2012年3月 3日 (土曜日)

「高齢出産」が困難なことに変わりはない

2月14日のNHKクローズアップ現代で「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」(テキスト部分のみの魚拓はこちら)が放映されて、少なからぬ女性が衝撃を受けたようだが、アンチエイジング、某政治家の人工授精による出産、高齢芸能人女性の妊娠のニュースなどで惑わされて何歳になっても子供は産めるとでも思っていたのだろうか。

高齢芸能人に関しては、妊娠だけがニュースになって目立つから、実際には妊娠しにくいということに気がつきにくいのだろう。また産んだ後の苦労の話はほとんど報道されない。

ところが、3月1日にこんなニュースが登場した。
卵子は次々に作られる、幹細胞の新研究ウェブ魚拓

仮にティリー氏による卵子の幹細胞の存在という「ミクロの現象」が事実だとしても、その発見によって高齢出産が容易になるわけではない。それは長い歴史の中で多くの女性が証明している「マクロの現象」である。

1度に受精できる卵細胞は1つである。卵子が完全に入れ替わる訳ではないから、幹細胞によって新しく生まれた「新鮮な」卵子が常に受精の対象になるとは限らないだろう。

報道によると、ティリー氏も「出産年齢の女性の卵巣にこうした卵子の前駆細胞があることと、年齢を重ねると生殖能力と卵巣の機能が低下するという事実とはまったく矛盾しない」と言っているので、加齢による卵巣の機能低下までは否定していない。

科学的に新たな発見があったとしても、ミクロなメカニズムが書き換えられるだけで、普遍的に見られるマクロな現象を変えるわけではない。もちろん、今回の話題に関して言えば、卵細胞を全て新しいものに置換できるような技術が開発されれば話は別であるが、そういうことではない。

仕事を持っていようが持っていまいが、子供が欲しい女性が20代のうちに安心して出産・育児のできる環境をどうやって実現するか、改めて考える必要があるだろう。例えば専門的な仕事などであれば、出産前後の産休はやむを得ないとして、妊娠中や子育て中の自宅就労などを積極的に採り入れてもよいと思う。そういうことが可能な条件はITなどで揃いつつあるはずである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月曜日)

年のせいか風邪が治りにくいわい(笑)

5日の昼間から具合が悪くなって一週間くらい体調不良が続いてしまった。最初に喉が痛くて咳が出て、それから胃の具合がすっきりせず、最後は全身がだるいという具合。発熱したのは7日の火曜日だけだったのだが、どうも気管支炎と胃炎を起こしたようだった。コンタクトレンズをしていることもあり、帰宅後の手洗いは入念にしていたのだが、寒さに勝てなかったようだ。

40代までなら熱の引いた水曜日あたりから通常の生活に戻れたのだが、今回はダメだった。胃がおかしいので食欲もあまりなくて、体力を消耗したことも大きかった。

ちょっとした風邪でも一週間ロスするということは、うかつに風邪もひけないということだ。
これまで以上に罹患しないよう予防に気を付けるしかない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日曜日)

座布団を固定しろ

大相撲初場所は、苦情付きながら把瑠都が優勝した。苦情は立ち会いの変化に対してだが、とっさに変化したとすれば責められないだろうが、大関たるものそうならないように日頃から心身の鍛練をすべきだと言われると私には反論できない(笑)。来場所で把瑠都がまた優勝してしまったら、外国人嫌いの連中は上を下への大騒ぎだろうな。それはそれで見てみたい気もする。

さて、その把瑠都が変化した勝った一番だが、最近相撲に対する関心が薄れているので中継を見なかった。
新聞記事によると例によって座布団が乱舞したようだ。

こういう時には必ず「危険ですから座布団を投げないでください」とアリバイ的に館内放送で注意がなされるのだが、そんな光景はもうかれこれ50年近く見続けている。1度だけ両国で生で相撲を観戦したことがあるが、座布団を投げるなという注意書きがあったと記憶している。

本当に危険だから投げるなと言うなら、座布団は座席に固定しろ。
八百長問題やら年寄株の問題やら、様々な相撲協会の負の体質は本質的に変わっていないと思うが、それとは別に観客の身の安全が守れないような組織に公益財団法人に地位を与えることを許すべきではない。

大学時代の恩師の1人でもある伊藤滋氏が外部理事を退任するが、これまた報道によると伊藤氏も含めて退任する3人の外部理事は協会改革の道筋がついたような口ぶりだが、恐らく社交辞令だろう。

相撲協会の公益裁断法人移行問題では、監督官庁である文科省の断固たる姿勢を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木曜日)

子供を持つ親のための放射線の知識(講演資料)

先日、元原研職員の綿貫さんによる放射線関連の講演のビデオを掲載したが、子育て中のお父さん・お父母さん向け講演会(2011.4.11実施)の資料を見つけたので、紹介します。講演者は京都女子大の水野義之教授です。水野氏とはツイッターで時々やりとりしていて、私の信頼する物理学者の一人です。

今放射線について知っておきたいこと」(PDFファイル・9ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土曜日)

今更被害者面されてもなあ(大相撲八百長)

日本相撲協会の放駒理事長は現役時代(元大関魁傑)八百長をしない所謂ガチンコ力士だったので、貧乏くじ引いたことは間違いないだろう。彼の直弟子の元横綱大乃国の芝田山親方も現役時代ガチンコで、そのために15日間出場して負け越した初めての横綱という「汚名」を着ることになった。

一方、大鵬、北の富士、千代の富士といった横綱には八百長疑惑があるという。千代の富士の53連勝にも八百長疑惑があるわけだが、その連勝をストップさせたのは大乃国だった。特に北の富士、千代の富士の九重部屋は疑惑が多そうだが(今回も佐ノ山親方=元大関千代大海=の名前が出てきている)、横綱を抱える部屋に限定しなければ、他の部屋も似たり寄ったりなのだろうが。何しろ平幕あたりがかまなければ八百長は成立しない。

私は八百長はあると思っていたから、今更驚かない。そもそも相撲記者クラブなんてのがあって、協会批判すると退会させられ、取材がしにくくなる。大相撲そのものが批判報道や客観報道がしにくい体質なのだ。

しかし、神事でもあり純粋なスポーツではないという視点で見れば、八百長は悪いことではない。ショーとしてのプロレスがいい見本だね(笑)。だいたいプロレスなんてガチンコでやり合ったら命が持たないと思うのだが、(大相撲の八百長を仲介する役の)中盆経験者に言わせると、15日間年6場所まともにやっていたら土俵生命なんて長持ちしないのだそうだ。

過去にも相撲協会は八百長疑惑があった時に、初日から上位同士の対戦を組むなどして、対策を講じようとしたが、長続きしなかった。

公益財団法人移行の問題から、八百長を一掃し暴力団との関係も断絶する、というのであれば、純粋プロスポーツとしての相撲を、神事・祭事から切り離し、本場所の日数を減らして力士の体調管理を徹底しないとならないだろう。まあ今更年6場所を減らすのも困難だろうから、せめて一場所15日をかつてのように11日に戻すことだろう。木曜日スタートの連続11日ないし日曜日スタートで週休2日にするかである。

日本相撲協会の外部理事で特別調査委員会委員長の伊藤滋先生は大学時代の恩師の1人である。今年の誕生日で80歳になるというのにご苦労なことである。悪条件の中の奮闘には敬意を表したいが、週刊誌は嫌いだというのはちょっと考え直してもらいたい。

週刊ポストや週刊現代が相撲の八百長の問題にずっと取り組んできて、それがフィクションではないことがわかってしまったのだ。情報の蓄積は週刊誌及び取材・寄稿した記者たちが1番のはずである。携帯電話がだめなら手詰まり、というのなら最初から何もしないのと変わらない。

とりあえず玉石混淆でも情報を集めて、精査するのはそれからだ。最初から先入観で情報にフィルターをかけるのは愚策である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水曜日)

やはり年には勝てないのかなあ

昨日の午後くらいから体調がいまひとつで、今日は久しぶりに仕事全休だった。
何年か前までは、だいたい年1回判で押したように風邪でダウンして二日くらい寝て、それが休息になっていたようなところがあるんだけれど、50過ぎたらそれが逆になくなった。やはり落とし穴があるものだなうと。

もっとも、生活習慣病予防の検診でいくつかひっかかって、その修正のための投薬や運動をしているので、体重も落ちたし、身体自体は不健康だった40代後半よりリフレッシュできているはずなのである。そういうのが逆に慢心を呼ぶのかもしれない。

自分の体調と相談してぼちぼちやるしかない年代に差し掛かったということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日曜日)

過激派のダブルスタンダード

連合赤軍最高幹部の永田洋子が65歳で死亡した。1971〜72年にかけて起きた「山岳アジト事件」の首謀者である。

事件はもはや歴史的事象と化したが、事件当時私は中学生でどうしてこんなことが起きるのかわからなかったものの、家の近くで起きた凶暴で醜悪な事件とともに永田洋子の名前は心に刻まれた。永田洋子に似た名前の女性は皆過激派に思えたくらいである。誇張ではない。歌手の長山洋子さんなどには申し訳ないが(笑)、考えようによっては彼女がいたので救われたのかもしれない。

リンチの実態を覆い隠した「総括」という言葉は流行語のようになったし、実際冗談混じりに「総括しちゃうぞ」という言い方は自分もしたものだ。反省。

永田は何人もの「仲間」を殺した、あるいは仲間に仲間を殺させた。当時20代半ばだった。若さ故の暴走と言えるだろうが、その一言で片付けてよいとも思えない。

その永田が30代の時に獄中で脳腫瘍を煩い、治療をしてもらい、93年には国と手術した病院に慰謝料を求める訴訟まで起こした。それでも頭痛が続くことから2006年にも弁護士を通じて拘置所に治療を要求している。なんという自分勝手だろうか。怨霊信仰風に言えば、恨みと未練を抱いて殺された「仲間」達の怨念が脳腫瘍を発病させた、ということになろう。

思想の左右を問わず過激な連中は自己の目的達成のためには手段を選ばず、しばしば己のみを可愛がり、命の扱いに際してダブルスタンダードを適用する。「仲間」を虫けら同然に殺戮する一方で、己の生に執着する永田の態度にもそれは明確に現れている。死んでも惜別の気持ちなど起きない人物である。

せいぜいあの世でかつての「仲間」から総括されるがいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木曜日)

夜空を見上げて(坂本九の歌ぢゃないよ)

冬の夜空は星が綺麗である。先日明け方の金星やら何やらの話を書いたばかりだが、夜はやはり冬の大三角形が目立つ。あまり上の方を見上げなくてもベテルギウス、シリウス、プロキオンのつくる三角形はわかりやすい。

しかしそのベテルギウスはいつ超新星爆発してもおかしくない状態だという。それはそれでワクワクする。できれば生きているうちに超新星爆発を目にしてみたいものである。

さてと、冬の大三角形には指定席のないオリオン座のβ星リゲルだが、より大きな「冬のダイヤモンド」の一角は占めている。シリウスとプロキオンはこちらにも指定席があるので、このワンちゃんコンビは冬の夜空の主役ということだろう。

そのオリオン座の三つ星を緩やかな弧状につないだ線を向かって右の方に伸ばしていくと牡牛座のα星のアルデバランがあり、逆にオリオン座の遙か左上には双子座のカストルとポルックスがある。このあたりの星になるとかなり高度があるので見るためには、相当首を後方に曲げないといけない。

そして冬のダイヤモンドを構成するもう1つの星、馭者座のα星カペラ。こいつも相当明るい(008等星で全天で6番目の明るさだとさ)のだが、今の時期22時くらいだとほぼ真上に近い位置にある。これはもう首を曲げるなんてものではなく、ラジオ体操よろしく後方に大きく背中をそらさないと長い時間見られない。まあ寝転べばいいんだけどね(笑)。でもってこれはこれでストレッチになりそうなのである。

いささか冷え込むこの冬だが、ちょいと外に出て、身体を大きく後ろに反らせて冬のダイヤモンドの観察とストレッチで心身のリフレッシュをして見るのも一興である。ただし風邪引かないように暖かくすることをお忘れなく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日曜日)

自分は頭いいと思っている勘違い莫迦教師

妹殺す」が正解? =東京の小学校では不適切授業

 東京都杉並区教委は23日、区立浜田山小学校で3年生の担任の女性教諭(23)が、正解は「妹を殺すこと」というクイズを出す不適切な授業を行ったと発表した。同小は同日、保護者会を開き謝罪した。
 杉並区教委は「非常に不適切な行為。今後繰り返さないよう指導に努める」とコメント。教諭や校長に厳重注意するとしている。
 区教委によると、教諭は19日、算数の授業で時間が余ったため、「3姉妹の長女が自殺し、次女はその葬儀に来た格好いい男性が好きになった。葬儀後もう一度出会うためにはどうすればいいか」というクイズを出題した。
 生徒は「電話をかける」などと回答したところ、教諭はヒントを出し、「正解」としていた「妹を殺し、葬式をやればまた会える」という答えに導いていたという。

あのさあ、これ授業の内容が不適切なんじゃなくて、この女性教諭自体が不適切な存在なんだよ。厳重注意程度じゃなくて、担任から外して研修するか、それでもだめならお引き取り願おう。若いんだらか水商売でも何でもやり直せばいいやん。

おんや、浜田山小学校といえば、昔知り合いのお子さん達が通っていたところじゃないか。
葬式にやって来たなら住所氏名を記帳しているはずだから、それを手がかりにすればいい。そういう意味では電話をかける、と答えた子供の方がよほどまともである。

次女が好きになった男は単に自殺した長女の知り合いだけだったかもしれず、その場合三女が死んでも葬儀に来る保証はないし、三女を殺したのであればその男に会えてもいずれは次女は逮捕されてブタ箱行きである。そんなこともこの女教諭はわからんのかね。一体どこの学校でどういう教育受けたんだか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月曜日)

たまにはへその掃除を

「へそのゴマ」は放置すると確かに臭いのである。足の指の間の垢も盲点になりやすいが、へそのゴマはその比ではない。といってもゴマの貯まったへそに指を突っ込んで、その指の臭いをかいだ時のことだが(笑)。なので私は入浴の時によく湿らせて石鹸の泡と一緒に少しずつ除去したり、綿棒にオイルを浸して除去したりする。

へそのゴマ取ったら腹膜炎になりやすい、というのは迷信のようなのだ。
へそのゴマの正体はただの垢!ウェブ魚拓

長年放置している人は、この機会に是非1度へそを清潔にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧