2014年1月 5日 (日曜日)

あけましておめでとうございます

相変わらず放置状態のブログですが、本年もよろしくお願いします。
毎年、新年早々に迎える誕生日。今年は8の倍数の年齢になるのですが、過去40歳と48歳の時に体調不良があったので、今回は3度目の正直で無事に乗り切れればいいなあと思っています。と言いつつ正月から食べ過ぎた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火曜日)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

発言の主体がツイッターになってしまったので放置状態のブログですが(笑)、閉鎖はしませんので、本年もよろしくお願いします。

今年は親学やEM菌、ナノ銀除染などの偽科学に嵌まっている下村博文・文科大臣の言動を監視していくのが課題の1つだと考えています。震災復興やエネルギー問題にも目が離せません。もちろん経済再生もです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土曜日)

自分に活を入れないとな(苦笑)

ブログ放置が1ヶ月半以上になってしまった。
ここ数日、首が痛くて、その影響か背中から腰まで痛い(程度が軽いけど腰痛が復活してしまった)。

超新星の発見とGCT(所謂フリーゲージトレイン)について書こうと思っていて、ネタもあるのだけど、とりあえずは予告編ということでご勘弁を^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木曜日)

夜空を見上げて(坂本九の歌ぢゃないよ)

冬の夜空は星が綺麗である。先日明け方の金星やら何やらの話を書いたばかりだが、夜はやはり冬の大三角形が目立つ。あまり上の方を見上げなくてもベテルギウス、シリウス、プロキオンのつくる三角形はわかりやすい。

しかしそのベテルギウスはいつ超新星爆発してもおかしくない状態だという。それはそれでワクワクする。できれば生きているうちに超新星爆発を目にしてみたいものである。

さてと、冬の大三角形には指定席のないオリオン座のβ星リゲルだが、より大きな「冬のダイヤモンド」の一角は占めている。シリウスとプロキオンはこちらにも指定席があるので、このワンちゃんコンビは冬の夜空の主役ということだろう。

そのオリオン座の三つ星を緩やかな弧状につないだ線を向かって右の方に伸ばしていくと牡牛座のα星のアルデバランがあり、逆にオリオン座の遙か左上には双子座のカストルとポルックスがある。このあたりの星になるとかなり高度があるので見るためには、相当首を後方に曲げないといけない。

そして冬のダイヤモンドを構成するもう1つの星、馭者座のα星カペラ。こいつも相当明るい(008等星で全天で6番目の明るさだとさ)のだが、今の時期22時くらいだとほぼ真上に近い位置にある。これはもう首を曲げるなんてものではなく、ラジオ体操よろしく後方に大きく背中をそらさないと長い時間見られない。まあ寝転べばいいんだけどね(笑)。でもってこれはこれでストレッチになりそうなのである。

いささか冷え込むこの冬だが、ちょいと外に出て、身体を大きく後ろに反らせて冬のダイヤモンドの観察とストレッチで心身のリフレッシュをして見るのも一興である。ただし風邪引かないように暖かくすることをお忘れなく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火曜日)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も気が向いたら、ぼちぼち新しい記事を更新していくつもりです。適当にお付き合い下さい。
また併せてツイッターの発言もご覧いただければ幸いです。

新春早々体長を崩しかけましたが、なんとか寝込まずに持ち直しました。
昨日は、卒業以来はじめて開催された小学校の同窓会に参加して、懐かしい顔に再開しました。
50過ぎているのに女性陣があまりオバサン化してなかったのは慶賀の至り(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火曜日)

今月はだらだらと過ごしてしまった

8月も終わりかあ。ブログ初めて満6年が経過。

最近は、思いついたらすぐに書き込めるので、twitterに散発的に(時には集中して)書き散らしているけれど、そのせいかどうか、長めの文章を論理的に構成するという能力が衰えてきているかもしれない(笑)。この夏は暑くて体力的にも精神的にもきついしねえ(^_^;)。

まあ世の中批判しても、似たような愚痴の繰り返しになってしまうし、民主党政権には正直もううんざりなので、twitterで皮肉っぽく突っ込むのがちょうどいいのだ。

ともあれ、明日から7年目に突入する。人生は既に下り坂だが課題も多い。細々とでも継続していくことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月曜日)

使い分け

最近は短い文章だとtwitterを使っているので、まだでしたらそちらをご覧下さい。ブログの右サイドに窓を貼り付けてあります。

中川翔子が、しばらく前にツイッター断念宣言したようですが、彼女の場合はブログの更新頻度が並みの人間のtwitter以上(笑)。人間の処理能力には限界があるので、最近はtwitterの利用が多くなってブログの更新が少なくなった、という人もけっこういるようです。

ま、短い書き込みでもきちんと記録に残しておきたいものは重複があっても、ブログにも記載するようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火曜日)

論理(包含関係)の間違い

あるブログで気になるやりとりを見つけた。ただし、ここでは特定のブログを批判することが目的ではないので、抽象化ないし一般化して、そのやりとりの問題点を指摘してみる。頭でわかっていても(数学の問題として出されれば正解できても)、議論をしていて陥りやすい穴だと思うので、自戒の念も込めてのエントリーである。

甲の「AならばBである」という主張に対して、乙から「AだがBでない例がある」という反論があった。
これに対して、甲は「AならばBである、と言ったがBでないならばAでないとは言ってない」と反論したのだが、これは高校で数学勉強した人ならおかしいことに気がつかなくてはならない。

最初の甲の主張は集合で記述すればA⊂Bということになる。つまり「AはBに含まれる」、絵で描くと図1のようになる。

これに対する乙の反論は「AはBに必ずしも含まれない」であって、図2のように表現できる。
Logic_2

ここまで来れば、忘れていたとしても「ああ、そんなことやったっけなあ」と思い出す人もいるだろう。

ところが甲の再反論は乙に対する答えになっていないのである。「AならばBである、と言ったがBでないならばAでないとは言ってない」というのが間違いだからだ。「BでないならばAでない」は「AならばBである」という命題の対偶であり、最初の命題が正しければ(真である)、対偶も必ず正しい(真である)。言い換えれば「AならばBである」と言った瞬間に、「BでないならばAでない」と言ったのと同じことになり、この反論は「Cは正しいとは言ったがCが正しいとは言っていない」という自己矛盾になってしまう。

図1で「Bでない」というのは大きい方の円の外側の領域であり、「Aでない」は小さい方の円の外側の領域だから、「BでなければAでない」のである。

今回遭遇した例で言うと、甲の主張者の間違った反論に対して、乙が負けましたと降参してしまっている。議論する時には、議論が白熱すればするほど冷静沈着でありたいものである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火曜日)

さて9月1日である

最近はヨタヨタ気味だが(笑)、なんのかんのとこのブログも丸5年を経過した。今日から6年目に突入である。
アテネ五輪(1896年の第一回ぢゃないよ)の雑感から始まって、郵政民営化選挙、安倍内閣の元で自民党参議院選挙代敗北、そして自民党の政権たらい回しと来て、ついに一昨日の総選挙は歴史的な結果(とりあえず選挙結果についてだけ。日本が急速な転落・衰退を招くきっかけとならないことを祈るばかりである)となった。

多分はずれると思うけれど、エセ科学の臭いがプンプンするNPO法人のe-PISCOが発生予測時期を延ばしに延ばしている首都圏直下大地震。その延ばした9月であり、86年前の昼には「大正関東地震」(いわゆる関東大震災)が起きている。「政権交代」に浮かれて、防災をないがしろにして欲しくないものである。ただし、地震予知に予算をつぎ込むような「ばらまき」は止めて欲しい。観測網の充実や研究予算の確保は大切だが、行き過ぎると「地震予知学者」の利権を拡大するだけである。どうせコストパフォーマンスからみれば割に合わない大地震の予測である。同じ金をかけるなら、災害に強い都市づくりに傾注すべきである。

子供手当もいいけれど、民主党の幹部で野田佳彦氏はかなり前から学校の耐震化の遅れを指摘しており、近年進みつつはあるものの、少子化による学校の統廃合などもあり、少子化対策と学校の耐震化の推進は二律背反的な面を持っているといえる。しかし、この際思い切った学校の再編と合わせた施設の防災対策(ただし過剰にやることはない。ゼネコンが喜ぶだけだ)を進めてはどうだろうか。

いくら子供手当をばらまいたところで、急速に生産年齢人口(統計的には15〜64歳)が回復するわけでもなく、また移民政策も歴史的に成功している国がないことから期待できない。そもそも移民を安い賃金で単純労働でこき使おうとしても、より人件費の安い外国に勝てるはずがないのだ。単純労働で1000万人の移民を受け入れて、表面的に人口減少を繕うのではなく、もっと知的レベルの高い少数精鋭の外国人を受け入れた方がよい。様々な面で日本に関心を持って、日本に居住し、日本を理解し、日本語に堪能な外国人は今でも少なくない。そういう外国人を増やすことで、新たな産業の展開や経済成長の可能性もあるのではないだろうか。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木曜日)

ブログパーツ貼り付けご容赦

amazon.co.jpの書籍のアフィリエイトのリンクは前から貼り付けていますが(更新してない(^_^;))、自分で利用するネット通販で自分に還元されるサイトがあるので、Linkshareと契約して新たに別のアフィリエイトのブログパーツを貼り付けることにしました。基本的に自分用なのですが(笑)、もしもよろしければご利用いただければ幸いです。

まずは、具体的にソフトウェアの購入予定のあるJustsystemのJust My Shopのリンクを右のサイドバーに貼りました。Intel MacでWindowsを動かすVM fusion wareがこのショップで安いので利用しようかな、と考えています。試用期間が過ぎたら多分カスペルスキーも(^_^;)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)