2012年3月 2日 (金曜日)

お天気を伝える側の表現がおかしい

表現がおかしいというよりは、その根本にある捉え方がおかしいのかもしれない。

早いものでもう3月に入ったが、閏日の先月29日にかなりの降雪があった。

テレビのニュースや天気予報では「もう3月になろうとしているのに」という表現が多く聞かれたが、こちらの方が違和感がある。

気象庁のデータで東京の過去の3月の降雪合計を見てみると、2005年に2cm、2004年・2001年・1999年・1993年・1992年・1989年・1985年・1983年・1982年に0cm、1998年に6cm、1996年に0cm、1995年に2cm、1988年に1cm、1987年に5cm、1986年に10cm、1984年に3cmとなっている。(0cmは降雪があったが1cmに達していない)。なお、1988年は4月に9cmの積雪を1日記録している。1981年以前では1973年以降毎年3月に積雪が記録された。データによれば1960年代には4月でも東京に降雪が記録された年が複数ある。

1986年は春分の日に9cmの積雪があった。知り合いの結婚式の日(私は呼ばれていないが)だったので、「3月の大雪」として記憶している。

最近でこそ3月の降雪は少ないが、こうしてみれば3月の東京に雪が降ることはそれほどおかしいことではない。

いつ頃からだろうか、天気や季節というのは安定しているものという前提でマスメディアが情報を流すようになったように感じる。前にも述べたが、過去30年の平均値である平年値の「平年」という言葉が人を騙すのだ。

極端な例を言えば、30年間年平均気温が毎年15℃でも、1年おきに0℃と30℃を繰り返しても、年平均気温の平年値は15℃である。では、前者は安定した気象で後者は異常なのだろうか。人間の直感からすればそうだろうが、毎年同じ気温などというのは、それはそれで異常である。

つまり、毎年同じ気象条件などということはあり得ず、寧ろ毎年が「異常気象」の連続と言った方がよいと思うのである。前の年と違う気象条件だと特に異常だ、異常だと騒ぎやすい。似たようなことが過去にあっても人間は忘れる動物だから、今初めて異常に遭遇したような気になるのだろう。それはそれで生存のための本能なのかもしれないが。そして、安定した気象を前提にするから、「地球温暖化問題」でも過剰反応をしてしまうのだろう。

立春を迎えたのにまだ寒い、というような表現をするアナウンサーや芸能人もいる。

立春というのは寒さのピークなのだ。そこから徐々に暖かくなっていく。文字通りあくまで春のスタートであるから寒くて当然である。春という文字だけを見ているからおかしなことになる。公共の電波を使って天気ネタをしゃべるのであれば、一度旧暦や二十四節気あたりについて勉強してからにしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火曜日)

石原慎太郎の「妄言」

昨日の産経新聞に掲載された石原慎太郎東京都知事のエッセーが酷いのである。

地球は滅びるだろう

以前から、二酸化炭素を地球温暖化の主犯と断定して、これに基づいて暴走政策を採っているのだが、この記事を読んで得心した。例の我欲発言と通底しているのである。

彼にしてみれば、今の文明社会は容認できないのだろう。自分自身は現代文明に乗っかって時流に乗り、世に出たわけだが、「転向」を認めて開き直っている。

「やはりこの地球は間もなく滅びるような気がする。」
あんたが先に滅びてくれ。地球という惑星は簡単には滅亡しないし、人間の生存空間もそうそう簡単には壊れないだろう。大気圏はそうそう簡単に一方向に暴走するだけのシステムではないからだ。

「これから九年の間温暖化は加速されて進み、異常気象は最早異常なものではなしに正常なものとなっていく、いや既になっている。」
そもそも異常気象とは何か。気象は毎年違っている。そういう意味ではもう何億年も異常気象の連続である。それだけのことだ。

「世界中の氷は溶け続け、NASAのハンセン教授の予測通り北極海の氷も後十年わずかで消滅するだろう。」
石原もハンセンもまず間違いなく数十年後には生きていないから、煽っても結果が違っても責任が取れない。

「それによって大洋は水かさを増し続け、増えた水は地球の自転の遠心力で赤道付近に集まり」
えっ、そうなの?しかし地球の自転速度も徐々に減少しているから、相殺されるかもしれない(笑)。
いや、この理屈が正しいなら、もしも寒冷化になって太陽の水かさが減ったら(そんな単純には行かないだろうが)赤道付近の海水面は下がることになる。

「ツバルのような砂州国家は水没し」
ツバルに関しては、水没の原因は「地球温暖化による海水面上昇」以外にいろいろと指摘されている。

「その生命の存在をも否定しかねない幼稚さの所以とは、文明が育んだ人間たちの我欲に他ならない。」
ここで我欲が出てくるわけである。しかしこういう思い込みの塊の文章を書いて恥じないようでは、石原自身が幼稚なのではないかと思えてくる。

「刻一刻進んでいる温暖化による地球の毀損を防ぎ得ないのは自明のことなのに」
少しも自明ではないだろう。本当に自明なら世界中の科学者から疑問や反論など出て来るはずがない。

石原はチェコ大統領ヴァーツラフ・クラウスの著書 <「環境主義」は本当に正しいか?>は読んだのだろうか。いや、ここまでカルトのように二酸化炭素温暖化主犯説に取り憑かれているようでは、読んだとしても、クラウス大統領を罵倒するだけだろう。情緒的、観念的な文学者と経済学者の違いはぬぐい去りようもない。

次の東京都知事にはクラウス氏のように、現実を見据えて冷静中立で論理的思考の出来る人物を切望するばかりである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火曜日)

利権維持のための巻き返しか

今月2日に報道された、今春の北極圏のオゾンホールの記事。
北極にもオゾンホール 今春観測、紫外線増加の恐れ

観測自体は別に嘘ではないだろうし、オゾンホールの端が日本上空を通過したらしく、その時は紫外線量が増加したという。オゾンホールに関係なく、紫外線を過度に浴びることには避けた方がいいに決まっている。福島第一の事故の後、ツイッターでのやりとりから検索したところ、紫外線は放射線の10億倍のエネルギーだと試算しているサイトを見つけた。ただし紫外線の影響は主として皮膚表面なので、影響する内容は放射線と異なるが。

これを今朝のフジテレビが大々的に取り上げていて、早速子供が心配だという母親の姿が映っていた。まあ子供に過度の紫外線は避けるべきだが、どうせまた一部で過剰反応やデマが飛び交うんだろうな(笑)。紫外線防止グッズが売れるかもしれない。危機感を煽った商売はこの夜の常だ。

この番組には、このテーマで研究をしているという国立環境研究所の室長が登場して解説をしていた。よく言われるフロンガスによる破壊メカニズムに始まって「成層圏での二酸化炭素の増加による寒冷化とこれに伴うフロンの活性化」に至る話である。したり顔のコメンテーター連中は、聞いて良かった、気を付けようなどと深刻な面で頷いていたのがお笑い種だ。

そもそもオゾンホールとフロンガスの関連については懐疑論がある。
二酸化炭素地球温暖化主犯論は、クライメートゲート事件以来旗色が悪く、おまけに日本では電力需給の関係から化石燃料への依存を増やさざるを得なくなり、二酸化炭素排出削減の掛け声は、それが商売や研究の予算獲得に結びつく場合を除いては小さくなっているような印象を受ける。デンマークでのCOPは何も具体的なことは決められなかった。
参考:気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)

ここで、今まで殆ど語られなかった成層圏の寒冷化を「定説」だと言って持ち出されても、胡散臭さしか感じない。仮にそれが本当だとしても、もともとのオゾンホールとフロンガスの関係が疑わしいようでは、議論は噛み合わない。

断末魔にも感じられる「フロンガスによるオゾン層の破壊」と「人為的二酸化炭素排出による地球温暖化」という2つが結びついて怪しい蠢きを始めたようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木曜日)

秋の気配は着実に

朝の天気予報では、東京はじめ各地で猛暑日の予想である。確かに日中は暑いのだが、8月も半ば頃からは空に秋の気配が感じられるようになるものである。朝晩も日によっては涼しさが感じられる。

昨日で9月になったが(旧暦ではまだ7月である)、今朝(6時前)の空などはもう完全に「秋の色」である。

昨日の朝5時半過ぎに外を歩いた時、少しばかり不思議な感覚に見舞われた。朝なのに夕方のように感じたのである。

写真に撮っておけばよかったのだがカメラは持ち出さなかったし、仮に撮影したとしてうまく感覚が表現できなかったかもしれない。微妙な光の加減というのは肉眼とカメラでは見え方が違うことがしばしばだ。

東の空に比較的濃い雲があって朝日が遮られているのだが、雲の上端部だけはオレンジ色に光っている。金環蝕の時に太陽の縁が輝くように雲の縁だけが細長く輝いていた。天頂付近は青空である。そして北から西にかけては薄い雲があってここに東の空の光が反射している。このため、全体としては薄曇りのようなほの暗さがあり、西の空がオレンジ色に光っているので夕方のような雰囲気だったのだろうと思う。

しかしその後雲が広がったために、6時過ぎにはほぼ曇り空になってしまった。そしてこんな空模様だったので昨日の朝も涼しく感じられたのである。秋は一歩一歩近づいてきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土曜日)

これはちょっと酷い書評だと思いませんか

絶版になった拙著(共編著)の版元である京都の学芸出版からの新刊紹介のメールから。

【おすすめの一冊】
大西 隆・小林 光 編著
『低炭素都市 これからのまちづくり』

兵庫県立淡路景観園芸学校の平田富士男という人が書評(読者レビュー)を書いているのだが、その冒頭が次のような文章である。

たとえ、それにデータ的、理論的裏付けがなくとも、国のトップがその政策目標を公に発すれば大きな影響力を発揮する。それは、政策運営のあり方に対してだけではなく、国民意識に対してでもある。「マイナス25%」という目標設定には、多くの国民がその達成に懐疑的な目を向けながらも、その反面「何かしなければ」という気持ちがより強くなったのも事実だろう。
学術書の書評が政治的発言に言及し「データ的、理論的裏付けがなくてもよい」というのは承服しかねる。

何かしなければ、という気持ちは確かに強くなった。それはこんなことを言う総理大臣を早く辞めさせなければならない、いいう気持ちである。

確かに長期的なエネルギー戦略は必要である。しかし前提が違っていればその内容も展開も異なる。二酸化炭素温暖化主犯説に立つと、200年の埋蔵量があるとされる石炭の利用が著しく制限されることになりかねない。残念ながら現状ではまだまだ再生可能エネルギーはすぐには主役になれないのだ。電力会社の技術者などはもっと本音を内輪話だけでなく広く世間に対して語るべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月曜日)

プリウスの抱える「もう一つの」矛盾

黒字転換へ期待も苦悩するトヨタ プリウス人気が抱える矛盾 (ウェブ魚拓)

LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点から見ると、ハイブリッドカーは製造段階ではガソリン車よりも二酸化炭素の排出量が多く、走行過程でガソリンの使用を減らすので、ある程度頻繁に走行しないとかえって環境負荷(二酸化炭素排出量)が多いらしい。

ハイブリッドカーは本当にエコなのか? (宝島社新書 297)

二酸化炭素の排出増加が地球温暖化の原因だと信じている人の多くは、ハイブリッドカーというだけで「環境に優しい」と信じ込んでいる可能性があるので、サンデードライバーのようにあまり自動車を運転しない人たちが、ブームに乗って自分はいいことをしたい、とばかりにハイブリッドカーを購入して車庫に眠らせておくと、かえって環境負荷が高くなるという皮肉な事態が生ずる。そうなれば、エコカー減税や補助金で環境負荷を高めているという本末転倒の政策ないし税金の無駄遣いといえるだろう。所有者や製造者・販売者の自己満足にすぎなくなってしまう。

プリウスのあの形状は、燃費向上のために空気抵抗を少なくするように設計されているのだと思うが、後部座席の乗り心地はいかにも悪そうである。1人2人で乗車するにはよいかもしれないが、そうすると乗車効率が悪くなる。中途半端な自動車だということだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火曜日)

嘘つくでねえだよ

温暖化に歯止め掛からず=温室ガス濃度、過去最高更新−08年 (ウェブ魚拓)

いわゆる温室効果ガスが増えているのはそのとおりなのだろう。
なにしろ、2ヶ国合計でほぼ排出量の半分に達するうちの人口13億以上抱える1つが排出量増やしているのだからな。

WMO Greenhouse Gas Bulletin

しかし「温暖化に歯止めがかからない」って、このグラフを見ているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが変態新聞

温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束 (ウェブ魚拓)

この記事中に次のような記述がある。

・温室効果ガス……太陽の熱を地球の大気にとじこめ、地表を温める効果を持つガスのこと。二酸化炭素(CO2)、メタン、代替フロンなど6種類のガスを指すが、CO2が大部分をしめる。
「太陽の熱を地球の大気にとじこめ」る訳ではない。少なくとも直接ではない。
「地表を温める効果」…これも正確な記述じゃないな。地表を暖めるのは太陽エネルギーだ。
「二酸化炭素(CO2)、メタン、代替フロンなど6種類のガスを指すが、CO2が大部分をしめる。」…何の断り書きもなしに、量も効果も最大の水蒸気を何故除外する?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水曜日)

またもやミスリーディングな変態新聞記事

CO2排出量:日本は悪化 OECD平均、初めて超過--発電量当たりウェブ魚拓

まるで日本だけが二酸化炭素の排出量を増やしているかのような記事だな。
これは単に2007年という、(中越沖地震の影響で原発が大量に停止した)日本にとってはある意味特殊な年の発電の種類の組み合わせに過ぎないではないか、と思われる。たまたまこういう年のデータがよくないからといって、こういうトーンの記事を書くのはどうかと思う。

元資料を探してみたところ、国際原子力機関(IEA)の CO2 Emissions from Fuel Combustion 2009 - Highlights という資料のPDF版の103ページ目(右上のノンブルでは101)が該当する。

このページはCO2 emissions per kWh from electricity and heat generation という表題なのだが、これを見ると、日本よりも数字が悪い10ヶ国はアメリカ、メキシコ、オーストラリア、韓国、チェコ、ギリシャ、アイルランド、ポーランド、トルコ、英国である。アイスランドとノルウェーは一桁ときわめて数字が低い。またスウェーデン、スイス、フランスも二桁と低い数字である。例えばノルウェーはなぜかというと、山岳国で人口約460万人と少ないので、自国の電力は水力でほぼまかなっていることが理由のようである。フランスはご存知の通り8割が原発という原子力発電大国である。

スウェーデンは原子力と化石燃料と水力等がだいたい1/3ずつだったようだが、近年化石燃料への依存を減らして、原子力と水力・バイオマスの二本柱に転換しているようだ。ここも人口900万弱という小国で、森林が多くバイオマスや水力に依存することができるという特殊性がある。原子力の比率も高いが、北欧は地盤が極めて安定しているのである。

2000年で見ると、日本はハンガリーと並んで30ヶ国中14位ということになる。もともとこのデータでは日本は上位にはないのである。

日本が2007年と同程度の数字になっているのは2003年である。これは何かあったのかな?詳細は不明である。
環境保護に熱心な人たち(皮肉だよ)が大好きなドイツがこの記事でも取り上げられているが、そのドイツは2003年から急激にこの数値が下がっている。

ところが少し後のページのCO2 emissions per kWh from electricity and heat generation using coal/peatというのを見ると、バラツキはあるもののヨーロッパは数値が低い。使用している石炭の質がよいのかもしれないが、そのドイツは2007年は848と前2年よりも増加して1995年くらいのレベルになっている。欧州全体で見ても2007年の数値は高い。

逆に日本は910と1990年以降では最低の水準なのである。この数字を見ても、日本の石炭火力発電の技術水準はトップクラスといえるだろう。

ドイツというと「脱原発」だが、実際には原発にも依存している。ネット上には2005年頃までに作成されたドイツの「脱原発政策」を紹介するサイトが恒心もされずに無責任にごろごろと放置されているが、総選挙の結果その見直しが争点になっているのが最近の状況だ。
おはようコラム 「ドイツ総選挙と脱原発政策」 ウェブ魚拓
↑ これは総選挙前に書かれたブログだが、脱原発見直し派のキリスト教民主・社会同盟が第一党を維持している。

早い話、どの年もその国の状況によって、これらの数値は変動する。特定の年の特定の数値だけ見て、あたかも日本の省エネが遅れている、あるいは状況が悪化しているように書くのはミスリーディングだと思う。

もちろん、エネルギー需給を考えれば、二酸化炭素が地球温暖化の主因であろうとなかろうと(私はないと思っているが)、エネルギー効率の向上は必要なことであるし、電源構成を変えていく努力もまた然りである。

最後に1つ。そもそもこの表を見ていると、欧州は低めにデータを取っているのではないか、と思えるのである。そう断定できる根拠は持ち合わせていないが、表中の数字そのものがどこまで信用できるのかも疑ってかかる必要がありそうだ。

参考サイト:世界と日本のエネルギー事情(青森県エネルギー問題懇談会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月曜日)

「環境ホルモン」という亡霊

三重の養殖漁場に環境ホルモン 出荷自粛、全国調査へウェブ魚拓

俗称で環境ホルモンと呼ばれる内分泌攪乱物質は、一時期大騒ぎになったことがある。
全てが否定されたわけではなく、研究が続けられているものもあるが、多くは空騒ぎだった。
しかし、マスメディアや一部の学者、運動家たちの間ではまだ亡霊のように生きているようだ。「環境ホルモン」で検索すると新興宗教のような団体のサイトが出てくる。

例えば「ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議」
(リンクははらないので、この名前で検索かけて下さい。)
また、三浦さんちのホームページというサイトの中の「環境ホルモン問題」というページはグーグル検索で上位(2番目)に出てくるのだが、1990年代の情報のままで放置されており、このサイト自体が管理者によって2006年末に閉鎖する、とされているのである。実態は更新を放棄しただけでコンテンツを放置しているという無責任ぶりである。

しかし、そういうのを除くと、注意してみればわかることだが、記載年がだいたい2002〜3年くらいのものが、いわばノイズとして残っている状態である。

上記の三重の記事でいうと、トリブチルスズは巻貝などの貝類の雄化を引き起こすとして騒がれた。毒性が強いことは事実のようで、国際的にも禁止の動きが広がっている。

2003年の記述の一つはこのようになっている。

ビス(トリブチルスズ)オキシド(TBTO)は「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」の第一種特定化学物質に指定され、塩化トリブチルスズなど13物質が第二種特定化学物質に指定されている。また、トリブチルスズは環境ホルモンとしての疑いが持たれている。
出典:EICネット[環境用語集] トリブチルスズ化合物

同じEICネットの用語集の2002年5月3日の記述は「トリブチルスズは、環境ホルモンとなり得る。低濃度でも、巻貝に生殖異常が発生することが確認されている」となっている。

しかし、2008年10月31日の日付になると、あの「国立環境研究所」のサイトでさえ、トリブチルスズに関する記述から「環境ホルモン」や「内分泌攪乱物質」の言葉は消え、

「有害化学物質等の輸出入の事前同意手続に関するロッテルダム条約」第4回締約国会議において、トリブチルスズ(TBT)をPIC(事前通報同意)リストに追加することが合意された。PICリストに掲載された化学物質の貿易では、輸入国に事前に情報提供し、同意を得ることが必要となる。トリブチルスズ化合物は船体の防汚染料に使用されているが、魚類その他の水生生物への毒性があり、国際海事機関もTBTの使用禁止に動いていた。
という淡々とした記載になっているのである。

ロッテルダム条約締約国会議、トリブチルスズをPIC(事前通報同意)リストに追加

冒頭に紹介した記事で言えば、「環境ホルモン」や「人体に悪影響を及ぼす」というのは書きすぎであると言ってよい。「魚類などに有害な毒性をもった物質が使用されたので出荷を停止した」と書けば十分である。

それにしてもアホな組合員がいたものだ。莫迦が1人いるとみんなが迷惑するというよい見本である。
環境ホルモン云々なんてレベルでなく、そっちの方が遙かに問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧