2011年7月21日 (木曜日)

子役も大変だねえ

気のせいかどうか、子役を前面に出したドラマが目立つような気がする。しかし所詮は特定の子だし、まるでお笑い芸人のように使い捨てのようにも見える。

天地人の主人公の幼年時代で脚光を浴びた加藤清史郎は、その大河ドラマの中でも主人公の子供として再出演(同様のケースは武田信玄の真木蔵人や毛利元就の森田剛=主人公の孫での再登場=などがあるが、子供時代の役ではあっても所謂子役ではない)したが、その後はCMに出まくりで「子供店長」なる愛称までついた。朝ドラではゲゲゲの女房の菊池和澄が同様のポジションだね。

ところがその子供店長を最近はほとんど見かけない。エコカー補助金も終わったし、震災で新車の製造・出荷も低調だからねえ。今はもっぱら芦田愛菜である。民放では争奪戦が起きて、破れた方が視聴率競争でも敗者となったようだ。いつまで芦田愛菜バブルが続くことだろうか。

加藤も芦田も子供だけあって話し方は舌足らずである。それがかえって受けるのかもしれない。同じくらいの年齢でももっとはっきりとした発生の出来る子はいる。おひさまとリバウンドに出演した小西舞優あたりはなかなかいい演技をしていると思うのだが、残念ながら芦田には顔の表情で負けているのだろうな。

そもそも子役は大成しないとも言われるし、実際、成長して鳴かず飛ばずの例はいくらでもある。そういうものなのかもしれないが、せめて周りの大人達が消耗品として扱わないようにしてもらいたいものである。

ああ、加藤清史郎は今晩7時からフジテレビに登場するようだ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水曜日)

大事な大事なキャラクターが逝ってしまった

児玉清氏の訃報に愕然。アタック25休んでいたからもしかするとと思わない訳ではなかったが復帰してくれると信じていたので残念。大河ドラマは昨年の龍馬父役が遺作だが、個人的には武田信玄の飯部兵部役と太平記の金沢貞顕役が印象に残っている。

お悔やみ申し上げます。読み切れなかった本をあの世で引き続き読んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水曜日)

さよならスーちゃん

キャンディーズの熱狂的なファンという訳ではないが、デビュー前から好きだった。
一番最初に彼女らに「会った」のは中学生の時の床屋。順番待ちで漫画雑誌読んでいたら、グラビアページに載っていた。けっこう衝撃的だった(個人的にね^^;)

でもって、NHKの歌謡グランドショーのアシスタント。毎週見ていた(笑)。
三人の好みはと言うと、100点を割り振ると、スーちゃん50点、ランちゃん40点、ミキちゃん10点なのよねえ、ミキちゃんのファンの方すみませんm(_ _)m。でも三人いたから成立していた訳で、そう言う点ではフィフティーフィフティーじゃなくて1/3ずつ。

高一の時に出たデビュー曲「あなたに夢中」のシングルは速攻で買ったねえ。最初はスーちゃんセンターだった。でもって、昨日あたりから頭の中でこの曲がずっと鳴っている。葬送行進曲にしては明るすぎるのが悲しい。「あの世で再会」できるのは何年後かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金曜日)

坂上二郎さん、安らかに

コント55号の坂上二郎さんが脳梗塞で死去。何はともあれお悔やみ申し上げます。

私は小学6年の最後の謝恩会で、欽ちゃんこと萩本欽一氏の足を広げてジャンプするポーズをマネして笑いを取ったのである(笑)。二郎さんがいなければ、コント55号は存在しなかったわけで、訃報に接すると感慨深いものがある。1960〜70年代の笑いの中心に間違いなく彼らはいたのである。同じ謝恩会で、帰ってきたヨッパライネタをやった同級生もいたけれど(この間の同窓会で幹事さんの一人だったw)、あちらザ・フォーク・クルセダーズも鬼籍に入ったメンバーがいるわけで、本当に遠い時代になったものだ。

二郎さんは美声で歌も上手かった。もともとのど自慢大会出場が芸能界入りのきっかけだったとのこと。お笑いの芸風なのに、美声で歌がうまいという点では、個人的に「焼津の半次」の品川隆二氏とイメージが重なる部分もある。

その後二郎さんは俳優としての活動が目立つようになるが、印象に残っているのはともにNHKの時代劇で、「翔ぶが如く」と「腕におぼえあり」。

「翔ぶが如く」は鹿賀丈史の大久保利通が話題になったが、二郎さんは出身地鹿児島の先達でもある西郷吉之助(隆盛)の父親・吉兵衛を好演した。あまり目立った演技ではなかったと思うが、この父親がいて維新の志士である西郷兄弟がいたのだな、というのを感じさせる厳しくかつ温かい人柄をにじみ出させていた。

「腕におぼえあり」は近藤等則の印象的なトランペットの主題とともに記憶にのこる番組だ。二郎さんの役は口入れ屋の相模屋吉蔵。おや、こっちも吉の字がつくのだ(笑)。娘役の小田茜との掛け合いがなにやらコント55号時代を想起させるシーンもあったが、商人としての強欲さとその裏にある江戸町人の人情を上手く同居させた演技だった。主役の村上弘明、準主役の渡辺徹演ずる浪人との組み合わせははキャスティングとしても絶妙だったと思う。

ああ、1990年代のNHKはまだよい時代劇があったのだ。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金曜日)

iMatのインパクトには遙かに及ばないが

こんなのをパロディで作って見ました(^_^;)。Igeorge_2

"iGeorge"ですw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木曜日)

ううむ、これで五児の母か(^_^;)

資生堂の新CMの発表会だが、石川(薬丸)秀美が現役の頃と変わらないではないか。というか今の方が大人の色気が感じられて、出ている4人の中では一番魅力的に見える(80年代の頃は特別彼女のファンという訳ではなかった)。
http://www.youtube.com/watch?v=NAx_8Kt8Nio

本当に5人も子供を産んだのか?
まあ、私としては、その夫である薬丸裕英の隣にいつも座っている岡江久美子も好きなのだが(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金曜日)

最近老害振りまいている石原知事の出世作も有害図書だな

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正案があちこちで問題になっている。いわゆる「非実在青少年」条例である。そして当然反対の声が多い。PTA団体のように目先の正義感だけで賛成しているところもあるようだが、いくらなんでもこんな糞条例に反対するのが当然だろう。

以下の記事に論点は集約されていると思う。
緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている(松浦晋也)

この記事中にもあるけれど、タイトルに示したように推進している東京都知事の若い時の作品も問題になっちゃうわけですよ。そしてあの源氏物語も有害図書認定!そもそも日本では児童ポルノの定義が曖昧で、いくら際どいポーズやぎりぎりの露出をしているからといって、水着写真までそれが実年齢18歳以上でも見た目が18歳未満なら児童ポルノ認定されてしまうというのはどうかしている。ファシズムは民主主義の衣服をまとっていつの間にか忍び寄ってくるのだ。

あの天保の反動政治の水野忠邦、鳥居耀蔵もびっくりだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木曜日)

孫もいるというのにね

今朝、石田純一が手島優と一緒に写っているシーンがテレビで流れた。

テレビは石田のことを色男だのプレイボーイだのともて囃すが、要するに「色」ではなく「エロ」男だろう。いや、別に私は石田のことが嫌いなわけではない。むしろ、それなりに頭も切れて女に持てて芸能界に一定の地位を築いている彼はなかなかの人物だと思う。

テレビ局の方がいやだね。ああいうシーンを写しておいて(何でも映画で競演したらしく、その関連の映像だったようだが)色男ともて囃しながら、理子さんとの結婚を控えて大丈夫ですか、とやるマッチポンプが気に入らない。

結局リポーターのやつらなんかは石田で食わせてもらっているんだよな。彼もそのことがよくわかっていて期待される役回りを忠実に演じているのだろうと思う。メディアを翻弄しながら女好きの自らを満足させている石田純一はしたたかである。同じことやったらあっという間に人生失うサラリーマンには真似できないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水曜日)

顔面双生児

岸学と上原浩治って似てませんかねえ(^_^;)?

上原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月曜日)

気象予報士試験大丈夫か?

昨日19時からのCX系列の「熱血 平成教育学院」。
ユースケ惨タマリアのお約束の鬱陶しい司会はともかくとして、昨日の番組を見て、少々びっくりした。

レギュラーの石原良純に加えて、歌原奈緒天野さおり山田玲奈と4人の気象予報士試験合格者が出演。

歌原は息子と、天野は娘と同学年である。それもどうでもいいけど(笑)。

慶應義塾在籍・出身の芸能人・アナウンサーでは、石原良純以外では久々に頭がいいと思わせたのが歌原だった。へんにちゃらちゃらしてないところも好感が持てる。ああ、市川亀治郎は頭いいね。それに引き替え、山田は脳みそ筋肉のただの莫迦ぢゃないか(山田のファンの人、スマン)。ちなみに早稲田出身者も数が多いせいか、頭脳にバラツキが大きいようだ。まあ、出身大学と頭の善し悪しは、無関係とは言わないけれど、最後は本人次第だよね。

番組中の正規の出題とは別に、2006年1月某日の天気図を見せて、4人にその時の天気を中てさせる、というのがあったけれど、雪と書いたのは、石原と天野だけだった。番組ではなぜか天野の回答がスルーされていたが、歌原と山田は完全に外していた。あの天気図見たら、俺だって正解出せるぜ(笑)。実際できたし…(^_^;)

それだけで気象予報士失格とはいわないけれど、あの問題はある程度知識と常識があれば成果出せないといけないと思う。不合格者でも成果出せる人はけっこういると思うので(昨晩の番組見てたら悔しいと思ったことだろう)、この資格、ホントに大丈夫、と思った次第。

まあ、実際に気象業務についたとしたら、生命の安全に関わるような「誤報」は出さないでね。鉄筋はしょる一級建築士みたいになっちまう(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧