2012年7月23日 (月曜日)

専門家を排除しようとする風潮

昨今の日本はすっかり素人社会である。テレビにはコメンテーターと称する連中が登場して、ろくに勉強もせずに大衆受けしそうなことを専門外の分野で好き勝手に話している。

エネルギー政策を考える意見聴取会では、電力会社の社員が排除されてしまうことになった。
このまま素人主導で今後のエネルギー政策が決められてしまうと、日本社会はますます混迷を深めるのではないかと危惧される。

さて、自分の専門分野に関連していうと、実はもう何年も前から絶望的である。
「市民参加のまちづくり」とやらがすっかり定着し、プランナーがファシリテーターに転職している。これははっきりと転職と言ってよいと思う。プランナーにファシリテーターの素養は必要だが、自分で計画をつくることが第一義ではなく、素人の意見を調整集約することが第一義になってしまっては職能は違うからである。都市のフィジカルプランニングは専門的トレーニングが必須だと今でも私は確信している。それは大学での専攻という狭い意味ではない。

行政からあるテーマで業務を受託し、会合の場に行くと多数の「市民」が待ち構えている。その中には、専門家として正当に契約を締結し報酬を得て業務を遂行しようとする我々に対して、どういう権限で出席しているのか、契約金額はいくらかなどと堂々と尋ねてくる。大きなお世話だ、そんなことを開かす必要もないし、大した金額ではない(のに「そんなに貰っているのか」と反発する奴までいる)。

専門家を軽視し、排除しようとする芽は恐らくそこここに存在するのだと思う。
最近は幸か不幸かこういう場にお声もかからないのだが、かかってもこういう場には出たくはない。雀の涙ほどの金で不快な思いをするだけなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日曜日)

座布団を固定しろ

大相撲初場所は、苦情付きながら把瑠都が優勝した。苦情は立ち会いの変化に対してだが、とっさに変化したとすれば責められないだろうが、大関たるものそうならないように日頃から心身の鍛練をすべきだと言われると私には反論できない(笑)。来場所で把瑠都がまた優勝してしまったら、外国人嫌いの連中は上を下への大騒ぎだろうな。それはそれで見てみたい気もする。

さて、その把瑠都が変化した勝った一番だが、最近相撲に対する関心が薄れているので中継を見なかった。
新聞記事によると例によって座布団が乱舞したようだ。

こういう時には必ず「危険ですから座布団を投げないでください」とアリバイ的に館内放送で注意がなされるのだが、そんな光景はもうかれこれ50年近く見続けている。1度だけ両国で生で相撲を観戦したことがあるが、座布団を投げるなという注意書きがあったと記憶している。

本当に危険だから投げるなと言うなら、座布団は座席に固定しろ。
八百長問題やら年寄株の問題やら、様々な相撲協会の負の体質は本質的に変わっていないと思うが、それとは別に観客の身の安全が守れないような組織に公益財団法人に地位を与えることを許すべきではない。

大学時代の恩師の1人でもある伊藤滋氏が外部理事を退任するが、これまた報道によると伊藤氏も含めて退任する3人の外部理事は協会改革の道筋がついたような口ぶりだが、恐らく社交辞令だろう。

相撲協会の公益裁断法人移行問題では、監督官庁である文科省の断固たる姿勢を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日曜日)

糞坊主の話

戒名というものについて実は常々考えている。要するに信心もなければお布施も修行もしてないのにいらねえんじゃねえか、ということである。戒名料が高ければ位が高くなるという法外な金がかかるのもバカバカしいし、その元になっている檀家制度という「江戸時代の負の遺産」にも疑問を持っている。

読者諸兄の中には僧職の方もいらっしゃるので、こういう本音を言うと、何か言われそうであるが、実は高校の倫理社会の授業を受けた頃からずっと思っていることなのである。

そういう小生の高祖父は曹洞宗の僧侶であった。その息子の私の曾祖父が母(私の高祖母)に早く死なれたために、跡を継ぐことがなくなり、しかも私の祖父も長男ではなかったので、跡を継ぐ運命にはなかったのだが、檀家の一員としては「宗教改革」をやってもよいのではないかと最近考えるようになった。実際にはド田舎の人間関係のどろどろしたところで、しかも東京に出てしまった私が仮に戻っても簡単ではないことは明らかなのだが、このあたりは父といずれは相談しなくてはならないかもしれない。

私の高祖父の跡を継いだ住職は長命で、私が小学生の頃まで存命であった。そのために子供の私にいろいろと話をしてくれる機会もあった。具体的な内容はほとんど覚えていないのだが、話しぶりや人格には子供ながらに感銘を受けたものである。その住職はご子息を戦争で亡くしたため、続けて血縁関係ではない人間が住職を継ぐことになった。

しかし皮肉なことに現在の住職はなんと私の従兄の同級生なのである。血縁ではないというものの世の中狭い。田舎は尚更である。白川晋爾という。

その住職が立派であれば文句はない。しかし金銭関係や女性関係などで若い頃からよくない噂が絶えなかった。ついには昨年10月に、自動車でたこ焼き屋に突っ込んで3人に重軽傷を負わせてしまった。酒は飲まないので酔っ払い運転ではないようだが、それならなおさら悪い。還暦過ぎた宗教人のやることではないだろう。

しかもである、突っ込んだたこ焼きやの名前が「タコボーズ」なのである。出来すぎている。悪い意味で。タコボーズのブログを見ると、怪我人を助けることもなくふんぞり返っていたようだ。まあ白川ならいつもふんぞり返っているからさもありなんである。情けないことだが。そもそも怪我人の手当てをしない時点で重ねて道路交通法に抵触している。

昨夏のお盆の時も、秋のお彼岸は体調が優れないために休業します、などと予告していたのである。何で1ヶ月も先の体調不良がわかるのか(笑)。

要するに、こんな奴に金を払って戒名などもらいたくないのである。自分で生前戒名を考えることにでもするか。何かいい考えはないものだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土曜日)

久々に見た不届き野郎

月が変わって記事書かないと、右のサイドバーが中央に来るのか(笑)。

首都圏のJR駅構内が全面禁煙になって久しいが、最近久々に15両対応の長いホームの端の方で喫煙している莫迦を見かけた。見た目は30前後のあんちゃん。本人は携帯灰皿なんか使ってて、そこに吸い殻をいれているからマナーがいいつもりなんだろうが、そもそも禁煙の場所で煙草吸うのがルール違反なんだよ。

長いホームの端だと客も少ないし駅員の目も届きにくい。
ちゃんと監視して、注意してもダメなら、駅長事務室にでもお越し願ったらどうか。

やはりニコチン中毒は理性ではコントロールできない薬物依存症であることがわかる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日曜日)

あんたらが間違っちゃいかんだろう

出演者から見て、何日か前の確か「笑っていいとも」だと思うが、タモリと神田沙也加が九州新幹線の列車の愛称を「つばさ」と何度も間違えて、スタッフや字幕による修正も見なかったのだが、これはひどいよね。「つばめ」だって多くの人は知っているだろう。

この2人、タモリは福岡市出身だし、沙也加は母親が久留米の出身である。間違えるなど言語道断である。まあ、つばさも元々は秋田行きの特急の愛称だったのを山形新幹線が強奪したのではあるが。

これじゃあ、新潟行きの「あさひ」(今はその間違われやすさが原因で「とき」になっている)と長野行きの「あさま」を東京駅で乗り間違えるお馬鹿さんが出る訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月曜日)

話にならん莫迦教師だな

米沢市の山中でおきた酒田工業高校のワゴン車転落事故。
ワゴン車転落:8人乗りに12人 引率教諭「10回転」ウェブ魚拓

1)8人乗りのワゴン車に12人乗せる。
2)進入禁止の林道に入る。
3)ベーパーロック現象を起こしたらしい(ブレーキが利かなくなったと証言している)。

別記事によると顧問教師は2人いたようだから、車を二台用意すれば少なくとも1)避けられたわけだが、あとの2点を考えると、要するに車の運転すべきじゃない奴がよりよもよって山岳部の顧問教師をやってて、自動車で合宿の下見に行ってしまった、ということだろう。懲戒免職でもいいくらいの不祥事だ。木がクッションになって死者が出なかったのが不幸中の幸だ。

上記記事によると、運転していた教師は「生徒たちがアスファルトの下り坂を延々と歩いて下るのをためらったため、車で下りようという話になった。間違った判断をした」と言ったとのことだが、歩かせろよ。記事の最後にも「本来はワゴン車に荷物だけを積んで生徒は徒歩で下山するはずだったという」とあるじゃないか。生徒もヤワなのかもしれないが、予定通りの行動をするよう説得できないのならば指導力に疑問をもたれてもしかたないだろう。部活の解散までしたら気の毒だが、今年度いっぱいくらい活動停止くらいしてもよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土曜日)

杉村太蔵って何者なんだろうか

大量得票の恩恵を受けて衆院比例区圧倒的下位当選も一期でペケ、暫く行方不明?

そして今は、前衆議院議員の肩書きを活用してか、バラエティ番組やTVCMなどに出演し、今日はついにTBSのサッカーJリーグ中継の副音声に登場して(いるようだ)、加藤浩次にいじられる始末。これだからTBSのスポーツ中継は相変わらず(笑)。

こいつの存在価値って何なのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水曜日)

ぎりぎり生きてるセーフティネット

我が家には私大に通う子供が2人いて(2人とも新4年生)、しかも片方は理工学部なので授業料が半端な額ではない。当然日本学生支援機構の教育ローン(所謂奨学金)の支給は受けているのだが、これは将来利息を付けて返さないとならないし、これだけでは足りない。

これまでは借入も含めてなんとか支払ってきたのだが、最終学年になって財源が底をついてしまった(苦笑)。民間金融機関の教育ローンに申し込んでみたが、案の定断られた。

幸か不幸か年収が下がったため、日本政策金融公庫の教育ローンの基準を下回ったので、ダメ元で申し込んでみたら、融資を受けられることになった。卒業後の借金返済が増えるだけだが、分割して返せばなんとかなる。ともかく今金がないと話にならないのだから。過去に一度、上の子が高校生の時に公庫の教育ローンを借りて完済したのと、会社でも3回ほど事業資金を借りて完済しているのが利いたのかもしれない(もっとも三度目は途中で返済が遅れた時期があったのだが)。

いずれにしても、辛うじて国のセーフティネットに救われた形である。助かった。
日本の高等教育は金がかかりすぎる。うちの子達はそれほど出来がいい訳ではないが、金がなくて出来のいい子供達が経済的理由のために高等教育を売れられないのであれば国家的損失である。なんとかしないとこの国の将来は危うい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木曜日)

これじゃあ科学的根拠のないデマも広まる訳だ

震源海底、24メートル変動=3メートル隆起、世界最大規模—海保

これはこれで驚くべきニュースだが、地球のスケールを考えれば大したことはないと言う見方も当然出来る。それよりも、このニュースに関連してヤフー掲示板の書き込みに笑えるネタが満載なので晒してみよう。しかし笑ってもいられないかもしれない。こんな間違った知識や無知を平気で掲示板に晒して平気な連中がたくさんいるのだから、タイトルにも書いたようにトンデモ科学に騙される奴が後を絶たないのもいたしかたないことである。絶望的だが、そんなものかもしれないという諦観も禁じ得ない。

>この海底の隆起があの津波を発生させたのか!!!
津波を発生させた地震のエネルギーが海底を隆起させた、という方が正しいだろう。

>これだけ凄い地震だったから、元に戻るまで余震が長期化するだろう。
元に戻るって何のこと?(笑)

>日本列島はユーラシア大陸から離れて出来た訳だから、いままでに何万回も巨大地震を起こして
>きたのだろうね。現人類が知ることのできる地震なんて、せいぜい2千年分くらいだもの。
突っ込みどころ満載過ぎてコメントのしようがない。まあ1万年くらい前の地図を見てみなさい、とだけ言っておこう。

>これが内陸直下型だったらと思うとゾッとする
直下型の大型地震が浅い震源で起きたら恐ろしいが、M9.0という規模なら直下型ではあり得ないだろう。内陸型のM7くらいでも震源が深ければ大したことはない。

>長年のひずみの蓄積が一気に開放されて・・・24メートル!!!???
>牡鹿半島が約5メートル東に動いたってだけでも驚いてたのに!!!
>ところで、この後どうなるの???
わかれば苦労しない(笑)。

>そんなことが分かるのに、なんで原発は終息しないんだ
何を八つ当たりを、というところ。比較できない種類のものを比較して怒ってもしかたない。

>一気にズレてくれたお陰で日本は大変な事態となった…
>今回の地震を基準に早く対策を立てて欲しい。
今回のを基準にしたらいくらお金があっても…ゼロリスク要求の典型だな。

>女川原発ほんとうに大丈夫だったんだろうか。
心配なら現地に行ってみれば。ついでに支援物資大量に車に積んでさ。

>大陸移動説はやはり本当だったんですね。
アホか。今回の地震がなければ信じなかったのかな(笑)。

>震度9.0で済んでよかったと思わせるような数字です、24mって。
これが多分今回の金メダルだな(爆)。なんだよ、震度9.0って。ここは欧州じゃないぜ。
震度とマグニチュードの違いがわかってない大馬鹿の代表だ。こういうのはいくらでも脅せるし、廣瀬隆のような陰謀論も信じてしまうのだろうなあ。

>いまだに「10メートルの津波が来たらどこに避難すれば・・・」と考えてしまう。
はいはい、その時は10m以上の高さの所に避難して下さいね。

>地球が少しエネルギー放出するだけで町や村は壊滅的被害を被る。
>皆が登記してる土地は全て地球の物なんだ。
自己満足しているんだろうなあ、多分被災地に土地を所有してない投稿主は。

>水爆数百発分のエネルギーってこういう事なんだ。
ちゃんと計算してる?こういう定量的把握がいい加減なの多いんだよね。

>それに伴い東海地震への影響はどうなんでしょう?
こういう奴がデマを広めるんだろうな。プレートも違うし、直接はないと考えるのが普通だろう。
しかしないと断定も出来ないし、仮に今東海地震が発生したとしても、関係があるかないかなんて0か1かの判断など出来る訳がない。

>そんなに動いたらしばらく地殻は安定しないよ
大袈裟な。

>それでも予知はできないのか…大地震発生前の三陸沖の群発地震が前震だった、なんて起きて
>しまってから言われても何にもならん その時に危ないと思った研究者は居ないの?
必ずこういうの出てくるよね。それこそ起きてから批判するの。できませんって。

>新燃岳の噴火、NZ地震、今回の大震災、キラウエアの活発化した噴火…などなど。
>ここ数ヶ月で地球の内部が活発になってるような気がする…
はい、気のせいです。全体としては地球は少しずつ冷えて安定に向かっている。局部的な活発さとは関係ない。

>東南海地震(関東大震災)も近い。
これも金メダル級だ。ギャグにもなってない。今更何を指摘したいか書くのもバカバカしいくらい。

>地震後、電波時計が3分も狂った。
単に福島の標準電波送信所が停止したからじゃないの?回りでそんなこと言ってる人いないよ。わしの時計も狂ってないし。

>元に戻ろうとして、また地震が続くのかな 余震早くおさまれ〜
だから「元」って何だよ。

>これだけのエネルギーが他の場所に影響が無いなんてことは絶対にありえないと思う。
>大きな余震、新たな地震、火山の噴火いずれかはわかりませんが、暫くはどの地域も要注意な気が
>します。日常を取り戻しつつ、1年くらいは警戒は怠らないようにしたいと思います。
地質年代を考えると「1年」はホンの一瞬。本人は長いつもりらしいが、エネルギーが他の場所に及ぼす影響は心配してるのに、ちょっとこの感覚は笑ってしまう。それなら少なくとも数十年単位で心配しないとねえ。つまり一生警戒しないといかん。そして日本に住んでたら防災とはそういうものだろう。

>そりゃ発電所も潰れてあたりまえやな。
地震では潰れてませんが何か。

>東京もあんなに揺れたのは初めてだった。
1923年以降なら多分。

>日本っていう島国は、そのプレートの隆起の一部分にすぎないんでしょうね…
ちょいと違うなあ。

>米国の地震発生兵器の効果じゃないかと、ネットでは騒がれている。
信じているなら死んで下さい。

>地震学者の実用レベルに程遠い予測をもとに作りだした災害マップに従った為に亡多くの人が
>亡くなった。ただ本能の蠢くままに高いところに避難した人が助かった。地震学者と防災学者は
>「想定外」といわず自分たちの研究が実用レベルに達していないことを認めろ。
学者は最初から限界があることを分かっているよ。これは学者だけの問題じゃない。むしろ政治や行政の問題として捉えるべき。そもそもこういうことを言う奴は、どういう災害マップなら満足するのかな。こいつもゼロリスク要求の典型だ。

>海底もそうだが地球の自転も変わったらしいぞ…春夏秋冬もこれから狂う可能性もなくはない
>狂いだしたらどんどんズレる可能性すらある 地球全体の問題になってます
これは銀メダル級だ(笑)。何が地球全体の問題なんだ、ええ(笑)。そもそもこいつは自転と公転を混同している大莫迦ね。ちなみに自転速度は16/10000000秒早くなった。地球の自転は少しずつ遅くなっているけどね。今回ので確か50何日か前の自転速度に戻った(計算したけど正確な数字は忘れた)。

>これはある意味ヤバいのでは?これだけ動いているなら他の場所でも同じ様に動いていると
>いうことでは?
いや、全体が同じように動いたのなら何も問題ないのだが(笑)。

>マジで日本沈没も有り得た…。
死んで下さい。

>どうりでいつまで経っても、余震が収まらない訳だ…
そんなにすぐに余震が治まると思っているの?

>震災で被災なさった方々にはスミマセンが、「巨大地震の震源のほぼ真上の海底が、東南東に
>約24メートル動き、約3メートル隆起」とは、地球物理学上、貴重なデータが取れましたね。
>これが、プレートテクトニクスの信憑性を、さらに「確かな」ものにする科学的事実なのですから。
プレートテクトニクスってそんなに信憑性のない学説だったの?(笑)

>最近しんと静まり返っている静岡東部と伊豆がやけに気になります。
>日本で唯一の直下型プレートはいつ動く気か。
これは銅メダル級かな。直下型プレートって何ですか?

>この移動で、東海地震のプレートとかには何か影響あったのかな?
>エネルギーが逃げる方に動いてくれてるならいいけど…
エネルギーが逃げる方って何だよ?

>この数字を見て、改めて今回の地震、津波の強さ、怖さを知りました。
数字を見て怖さが分かるのか,ええ?実体験が一番怖いんだよ。

>でも、海溝の型から言うと台湾の方が危ない!!
何を根拠に?

>怖い。
>日本は他国に比べたら本当に小さな島国で地震大国だから
>全てのプレートで大地震が起きたりしたら
>日本は沈没してしまうんじゃないだろうか
これもコメントのしようがないくらい突っ込みどころ満載だなあ。そんなに怖いなら死んでいいよ。
こういう奴が不安に駆られて訳の分からんデマを広めるんだろうな。

>広い海でたかが24m動いて3m隆起しただけで、凄まじいエネルギーが日本を襲う何て、
>信じられないし驚きしかない。
そういうあなたの感覚の方が信じられないし驚きしかない。たかが24mって…

>日本は工業国に向かないのかもしれないと感じた。
>かなり悲観的な意見になってしまうが
>10年に1回ぐらいは巨大地震が起こるし
>この先もいつ大きな地震が来るかわからない。
>発展→地震→復興→発展→地震→復興ではいずれ経済が沈没してしまう気がする。
こういう奴にも困ったものだ。それじゃあ一体全体どうして明治維新以降約140年間、日本は工業国として発展してきたのかな。目先のことに不安を感じて広い視野でものを捉えられない視野狭窄だ。

>プレートに水ガラス(止水剤)を入れたらどうよ?
莫迦ですか。

>もう、それ以上動かないでほしい!
そりゃ無理だ。

>どっかの原発の土地が24m動いたらどうなるのだろうか?
>そこに20mの津波きたら?
>地質学的にありえないんだろうけど想定してください。
あり得ないことを想定するのは無意味。1地点だけが他と切り離されて24m移動した訳ではない。思い込みが強いのは困ったものだ。これで本人はしたり顔なんだろうな。

>プレートにとっては海も陸も同じようなもの。
>M9が都市直下で起きることは充分あり得ますよね。
よく勉強した方がよさそうだ。

>世界や日本列島が年月を経て大陸から切り離され、移動した。
>これも過程の一つでしょう。
>ムー大陸が消えたというのも地震によって沈んだから。
こいつも一万年前の地図を見た方がいいな。縄文海進知らないんだろう。それと「世界が大陸から切り離された」ってのは日本語がおかしいな。

>海底で人の想像を越える、恐ろしい事が二度と起こらない事を祈る
あなたの祈りは無意味です。祈るのは勝手だけど。

>昔アトランティス大陸というのがあって、大地震で沈んだらしいが、日本もそうなるんだろうか?
> あと、放射能により日本も食糧難になる可能性もあるな。
はいはい、フィクションと事実をごっちゃにしないでね。それとこういう奴が風評被害を広めるんだろうね。

まだまだトンデモは続くが、同じようなパターンになってきたし、そろそろ打ち止め。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月曜日)

カンニングを礼賛するなど莫迦も休み休み言え

Yahoo!悪知恵袋に大学入試問題を投稿して、解答を求めたaicezukiなる(ボクと称しているようなので多分)男の行為が論議を呼んでいる。京大文系の英語と数学の問題が漏れたことが最初に報じられたが、早稲田、立教、同志社の問題も同様だった。各大学は当人の特定のために、偽計業務妨害で告発したようだが、当然だろう。

問題なのは、こいつのことを褒めそやす奴がいることだ。不正行為は不正行為である。弁護の余地はない。知恵が回るとか頭がいいとか人を使う才能があるだの、あれこれ理由をくっつけてはいるが、大学入試は今回のような行為ができるかどうかを試す場ではない。前提条件を逸脱した時点で人間として終わっている。それだけのことだ。そんなに携帯やITが得意だったり、手配師みたいなことがしたいのなら、専門学校に行くなり、早く仕事について人を使えるようにすればいいだけのことだ。そもそもそんなに頭がいいなら、人にわざわざ聞かなくても、自力で入試問題を解けるだろうに(笑)。

一発勝負の日本の大学入試のやり方を世界で日本だけだ、などと間違った知識を基に、変えるべきだ、と主張するエセ識者もいるようだが、実際に海外の入試事情を見ればそれは嘘である。

フランスなどは日本以上にシビアな試験が課される場合もあるし(Grands Ecole入学希望の場合)、そうでなくてもバカロレアという共通試験は存在する。ドイツなどはもっと低い年齢で大学入学するコースとそうでないコースに分けられてしまうのだ。アメリカでもAO入試(日本のような名前だけのデタラメAO入試ではない)をやるのは、トップクラスの一部だけだという。そしてそれは十分なコストをかけて行われ、それで入学するような優秀な学生は大学に経済的利益をもたらす、という冷徹な資本主義の原理がベースであるという。

今回の不正行為を働いた奴が、それほど価値のある人間だとは思えない。小倉智昭なんぞも頭がいいから京大に入れろ、などとこいつを褒めているようだが、そこまで評価するのなら自分の事務所のスタッフとして雇って使ってみればいいのだ。その気もないのに離れた場所から他人事みたいに褒めるのは無責任以外の何物でもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧