが、女性の味わった屈辱と恐怖を再現して復讐するにはこれしかないだろう。これを阿部定の刑、または(禁固刑ならぬ)チンコ刑といいます(嘘)(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 2日 (木曜日)

名は体を表す?

竹内結子、女優業に本格復帰へ

結婚も早かったが、離婚も「予想外」の早さだな。いや、予想されていたことかもしれない。仕事のオファーが殺到しているようでよかったんじゃないかな。まだ25歳と若いんだし。

中村獅童。あそこは獅子のようにいきり立って吠えまくり(笑)、おつむの出来は童子並みということか(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006年9月23日 (土曜日)

妄想(^_^;)

インリンさんがポロリ「ニューリンが大阪で初M字決めるかも」=ハッスル

見出しだけ見た時点では、インリン様がおっぱいポロリで乳輪(ニューリン)を見せてくれるのかと思いますた(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木曜日)

昼でも金、夜でも金

谷亮子だけじゃなくて、里谷多英も消えた方がいいかも知れないなあ。

今のままだとトリノは多分無理。

でも、リレハンメル五輪に高校生で出場した時の彼女はけっこう初々しくて可愛かった。あの当時からぶっ飛んでいたのかもしれないが。その(自分勝手な)イメージがあるから、外国人コーチと「公然わいせつ」でことに及んだと雑誌記事を読んだ時、当時は人妻だった訳だし、想像して不覚にもちょっと萌えてしまった俺(^_^;)。谷では絶対にありえん。柔道選手の金メダリストでは谷本歩実だと案外いい線いくかも....ってなに書いてんだ俺(笑)。

それにしても、トリノ五輪も近いというのに、あまり盛り上がる気配がないし、マスゴミもいつものように煽らないなあ。まだ早いのか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日曜日)

いい子チャンぶるのはいやなので

児ポ法違反で逮捕された東大の多久島助教授に関するエントリーにトラックバックいただきましたが、どうも私が彼を擁護している(意見の代表格の)ような取り上げられ方に感じられたので、補足で主張することにします。女々しい弁明と取る方がいらっしゃってもそれはご自由です。

私は現行法を破れと主張するつもりはありません。その法律に問題があっても、問題を指摘し修正しようとする努力は必要だと思いますが、乱世ではないのだから、それ以上踏み込むことは自分でもするつもりはないし、他人にも当然勧めません。特にレイプのような鬼畜犯罪は、全く容認するつもりはありません。

義務教育を終わった年齢であり(実数は極めて少ないだろうが社会人になっている者もいて)、かつ女性が16歳で結婚を許されているのだから、少なくとも児ポ法の保護対象とすべき女性の年齢規制は18歳未満から16歳未満に変更すべきだと考えます。それをロリコンの思うつぼだというのならば、そういう主張の人は民法の改正を訴えて下さい。

多久島氏とは面識ないので、ただのスケベオヤジなのか、下半身の人格とは別に優れた人物なのかは知りません。ただ、英雄色を好むという言葉もありますが、独創的な優秀さと下半身の人格(お盛んであること)はしばしば比例するのではないか、という印象を持っていることも確かです。ただの「印象」です。

性欲が余り盛んでない男たちが、この種の犯罪の「下手人」に対して批判的であるのも自由ですが、自分の尺度だけで世の中を計るべきではない。

年端もいかない子供の人格を尊重すべきであることは論を待ちませんが、だからといって一律になんでも法律で規制するだけで世の中おさまるかと言ったら、そうは問屋が卸さない。規制が強ければ強いほど、実は弱い立場の市民にしわ寄せが行き、強者がアングラ化してますます2極分化する、ということはセックス産業あたりで十分に考えられる(というか既にそうなっている?)訳です。悪いことに警察の検挙対象が、本当の悪ではなく検挙率という数字の向上を狙ってお手軽に「小市民」に向かっている。ネット時代で脇の甘い「チョイ悪」が増えていることも確かでしょうけどね。そういうの見せしめにするだけでいいのかね。

もう少し生物としての人間の本能を直視して、寛容な部分を拡大すべきだというのが私の考え方の根幹です。このままだと「雄」としての男はますます社会的に去勢されてしまいます。

最後に、猛烈な批判覚悟で最後っぺたれます。
「女性は性の商品ではない、女性を性的な目で見るな」といった主張があるけれど、女はそういう目で見られて綺麗になるんだよ。そういう主張をする女に限って不細工な奴ばかりじゃねえかよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土曜日)

男って悲しい生き物だなあ

今週発売の週刊文春に「エログ」のことを取り上げている記事がある。
もちろん、エロ系のブログである。少し前に、ここにもTBしてたのがあったな。思わず見に行ってしまった(笑)。

女どもがスケベなことを書いたり、自分の裸の写真を掲載したりして、男のアクセスを集めようと言うことで、もちろんサイト内にはライブチャットや出会い系はじめ各種アダルトサイトへのリンクが満載である。たいていがアフィリエイトプログラムになっていて、この報酬で月に100万稼ぐのもいるそうだ。いつまでそんな状態が続くのか知らないけど。リンク先にはワンクリック詐欺のサイトもあるらしい。気の小さい人はエログ内のバナーやリンク部分をクリックするのは止めた方がいいね。

インターネットの黎明期に、288のアナログモデムでなかなか画像が表示されないアメリカのプレイボーイのサイトにアクセスしていたのはもう10年前か。コンテンツは変われば変わるものだが、男心は大差ない。

で、笑っちゃったのがこの文春の記事中に、アフィリエイトのことをアフェリエイトと記載してあったこと。複数箇所全部そうだったので、印字ミスではなく、原稿段階のミスと思われる。編集もスルーしちゃったのね。多分、フェラとごっちゃになってしまったのではないかと思う(笑)。

アフェアフェ(^_^;)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)