2013年7月 1日 (月曜日)

月(天体じゃなくて暦)の名前

全く予定も予算もないのだが、一度極東ロシアに行ってみたいなあ、と思うようになった。昨年のNHK教育テレビのロシア語講座でシベリア4都市紀行というのをやっていて(再放送だけど)、テキストを購入して録画したのを今になって少しずつ見ている。一方で今年の新作サンクトペテルブルク編も閉講して視聴中。

ということで、少しロシア語に馴染んできたのだが、月の名前は全て英語やフランス語などと同じ語源である。例えば7月は英語のJuly、フランス語のJuilletに対してロシア語はйюль。欧州の主要言語はだいたいこのパターンであろう。

要するに面白くはないのである。日本語の1月、2月…、に比べればましとも言えるが、9月から12月は7〜10の数詞がベースだからやはり似たようなもの(笑)。

さて、その日本語には睦月、如月、弥生、卯月…師走という旧暦の月の呼称があり、こちらは風土や文化とも関連した独自の呼称である。

フィンランド語の月の呼称がやはりtammikuu,helmikuu,maaliskuu,huhtikuu,…,joulukuuといった呼称で、意味のある名詞(原義が不明のものもあるが)+月(kuu)で日本の旧暦の呼称と同類であるようだ。

面白いのは、ロシア語と同じスラブ系の言語のチェコ語(と言ってもロシア語は東スラブ、チェコ語は西スラブで「遠い親戚」だが)である。曜日の名前はロシア語とチェコ語で語源が共通していると思われるものが多いのに対して、月の名前に関してはチェコ語は独自なのである。1月はledenといい、これは氷が語源のようだ。以降12月まで全て同様。6月から8月もローマ皇帝由来の言葉ではないのだ。

11月はlistpadというが、これは葉が落ちるという意味らしい。日本語では旧暦8月が葉月だが、こちらも季節的には葉の落ちる時期である。同じような発想だが時期が違うのが気候の違いを繁栄しているといえよう。

だから何だという一種のトリビアであるが、いろいろな外国語をかじるとこういう比較が出来て、外国の歴史や文化の一端が垣間見られるようで面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日曜日)

座布団を固定しろ

大相撲初場所は、苦情付きながら把瑠都が優勝した。苦情は立ち会いの変化に対してだが、とっさに変化したとすれば責められないだろうが、大関たるものそうならないように日頃から心身の鍛練をすべきだと言われると私には反論できない(笑)。来場所で把瑠都がまた優勝してしまったら、外国人嫌いの連中は上を下への大騒ぎだろうな。それはそれで見てみたい気もする。

さて、その把瑠都が変化した勝った一番だが、最近相撲に対する関心が薄れているので中継を見なかった。
新聞記事によると例によって座布団が乱舞したようだ。

こういう時には必ず「危険ですから座布団を投げないでください」とアリバイ的に館内放送で注意がなされるのだが、そんな光景はもうかれこれ50年近く見続けている。1度だけ両国で生で相撲を観戦したことがあるが、座布団を投げるなという注意書きがあったと記憶している。

本当に危険だから投げるなと言うなら、座布団は座席に固定しろ。
八百長問題やら年寄株の問題やら、様々な相撲協会の負の体質は本質的に変わっていないと思うが、それとは別に観客の身の安全が守れないような組織に公益財団法人に地位を与えることを許すべきではない。

大学時代の恩師の1人でもある伊藤滋氏が外部理事を退任するが、これまた報道によると伊藤氏も含めて退任する3人の外部理事は協会改革の道筋がついたような口ぶりだが、恐らく社交辞令だろう。

相撲協会の公益裁断法人移行問題では、監督官庁である文科省の断固たる姿勢を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土曜日)

今更被害者面されてもなあ(大相撲八百長)

日本相撲協会の放駒理事長は現役時代(元大関魁傑)八百長をしない所謂ガチンコ力士だったので、貧乏くじ引いたことは間違いないだろう。彼の直弟子の元横綱大乃国の芝田山親方も現役時代ガチンコで、そのために15日間出場して負け越した初めての横綱という「汚名」を着ることになった。

一方、大鵬、北の富士、千代の富士といった横綱には八百長疑惑があるという。千代の富士の53連勝にも八百長疑惑があるわけだが、その連勝をストップさせたのは大乃国だった。特に北の富士、千代の富士の九重部屋は疑惑が多そうだが(今回も佐ノ山親方=元大関千代大海=の名前が出てきている)、横綱を抱える部屋に限定しなければ、他の部屋も似たり寄ったりなのだろうが。何しろ平幕あたりがかまなければ八百長は成立しない。

私は八百長はあると思っていたから、今更驚かない。そもそも相撲記者クラブなんてのがあって、協会批判すると退会させられ、取材がしにくくなる。大相撲そのものが批判報道や客観報道がしにくい体質なのだ。

しかし、神事でもあり純粋なスポーツではないという視点で見れば、八百長は悪いことではない。ショーとしてのプロレスがいい見本だね(笑)。だいたいプロレスなんてガチンコでやり合ったら命が持たないと思うのだが、(大相撲の八百長を仲介する役の)中盆経験者に言わせると、15日間年6場所まともにやっていたら土俵生命なんて長持ちしないのだそうだ。

過去にも相撲協会は八百長疑惑があった時に、初日から上位同士の対戦を組むなどして、対策を講じようとしたが、長続きしなかった。

公益財団法人移行の問題から、八百長を一掃し暴力団との関係も断絶する、というのであれば、純粋プロスポーツとしての相撲を、神事・祭事から切り離し、本場所の日数を減らして力士の体調管理を徹底しないとならないだろう。まあ今更年6場所を減らすのも困難だろうから、せめて一場所15日をかつてのように11日に戻すことだろう。木曜日スタートの連続11日ないし日曜日スタートで週休2日にするかである。

日本相撲協会の外部理事で特別調査委員会委員長の伊藤滋先生は大学時代の恩師の1人である。今年の誕生日で80歳になるというのにご苦労なことである。悪条件の中の奮闘には敬意を表したいが、週刊誌は嫌いだというのはちょっと考え直してもらいたい。

週刊ポストや週刊現代が相撲の八百長の問題にずっと取り組んできて、それがフィクションではないことがわかってしまったのだ。情報の蓄積は週刊誌及び取材・寄稿した記者たちが1番のはずである。携帯電話がだめなら手詰まり、というのなら最初から何もしないのと変わらない。

とりあえず玉石混淆でも情報を集めて、精査するのはそれからだ。最初から先入観で情報にフィルターをかけるのは愚策である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金曜日)

最近老害振りまいている石原知事の出世作も有害図書だな

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正案があちこちで問題になっている。いわゆる「非実在青少年」条例である。そして当然反対の声が多い。PTA団体のように目先の正義感だけで賛成しているところもあるようだが、いくらなんでもこんな糞条例に反対するのが当然だろう。

以下の記事に論点は集約されていると思う。
緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている(松浦晋也)

この記事中にもあるけれど、タイトルに示したように推進している東京都知事の若い時の作品も問題になっちゃうわけですよ。そしてあの源氏物語も有害図書認定!そもそも日本では児童ポルノの定義が曖昧で、いくら際どいポーズやぎりぎりの露出をしているからといって、水着写真までそれが実年齢18歳以上でも見た目が18歳未満なら児童ポルノ認定されてしまうというのはどうかしている。ファシズムは民主主義の衣服をまとっていつの間にか忍び寄ってくるのだ。

あの天保の反動政治の水野忠邦、鳥居耀蔵もびっくりだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金曜日)

ちょっと違うんじゃないかな

大相撲異文化考:外国出身好角家に聞く/2 ジェフ・バーグランド氏 (ウェブ魚拓)

本日で3回目になるこのコラム。在日外国人の相撲好きの有識者のインタビューで構成されているのだが、読んでいて頭が痛くなるくらい、何が言いたいのかよくわからない。日本在住の好角家の外国人は少なくないと思うが、別に大学教授をはじめとする有識者と言われる連中の見識が特に高いとも思えない。朝青龍を批判するなら批判する、擁護するなら擁護する、で一貫していればまだわかるのだが、3人の有識者達の態度も、外国人力士を擁護するかと思えば相撲や日本社会一般のありようも一面で肯定していて曖昧なのである(笑)。

気になったのは上記のバーグランド氏の「私の専門である異文化コミュニケーションでは、いいことができた場合は個人、悪いことがあった時はグループとして評価、区別される。朝青龍の場合も、問題の多くが個人ではなく、外国人というグループとして日本人に見られてきたと思う」という部分である。

確かに朝青龍は「外国人」で多くの日本人も彼がモンゴル人であることは明確に意識しているだろう。しかし彼の行動が問題視されたのはそのためではない。あくまでダグワドルジという1人の粗暴な男の行為が問題なのである。モンゴル人に限ったことではない。以前北尾という力士がいて、双羽黒という名の横綱に優勝経験がないまま昇進し、部屋のおかみさんに暴力を働いて廃業したことがあった。彼は日本人だがやはり非難されたのである。北尾問題はタブーなのか、誰も触れようとしないが、品格問題を外国人問題に置き換えるのは問題のすり替えなのだ。

ダグワドルジはインタビューなどで気に入らないとよく記者に向かって「ぶっ殺すぞ」と恫喝したというし、離婚の原因は家庭内暴力であったとも伝えられている。運動能力は並外れて優れているのだろうが、一方で暴力体質である可能性が大である。前にも書いたように、彼を横綱にしたことが間違いだったのだ。品格が問題になるのだから、どんなに強くても横綱に推挙すべきではなかったのだ。最強の大関として君臨したらヒール役でも品格などあまり問題にならず、興行面で問題はなかっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火曜日)

またぞろ低レベルの地名問題

相模原市:政令市移行 新設行政区名、「北区」陳情不採択へウェブ魚拓

北区を陳情している橋本地区の人たちの方がまともだが、そもそも北区も緑区もトンデモ地名である。どっちもどっち。全国にいくつ「緑区」や「北区」をつくれば気が済むのかね。

こうなりゃもう分離して、旧津久井郡を「緑区」、橋本地区を「北区」にすればいいではないか。人口規模などいろいろ問題はあるのだろうが、しこりを残さないようにする方が必要なことだと思う。もっともそうなれば「津久井区」「橋本区」の方が(最善かどうかはともかく)よりましな区名ということになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 1日 (水曜日)

また方角区名か

岡山市が今日から政令指定都市に移行した。次は相模原市の予定で、熊本市も目指している。合併による人口の確保と併せて、政令市の「水増し」とも言えるが、本来の要件は人口50万人以上だし、地方分権の観点からは一概に否定することもないと思う。ただ、統治能力の問題はつきまとう。岡山市の場合、以前NHKスペシャルで深刻な財政問題が報道されていた。政令市の財政問題は岡山市に限らない。人口第1位の横浜市ですら深刻なのだ。

それはそれとして、相変わらず区の名称は能がない。
岡山市の場合、中区、東区、北区、南区ですと(笑)。考える必要がないではないか。郷土史家などはさぞや嘆いていることだろう。おちゃらけて言えば、まだ桃太郎区、犬区、猿区、雉区の方が岡山らしい。エイプリルフールの嘘であって欲しいと思うくらいだ。

Wikipediaで相模原市の区名候補を見ると、

# 2008年11月25日 第6回行政区画等審議会が開かれ、区名の候補が選定される。

* A区:北区、西区、緑区、けやき区、みどり区
* B区:中央区、中区、ひばり区、桜区、さくら区
* C区:南区、東区、あじさい区、ひばり区、光区
o 「簡潔さ」「親しみやすさ」などを基準に、委員らが各区五候補を絞り込んだ。
o 「橋本」「津久井」「大野」など、特定の地名を連想させる区名は候補から外された。

# 2008年12月15日 相模原市民及び、相模原市内の勤務者・通学者を対象に、各区5候補の区名意向調査を開始。
(2009年1月14日まで)
# 2008年12月20日 市議会12月定例会の本会議で、相模原市の政令指定都市の実現に関する意見書を可決する。
# 2009年1月23日 区名意向調査の結果が明らかになり、最多得票がA区は北区、B区は中央区、C区は南区である。
# 2009年1月26日 第7回行政区画等審議会が開かれ、A区は緑区、B区は中央区、C区は南区とする答申案をまとめる。

* A区の名称については、緑区とみどり区の合計数が北区の投票数を上回る事や、区内に水源地(津久井湖、宮ヶ瀬湖など)を有するため水源地としてふさわしい名称として選ばれる

# 2009年2月4日 行政区画等審議会会長はA区を「緑区」B区を「中央区」C区を「南区」とする答申案を加山市長へ正式に答申した。

だそうだ。これまた似たようなもの。

そもそも親しみやすいだの、特定の地名を連想させる名称を外す、というのが間違いなのだ。
親しみやすい、というのはよさそうに思えるし、難解な名称がよいわけではないが、この基準はしばしば安易な命名に流れる危険を孕んでいる。東西南北や中、中央といった区名が親しみやすいとはいえないだろう。単に簡単なだけだし、横浜市に見られるように、市域の変遷があると実態とかけ離れてしまう恐れもある(近年の政令市ではその可能性は低いとは思うが)。地域間対立を避けたい住民、行政、市長や県などの思惑が絡んだ結果、単なる記号に過ぎない区名が次々と誕生するのは嘆かわしい。

緑区、東西南北中(または中央)区はいくつつくれば気が済むのだろうか(笑)。

その点、満点ではないが(幸区、多摩区、中原区あたりはそもそもの起源を考えると首をひねるところだが、それでも幸区と中原区は個人的には許容範囲内だ)、川崎市の区名は全て他の政令市が使っていない独特のものである点は評価してよいと思う。仙台市若林区のような命名の努力が何故できないのだろうか。

地域振興が叫ばれるが、せっかくのこういう機会に、地域の歴史や文化を掘り起こして、全国に誇れるような地名を探る努力をしないような地域に、本当の輝かしい未来があるとは思えない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日曜日)

重要文化財の維持は大変だ

火災:国重文の「旧住友家俣野別邸」が全焼 横浜ウェブ魚拓

関係者にはお気の毒なことであるが、ちょいと茶々を入れさせてもらおう。鳩山総務大臣、この際だからこの敷地に東京中央郵便局の建物を移設してはどうですかな?もちろん費用は全部鳩山家負担で(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木曜日)

崖っぷち

そういえば、このニュースにもびっくりした。

“火の玉流”有吉九段73歳 自力で引退回避
ウェブ魚拓

私は囲碁も将棋もヘボだけれど、中学生くらいから愛好している。もっとも20代以降は実践が全くなく、時々パソコンのゲームに触れる程度で、それも最近遠ざかっている(^_^;)。私が中学生の頃、将棋の名人戦は朝日新聞社が主催で、実家は当時朝日を購読していたので、A級順位戦の棋譜が掲載されていて、それを眺めて観戦記を読んでいた。

1971年度のA級順位戦を、日の出の勢いの中原誠八段(当時十段のタイトルを保持)が全勝で制して、そのまま大山康晴(十五世)名人から史上最年少で名人位を奪取(当時)してしまった。この時の順位戦のメンツが升田幸三、二上達也、加藤一二三、米長邦雄、内藤国雄、有吉道夫といった豪華メンバーだった。そういえばこの時も有吉はぎりぎりでA級残留だったんだなあ。記録を改めて見て思い出した。

大山、升田は既に他界し、二上、中原、米長は引退、加藤は天才にありがちなのかその奇行が週刊誌のネタになり、内藤は演歌歌手としても活躍するなどそれぞれの人生模様の中、70歳を過ぎてなお1人将棋一筋でまだ頑張っているというのは驚嘆の一言。将棋の神様が最後の最後でもう少し現役で頑張りなさいと微笑んでくれたのだろう。もしかするとそれは師匠の故・大山康晴だったのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金曜日)

この記事の文章では誤解を招く

高崎哲学堂:市に建物、土地を売却へ 所有財団、維持困難に (ウェブ魚拓はこちら)
現地の写真付きの読売新聞の記事はこちら。
高崎哲学堂」市に売却へ (ウェブ魚拓はこちら)

ローカルニュースだが、若干関わりのあった者として、コメントを残しておくことにする。関係者の方がもしもご覧になって、事実誤認などがあればご指摘いただきたい。毎日新聞記事の文章が問題だらけなのは、これに限ったことではないのだが…

まず「高崎哲学堂」(旧井上邸)の場所はここである。高崎駅西口から徒歩数分という好立地である。そもそも、この建物の建築主であった井上房一郎氏は、昨年秋に破綻した井上工業というゼネコンの経営者であり、高崎でも屈指の芸術文化人でもあった。小生が高校時代、校庭のバラ園の手入れによく見えていたのを記憶している。「ここに泉あり」の群馬交響楽団とも関わりが深く(前身の高崎市民オーケストラを設立)、亡命したブルーノ・タウトをかつて庇護したことでも知られている。

ところが、「3代目」の放蕩息子(創業者・保三郎氏の曾孫、房一郎氏の孫)がこの土地・建物を手放す原因を作った。会社の破綻もそこに遠因(いや、主因か?)がある。このあたりは「井上健太郎 井上工業」で検索するといろいろと出てくるのである。

まあ、それはいい。
かくして井上邸は競売にかけられることになった。2002年のことである。
前述のような立地条件から、ディベロッパーに買い取られ、何の変哲もない高層マンションになる危険性があった。そうなったらなったで、経済原理からはいたしかたない面もあったわけだが、地元の有志はそれではいかんと立ち上がった。財団法人高崎哲学堂(当時の名称は「高崎哲学堂設立の会」)は、購入資金の一部に充当するために基金の一部を取り崩した。私が過去に支払った会費の一部もそこにはあった(笑)。また、当時私は都市計画の専門家という立場から、高崎市民新聞にいささか過激な文章を投稿した。もちろん旧井上邸の保全の重要性を訴える文章である。井上房一郎とアントニン・レーモンドが高崎に残した足跡を考えれば、あれは絶対に保全しなくてはならないのだ。東京在住の小生にはほとんど伝わってこなかったが、地元では「あそこまで書くんかい」という当惑気味の反応がけっこうあったらしい(後で知り合いの元市幹部の方から酒席で聞いた)。

さて、今回の毎日変態新聞の記事である。

購入に際して市民から1億2000万円の寄付が集まったが、2億1000万円は金融機関からの融資を受けた。この返済が重くのしかかり、施設の維持が難しくなったため、市に売却を要望していた。土地の実勢価格などから売買価格は2億円程度になると見込まれる。

 同財団の熊倉浩靖常務理事は「市民の寄付だけでは持ちこたえられなくなった。より多くの市民の共有財産にしてほしいと思い、市に購入をお願いした」と話している。

 市は「哲学堂は高崎の文化、建築の両面で価値がある。隣接する市美術館とあわせた活用を考えていきたい」としている。【増田勝彦】

毎日新聞 2009年1月29日 地方版

あのな、増田記者。こういう書き方をすると、いかにも財団が無謀なことをやった、あるいは放漫経営でどうにもならなくなった、と事情を知らない人が見たら勘違いするだろう。

本来は2002年の競売の時点で、高崎市が取得すべきだったのである。私の「過激な文章」も、さりげなくそのことを唆していた(ように記憶している(^_^;))。関東財務局との関係など、当時の諸事情からそれがかなわなかったので、公益法人である財団法人高崎哲学堂設立の会が肩代わりをするような形になったのだ。公式にそういうことになっていないのかもしれないが、実質はそうなのだ。ようやく市が前面に出る時がやって来たのである。

2億円が高いって?高崎市の人口は約34万人である。割り算すれば1人あたり590円ほど。定額給付金の一部を寄付すればお釣りが来るじゃないか(笑)。私のように市外にいる高崎出身者も参加すれば、もっと安く済む。もともとの財源は国庫だから、結局は将来の増税で埋め合わせるわけだけれど(^_^;)。

市が取得後の利用法については、お役所仕事にならないよう、いろいろと知恵を絞ってもらいたいものである。あ、夏は蚊がたくさん出て大変よ(笑)。あと、防火には要注意だな。

こういうサイトもあるのでご覧になっていただきたい。
山を歩いて美術館へ 観音山から高崎市美術館・高崎哲学堂・群馬音楽センター

| | コメント (2) | トラックバック (0)