2014年12月27日 (土曜日)

MacBook Proが死んだ日

先代の15.6インチのMacBook Proのロジックボードが突然死んだのが2年余り前のこと。好景気もとい後継機として13.3インチの新しいのを購入したが、11月下旬にお茶をキーボードの上にうっかりこぼしてしまい、即死してしまった。

修理の見積もりを複数の「格安」の業者に依頼するも、結局買い換えた方が安いという結論。
しかし、現行のマッキントッシュの商品ラインナップを見ても、ほとんどがSSDタイプ。高性能なのは分かるが高価格で容量が少ないので、選択肢に入らない。唯一のHDDタイプはスペックが中途半端で長く使える機種ではない。iiMacはできすぎるし、ノートタイプでないので自宅用としては手を出すのに躊躇する。

とはいいつつ、死んだMacBook Proのデータは生きていて、使用するデータもあるので、結局Mac miniの一番の安いのを価格.ocmで最安の店で購入して、データを救い出すことにした。こいつは十分に小さいので、そのうちiPad miniでも購入して、iPadとして使用しつつMac miniのディスプレイにも使ってやろうと思っている。

iPadをMacのサブディスプレイにする「Duet Display」、Windowsにも近く対応

でもって接続ディスプレイの関係で現在はMac miniの置き場は会社である、MacBook Proより小さいのに(笑)。

さて、ノートタイプのパソコンはどうしたかというと、結局Windowsマシンをマウスコンピュータで購入することにした。これなら仕事のファイルを完全互換で家でもいじれる(そんなに仕事熱心ではないし、マッキントッシュでも仕事は出来るけれど)。

現在の製品構成を見て、相変わらずアップルは古い資産を切り捨てることに何の躊躇もないのだな、ということがわかったのも「アップル離れ」の一因である。過去にも互換機切り捨て、OS9切り捨て、PowerPC切り捨てなど何度もあるが、その都度付き合ってきた。しかしBTOが事実上アップルストアだけという競争のない環境にどっぷりと浸かるつもりは毛頭ない。

私ゃ信者ではないのでね(笑)。部品供給の日本の某中小企業が反乱を起こしたことも関係している。アップルはブラック企業だもんね。リンゴが六色から単色になったあたりからその傾向は顕著になったのかもしれない。

CPUがcore i7でGeForceのGPUがついて、メインメモリ8GB、ブルーレイドライブがついて、Cドライブは120GBのSSDに1TBのHDDがEドライブ、ディスプレイは15.6インチのフルHDという構成で税込13万円余りは安いだろう。実際起動は速いし、キーボードがテンキー付きでやや左寄りなので慣れないとミスタイプが多いのだが、まあよい選択だったと思う。

ただ自宅でYoruFukurouが使えないのがちと不便だな。

デスクトップならキーボードに液体をこぼしても二れ三文の値段で買えるキーボードがダメになるだけで済むが、ノートパソコンだと被害甚大である。皆さんもくれぐれも注意されたい。それではよい年越しを^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火曜日)

今月はだらだらと過ごしてしまった

8月も終わりかあ。ブログ初めて満6年が経過。

最近は、思いついたらすぐに書き込めるので、twitterに散発的に(時には集中して)書き散らしているけれど、そのせいかどうか、長めの文章を論理的に構成するという能力が衰えてきているかもしれない(笑)。この夏は暑くて体力的にも精神的にもきついしねえ(^_^;)。

まあ世の中批判しても、似たような愚痴の繰り返しになってしまうし、民主党政権には正直もううんざりなので、twitterで皮肉っぽく突っ込むのがちょうどいいのだ。

ともあれ、明日から7年目に突入する。人生は既に下り坂だが課題も多い。細々とでも継続していくことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金曜日)

iPad 3Gモデルはソフトバンクでしか買えない

SIM Dog !
Ipadog


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMatのインパクトには遙かに及ばないが

こんなのをパロディで作って見ました(^_^;)。Igeorge_2

"iGeorge"ですw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金曜日)

この男の頭の中はどうなっているんだ?

原口総務省がアメリカ訪問の際にiPadを購入したことが報道されている。
日本で無線LANにつないだ瞬間に電波法違反となるのだが、所管大臣としてその事実を認識していたのだろうか。

原口大臣と言えば国会の委員会にもツイッターしていて遅刻したという報道もあるくらいで、要するに単なるITヲタクが大臣になってしまっただと思うが、電波法のことを認識していなかったとすれば、不勉強の謗りを免れまい。軍事音痴の総理大臣(自衛隊の最高指揮官である)のクロハトキン総理に任命されただけのことはある。突っ込まれれば本人はあれこれと言い訳するのだろうが、それも黒鳩のミニチュアだ。

こんな男が小沢にベッタリということで次期総理候補の1人に擬せられるのだから、民主党政権は救いようがない。

そもそも一般ユーザーは日本での発売開始を首を長くして待っている(奴もいる)のに、公費で出張したアメリカで抜け駆けをやるというその心根が大いに気に入らない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火曜日)

嘘つきか妄想家なのか

堀江貴文(いわゆるホリエモン)が自身のブログで起きている時は仕事しかしたことがない、それが起業の成功の秘訣だ、というような趣旨のことを書いているのだが(起業してほぼ確実に成功する方法)、どうやらこいつも新興宗教の教組化しつつあるようだ。このブログ記事のコメント欄を見ればそれは明らか。「獅子舞」と同じだな。月840円の有料メルマガ発行して読者を獲得し、小銭稼ぎにも余念がないようだが、小沢一郎の金権政治疑惑に関連して、自身の体験を基にした検察批判で一定の支持を受けてしまっているからなあ。

自分では起きている時にやっていることが全部仕事だと思っているようだが、それなら合コンやグルメ漁りも仕事なんだろうか。自分で仕事だと強弁すれば何でも仕事になる。第一、こいつは本当に成功者なのか。Eudora潰したのお前らじゃねえかよ(笑)。会計ソフトの弥生シリーズだって、こいつらの系列になる前と離れた今のほうがずっとよい。

(但し書き)私は彼の存在を全否定はしない。彼のような発想や既得権に満ちた社会を打破しようとする姿勢は大切だし、そのために彼の発言が日本社会には必要だとも認める。しかし、妄想もここまで来ると、自分自身を神格化した織田信長みたいで、滑稽でもある。そのうち、寝ている間も仕事をしている、などと口走り始めるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木曜日)

twitter 中毒度チェッカーというのがある。現時点で8つのチェック項目があって、どれも該当しないのでノーチェックのままクリックしたら10点、まだまだ序の口と出やがった。

何故0点でないのか考えてみたら、こんなチェッカーを試していることが暗黙のうちにチェックを1つしているのと同じことなのだと気がついた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水曜日)

目立ちたがり?

原口総務相、また遅刻 参院総務委員会が流会に (ウェブ魚拓)

twitterで津波情報を流して賛否両論のこの人。やはり優先順位を間違えているというのか、ITリテラシーに欠けるというのか、痛い人である。

twitterでのなりすまし云々は、verified accountというのがあって、どれくらいの信頼性があるのかどうか判断しかねるが、twitter中毒の勝間和代なんかも取得しているので、大臣クラスなら当然取得できるだろうから、その議論はひとまずけりをつけるとして、問題はこの人の情報発信の実態である。

いくら(本来の業務とは言えない)災害情報を「リアムタイム」で流したとしても(そんなことは気象庁や災害関連のサービス提供会社に任せておけばよい)、肝心の本来業務でやむを得ず遅刻する場合に、自分の状況を伝えられないのでは、何をか言わんやである。やはり単なる新しいツールにのめり込んでいるだけのお子ちゃま大臣(前原国土交通大臣に既にこの称号は与えられているようだが)ではないのか。あるいは総務大臣という立場からテレビ出演を控えているようだが、大臣就任前はテレビに出まくっていたことを考えると、出たがり願望をtwitterで満たしているのかもしれない。やはり社会人経験がないと(ry

ところで前原大臣が、鳩山弟の言動について「龍馬ファンには不快だろう」とコメントしたようだが、これには激しく同意である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火曜日)

行列の不要な確定申告

税務署が仕事場の近くなので、毎年この時期になると人が沸いて出てくるのを目にする。
昨年までは自分も、期限ぎりぎりに駆け込んで、行列に並んで確定申告の書類を出していた。申告の内容自体は大したことはない(高額所得者でも何でもなく、単に2カ所から収入があるに過ぎない)ので、書類はすぐにできる。特に最近は国税庁のサイトで、数字を入力すれば出力書式まで全部できてしまうようになっていたから、税務署の待ち時間だけが苦痛だった。

それを避けるために、今年からe-Taxを利用することにした。
これまでプリントアウトして税務署に持って行く、その最後のプロセスが、ウェブ経由でデータ送信するという違いだけだが、行列の嫌いな私にはとても嬉しかった。

住基カードで個人認証するなんてのは、仕組みを知っていたからどうってことはない。まあこの部分が意外とわかりにくいのかもしれないので、本番前に擬似的に個人認証を体験できるようにするともっと普及するのだろうな。適切なたとえかどうかわからないが、公的個人認証は電子的な印鑑証明みたいなものだと思えばいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金曜日)

原口擁護の声が強いようだが

ネットユーザーやフリージャーナリストたちは原口総務大臣の「twitter津波情報発信」に圧倒的に好意的らしい。しかし多数派が正しいとは限らない。この国は、もはやいとも簡単に同じ方向に皆がなびく風潮が出来てしまったようだ。それは大東亜戦争前と同じではないのかな。

J-castのニュースによると、

原口総務相は3月2日の衆院総務員会で

「記者会見では『なりすましが起こるのではないか』という指摘もあったが、5万人もフォローするとなりすましはできない。私は消防庁の危機管理室で陣頭指揮していたので、リアルタイムですべての情報がわかる。それを国民に示すことが、この何十年に一回の危機においては一番大事だと思った」

と述べ、「ツイッターで津波情報を流したことは不適切ではなかった」という認識を示した。

だそうだが、「5万人もフォローするとなりすましはできない」の根拠がさっぱりわからんい。そうするとフォロワーが60人そこそこの私の場合は、なりすましができるのだろうか(笑)。それと国民というのは原口のフォロワーの5万人だけか。Retweetというかもしれないが、それは確実性があるわけではなく、しかもそれとて「国民」にはほど遠い。

黒鳩総理もそうだが、国民、国民と連呼するのが好きだが、自分の都合のいいようにこの言葉を弄ぶのはやめてもらいたいものだ。

そもそも最大津波が襲来する前に、twitterのサーバがダウンするとか最悪の場合いきなりサービス停止ということだってありうるのだ。それでも責任取れるのか。これだけネットを性善説で捉えているユーザーが多いのでは、ウィルスの作者たちは笑いが止まらないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧