2011年9月16日 (金曜日)

突っ込みどころ満載の暴れん坊将軍に登場する彗星

テレビ朝日で暴れん坊将軍の再放送を見てしまった(1999年に放送されたもので、今回が何度目かの再放送だ)。水戸黄門にせよ銭形平次にせよこの番組にせよ、開始後45分くらいで決め台詞の出る勧善懲悪型の単純な時代劇はほとんど見ないのだが、15日の午前は彗星が登場したのでついつい見てしまった(笑)。

しかしタイトルは「暴れん坊将軍 江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」なのに、実は登場したのは彗星ではなく巨大?隕石だった。このように突っ込みどころが沢山あるので、ちょいと遊んでみたい。なお、柳田理科雄の「空想科学読本3」で取り上げられているが、まだ見ていない。よって、見る前に自分なりにツッコミを入れてから、暇があれば同書を読んでみようと思っている(笑)。既に見ていろいろと突っ込んだことのある人には退屈だろうが、ご容赦いただきたい。

映像については、次のサイトがキャプチャー画像を貼り付けているので(商売ではないので、著作権の問題はひとまず棚上げして)、こちらを参照していただきたい。

 「暴れん坊将軍」で地球滅亡クラスの隕石が江戸に衝突するという驚愕のシーンが放送される
 「暴れん坊将軍」で地球滅亡クラスの隕石が江戸に衝突


1.彗星なのか隕石なのか小惑星なのか
番組のタイトルには「すい星衝突の恐怖」とあるのだが、画面に出てくるのは巨大な隕石のようなものである。しかも宇宙空間で炎のようなものを発しているのだ。彗星ならば核は岩石だとしても大半は氷のはずである。つまりこれだけ見ればすい星でも隕石でも小惑星でもない謎の物体なのだが、とりあえずは隕石か彗星ということにしておこう(そうでないと話が続かない)。

最初にこの星を吉宗が発見した時は赤色である。三国志演義などでもそうだが、だいたい赤い星は不吉な予兆として扱われるから、脚本上はそれでいいのだろうが、本来赤い彗星というのはおかしいのではないか。実際、地球に接近して来た時には赤くはなく炎上のものは紫色である。

彗星であれば、尾は太陽と反対側に影のように伸びるはずだが、この星は、太陽に照らされた昼間の部分の地球に接近していて、そうすると太陽を背にしているのだから尾は地球側に伸びていないとおかいしい。ところが画像を見ると逆なのである。まあ視覚的には進行方向に尾があるというのは視聴者からのクレーム続出が予想されるので、これもいたしかたないのだろう(笑)

2.驚異的な観測能力と技術
台詞がどうなっていたかはっきり覚えていないのだが、少なくとも最初に吉宗が「赤い星」を発見した時は望遠鏡(恐らくガリレオが発明したタイプの屈折望遠鏡)で見て、大きな点であった。

この星が地球に衝突する不安を感じた吉宗は、長崎から民間の天文学者「西川如見」を呼び寄せている(吉宗が如見を読んだのは史実のようだし、番組の最後でアナウンスされたように息子の正休は幕府の天文方に就任しているのも史実である)。呼びに出したのは早馬だとしても、やってきた如見は娘と従者の3人旅でのんびりと歩いて江戸に向かっている。

つまりどう考えても吉宗が使いを出してから、如見が江戸にやってくるまでに2ヶ月は必要なのである。
彗星の速度を40km/sとすると(ネットで調べて、このあたりがキリがよくて妥当だろうという数字)、吉宗が発見した時は、この彗星は地球から2億kmくらい離れていたのである。地球に一番接近した時の火星の4倍くらい離れている。そうすると望遠鏡の倍率や解像度を考慮しても、火星と同じくらいの大きさがないとおかしいのだ。しかし、実際はそうではない(笑)。江戸時代中期に2億kmも離れた岩の塊を屈折望遠鏡で発見してしまうのだから、これは驚異的である。イトカワから戻ってきたはやぶさもビックリである。

さて、如見先生は江戸の手前で尾張の密命を受けた世直し天狗党に襲撃されるのだが、こいつらも何故か彗星の衝突を予想していたらしく、如見先生を拉致して手先として使い、江戸の混乱に乗じて略奪を働き、倒幕を敢行しようという企みを持っている。まあそれは突っ込みどころとは直接関係ないので、これ以上深入りしないのだが、こいつらは幕末の水戸天狗党の走りなのだろうか(笑)。

この如見先生が襲撃された時が、彗星が衝突されると予想される日の一週間くらい前だと思われるのだが、如見先生は粗末な観測器具で、衝突の日時と軌道は既に予測しており、もの凄い能力である。

そして最終的には江戸近郊の日野の大和田村付近に夜落下し、4里四方が大きな被害を受けるとの結論を出している。軌道だけでなくエネルギーまで算出しているのだから、驚愕に値する。ノーベル物理学賞が当時あれば受賞していたかもしれないが、それよりもノーベル賞よりも世界的に権威のある西川賞が出来ていたかもしれないのだ(笑)。今日でも人工衛星の破片が人間に当たる確率が1/3200という精度なのである。

3.挙動不審で正体不明な彗星
そして、なんのかんのあって、吉宗の設置した観測所に閉じこもって、正確な衝突地点と時刻を予測することになるのだが、残りはあと3日である。

ところがこの時点で既に彗星は地球にかなり接近しており、画面から推測すると、地球の上空1500kmくらいの高度に達していると思われるのである。こうなると地球との相対速度は40km/sよりも大きくなっていくので、最終的に60km/s程度としても、25秒程度しか猶予がないのである(笑)。この彗星は大分遠慮してくれているようだ。尾の方向が逆なのは前述のとおり。

このあたりで炎のようなものを出しているのは、宇宙線と関係があるのか、地球の磁気圏から何らかの影響受けているのか、よくわからないが、いずれにしても不思議である。

また衝突直前まで上空から降りてくるように動いていて、これは納得できるのだが、何故か最後になって斜めに軌道を変えて、地平線と10度くらいの確度で滑るように衝突するのである。そして被害の程度がかなり限定された範囲に留まっているので、これはエンジンとブレーキを積んでいるとしか考えられない。そうなると、これは操縦不能に陥った巨大な宇宙船だったと結論づけるしかないのだ。そんなことは当然ドラマには出てくるはずもない(笑)。

如見先生の予測が正しいとして、め組の人達は大和田村から30kmくらいは離れていたと考えられる。そうでないと全滅ないし被害甚大だからだ。彼らはお産の仕事で大和田村にいた産婆のお凛を救出に行ったのだ。最終的な衝突直前のシーンから推測すると、この彗星(隕石)は直径2kmくらいはあると思われる。しかし多摩地区の山の高さを考慮すると、直径200m程度ではないかとも思われる。そうなると、め組の人達はそれほど衝突地点から離れていなかったとも考えられ、如見先生の被害予測が嘘という都になる。登場するシーンによって大きさが変動しているし、諸々の相対的な位置関係が杜撰なので、確定することは困難なのだ(笑)。うーん、困った。どうしよう。

とりあえず直径1kmくらいとしておきましょうか(笑)。
6500万年前にユカタン半島に衝突して、恐竜を絶滅させ、地球全体の気候を変動させた隕石の直径が10kmとのことなので、その1/10のサイズ。そうするとこの吉宗彗星は、かの彗星と同じ物質構成(つまり同じ密度)で同じ速度だったすると、体積が1/1000なので質量も1/1000で、運動エネルギーも1/1000。とてもじゃあないが、4里四方程度の被害では済むまい。単純に表面積で比較しても、50万平方kmくらいがやられるので、日本は恐らく全滅、朝鮮半島や沿海州あたりも大きな被害を受けるだろう。

とまあこんなところで、お後がよろしいようで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木曜日)

子役も大変だねえ

気のせいかどうか、子役を前面に出したドラマが目立つような気がする。しかし所詮は特定の子だし、まるでお笑い芸人のように使い捨てのようにも見える。

天地人の主人公の幼年時代で脚光を浴びた加藤清史郎は、その大河ドラマの中でも主人公の子供として再出演(同様のケースは武田信玄の真木蔵人や毛利元就の森田剛=主人公の孫での再登場=などがあるが、子供時代の役ではあっても所謂子役ではない)したが、その後はCMに出まくりで「子供店長」なる愛称までついた。朝ドラではゲゲゲの女房の菊池和澄が同様のポジションだね。

ところがその子供店長を最近はほとんど見かけない。エコカー補助金も終わったし、震災で新車の製造・出荷も低調だからねえ。今はもっぱら芦田愛菜である。民放では争奪戦が起きて、破れた方が視聴率競争でも敗者となったようだ。いつまで芦田愛菜バブルが続くことだろうか。

加藤も芦田も子供だけあって話し方は舌足らずである。それがかえって受けるのかもしれない。同じくらいの年齢でももっとはっきりとした発生の出来る子はいる。おひさまとリバウンドに出演した小西舞優あたりはなかなかいい演技をしていると思うのだが、残念ながら芦田には顔の表情で負けているのだろうな。

そもそも子役は大成しないとも言われるし、実際、成長して鳴かず飛ばずの例はいくらでもある。そういうものなのかもしれないが、せめて周りの大人達が消耗品として扱わないようにしてもらいたいものである。

ああ、加藤清史郎は今晩7時からフジテレビに登場するようだ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日曜日)

あんたらが間違っちゃいかんだろう

出演者から見て、何日か前の確か「笑っていいとも」だと思うが、タモリと神田沙也加が九州新幹線の列車の愛称を「つばさ」と何度も間違えて、スタッフや字幕による修正も見なかったのだが、これはひどいよね。「つばめ」だって多くの人は知っているだろう。

この2人、タモリは福岡市出身だし、沙也加は母親が久留米の出身である。間違えるなど言語道断である。まあ、つばさも元々は秋田行きの特急の愛称だったのを山形新幹線が強奪したのではあるが。

これじゃあ、新潟行きの「あさひ」(今はその間違われやすさが原因で「とき」になっている)と長野行きの「あさま」を東京駅で乗り間違えるお馬鹿さんが出る訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土曜日)

杉村太蔵って何者なんだろうか

大量得票の恩恵を受けて衆院比例区圧倒的下位当選も一期でペケ、暫く行方不明?

そして今は、前衆議院議員の肩書きを活用してか、バラエティ番組やTVCMなどに出演し、今日はついにTBSのサッカーJリーグ中継の副音声に登場して(いるようだ)、加藤浩次にいじられる始末。これだからTBSのスポーツ中継は相変わらず(笑)。

こいつの存在価値って何なのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木曜日)

また訃報ですなあ

今度は長門裕之。児玉清とさして日にちを置かず。

震災直前に亡くなった坂上二郎も皆昭和9年生まれ(児玉清は本当は昭和8年の12月26日生まれとのことだが出生届は昭和9年1月1日)で皆さん77歳。芸能界の昭和9年会のメンバーである藤村俊二や愛川欽也のインタビューをテレビで見たが、愛川は寂しそうに語り、おひょいさんは「神様はどういう順番で天にお召しになるのか」という趣旨のことをしみじみと語っていた。櫛の歯が欠けていくような思いをしているのだろう。

ここを乗り切ると90歳くらいまで長生きするのだろうなあ、と自分の身の回りの80歳以上の人を見て思う。私の父親は昭和7年生まれで79歳になったばかりだが、同級生はかなり鬼籍に入ってしまったという。一方、80過ぎの従兄が2人健在。

長門裕之に関しては、1983年の大河ドラマ「徳川家康」での頑固な老臣本多作左衛門役が印象に残っている。同じ大河ドラマ「八代将軍吉宗」や「相棒」(どちらも弟の津川雅彦も出演している)などでの演技も記憶にある。吉宗ではいわゆる水戸黄門様役だったのよね。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水曜日)

大事な大事なキャラクターが逝ってしまった

児玉清氏の訃報に愕然。アタック25休んでいたからもしかするとと思わない訳ではなかったが復帰してくれると信じていたので残念。大河ドラマは昨年の龍馬父役が遺作だが、個人的には武田信玄の飯部兵部役と太平記の金沢貞顕役が印象に残っている。

お悔やみ申し上げます。読み切れなかった本をあの世で引き続き読んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金曜日)

坂上二郎さん、安らかに

コント55号の坂上二郎さんが脳梗塞で死去。何はともあれお悔やみ申し上げます。

私は小学6年の最後の謝恩会で、欽ちゃんこと萩本欽一氏の足を広げてジャンプするポーズをマネして笑いを取ったのである(笑)。二郎さんがいなければ、コント55号は存在しなかったわけで、訃報に接すると感慨深いものがある。1960〜70年代の笑いの中心に間違いなく彼らはいたのである。同じ謝恩会で、帰ってきたヨッパライネタをやった同級生もいたけれど(この間の同窓会で幹事さんの一人だったw)、あちらザ・フォーク・クルセダーズも鬼籍に入ったメンバーがいるわけで、本当に遠い時代になったものだ。

二郎さんは美声で歌も上手かった。もともとのど自慢大会出場が芸能界入りのきっかけだったとのこと。お笑いの芸風なのに、美声で歌がうまいという点では、個人的に「焼津の半次」の品川隆二氏とイメージが重なる部分もある。

その後二郎さんは俳優としての活動が目立つようになるが、印象に残っているのはともにNHKの時代劇で、「翔ぶが如く」と「腕におぼえあり」。

「翔ぶが如く」は鹿賀丈史の大久保利通が話題になったが、二郎さんは出身地鹿児島の先達でもある西郷吉之助(隆盛)の父親・吉兵衛を好演した。あまり目立った演技ではなかったと思うが、この父親がいて維新の志士である西郷兄弟がいたのだな、というのを感じさせる厳しくかつ温かい人柄をにじみ出させていた。

「腕におぼえあり」は近藤等則の印象的なトランペットの主題とともに記憶にのこる番組だ。二郎さんの役は口入れ屋の相模屋吉蔵。おや、こっちも吉の字がつくのだ(笑)。娘役の小田茜との掛け合いがなにやらコント55号時代を想起させるシーンもあったが、商人としての強欲さとその裏にある江戸町人の人情を上手く同居させた演技だった。主役の村上弘明、準主役の渡辺徹演ずる浪人との組み合わせははキャスティングとしても絶妙だったと思う。

ああ、1990年代のNHKはまだよい時代劇があったのだ。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土曜日)

3Dテレビで儲けたい連中

最近のテレビを見ていると、さりげなく3Dテレビの情報を流している。地デジのように「これでもか、これでもか」という情報の洪水でないのが巧妙で、メディアスクラムのような状態にも見えないので、これは仕組まれているのかどうかわからないが、何らかの意図はあるのだろう。例えばNHKニュースでアバターのことを取り上げたり、新しい家電製品として紹介したりする一方、フジ系列の熱血平成教育学院では番組中で3Dテレビの仕組みを出題し、解説を兼ねて出演者に視聴体験をさせる、といったやり方である。

子供の頃、雑誌の付録に赤と青のセロファン紙を貼った立体メガネがついてきたことがあるが、原理はその時と全く同一だ。セロファン紙メガネがハイテクデバイスに替わり、静止画が動画になっても、である。つまり全く新しいメディアというよりは、子供の頃の想い出にハイテクの色づけをして記憶を呼び覚ましているともいえる。

そもそも人間の視覚自体が左右の視差を利用して立体視しているのだから、現実世界も一種の錯覚なのだ。
違いは、現実世界が実際に自分の視覚軸方向に奥行きがあるのに対して、3Dテレビはあくまで二次元の平面の映像にすぎない、という点だ。これまで人間の脳は三次元の現実世界を人間の脳を通した擬似的三次元世界として錯覚してみていただけなのに、新たな擬似的三次元世界を描いた視覚的刺激が加わることになる。

脳は混乱しないのだろうか。
現実世界でも加速度によって気分が悪くなる乗り物酔いがあるが、3Dテレビ酔いもあるようだ。子供や高齢者は要注意だという。つまりやはり脳は混乱すると考えるのが妥当なのだろう。

もっともこれは週刊新潮の5月6・13日特大号に記事があるが、笑ってしまうのはそこに登場する専門家のコメントが尾木直樹と和田秀樹の2人だと言うことだ。特に和田秀樹のコメントなんて勝手な憶測で固められたメチャクチャなものである。新潮さん、人を選ばないと記事の信頼性がなくなるよ(笑)。

3Dコンテンツを長時間見た直後に自動車運転なんかして大丈夫なんだろうか、という疑問がわく。
こういうのは場合によっては命にかかわることなので、きちんと専門的に検証してもらいたい。

3Dテレビは通常のテレビと比較すると2割くらい高いというし、コンテンツの製作には専用のカメラが必要なので、これを契機に経済活性化という名の儲けを企てる連中がいても何の不思議もない。いや、よいコンテンツができればそれはそれで歓迎すべきだ。ネガティブなことばかり言っても始まらない。物事には長所、短所の両面がある。長所はきちんと活かすべきだ。

ハイビジョンによって画面の解像度が高くなった結果、小さく映る遠くのものも描きやすくなったことが3Dテレビの登場の背景にあると平成教育学院に出演していたソニーの関連会社の技術者が言っていた。だとすれば、スポーツ中継やドキュメンタリー番組などで奥行きをじっくりと感じさせるような広がりのあるコンテンツを期待したいところだが、実際には平成教育学院でも出演者が喜んでいたのは、画像が自分の方に「飛び出してくる」シーンだった。恐らく安直にそちらの方が多用されるのだろうな。アダルトビデオで女の子が裸で近づいてくるのなら、見ている時は一瞬嬉しいかもしれないが、触ってもそこにリアルの肌がないのでは興ざめだ。インポが増えるかもしれないな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土曜日)

また俳優の年齢がおかしいよ

NHKの古代ドラマスペシャル「大仏開眼」の前編を見た。
古代がドラマで取り上げられることは少ないので、NHKのこの手の作品は史実とは関係なく(というか古代史の場合、解釈の幅が広いから史実がどうか、というのはドラマとして見る場合にはあまり意味がないと思う)楽しめる。今回は平城京遷都1300年記念の製作なのだろうが、

ただし、いつものことだが、登場人物の年齢と演じている俳優の年齢のギャップはなんとかならないのかねえ。主要な人物で見れば次の通り。吉備真備が若すぎて、逆に聖武天皇が老けすぎている。

吉備真備  695  吉岡秀隆 1970
藤原仲麻呂 697  高橋克典 1964
聖武天皇  701  国村隼  1955
藤原光明子 701  浅野温子 1961
阿倍内親王 718  石原さとみ 1986

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金曜日)

雨娘

NHKの「おはよう日本」のお天気コーナー担当の気象予報士の加藤祐子さんがストライクゾーンに入ってきました。かなりど真ん中に近い直球だな(^_^;)。高島彩と大学同期で誕生日1日違いの仲良しだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧