« 謹賀新年 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013年7月 1日 (月曜日)

月(天体じゃなくて暦)の名前

全く予定も予算もないのだが、一度極東ロシアに行ってみたいなあ、と思うようになった。昨年のNHK教育テレビのロシア語講座でシベリア4都市紀行というのをやっていて(再放送だけど)、テキストを購入して録画したのを今になって少しずつ見ている。一方で今年の新作サンクトペテルブルク編も閉講して視聴中。

ということで、少しロシア語に馴染んできたのだが、月の名前は全て英語やフランス語などと同じ語源である。例えば7月は英語のJuly、フランス語のJuilletに対してロシア語はйюль。欧州の主要言語はだいたいこのパターンであろう。

要するに面白くはないのである。日本語の1月、2月…、に比べればましとも言えるが、9月から12月は7〜10の数詞がベースだからやはり似たようなもの(笑)。

さて、その日本語には睦月、如月、弥生、卯月…師走という旧暦の月の呼称があり、こちらは風土や文化とも関連した独自の呼称である。

フィンランド語の月の呼称がやはりtammikuu,helmikuu,maaliskuu,huhtikuu,…,joulukuuといった呼称で、意味のある名詞(原義が不明のものもあるが)+月(kuu)で日本の旧暦の呼称と同類であるようだ。

面白いのは、ロシア語と同じスラブ系の言語のチェコ語(と言ってもロシア語は東スラブ、チェコ語は西スラブで「遠い親戚」だが)である。曜日の名前はロシア語とチェコ語で語源が共通していると思われるものが多いのに対して、月の名前に関してはチェコ語は独自なのである。1月はledenといい、これは氷が語源のようだ。以降12月まで全て同様。6月から8月もローマ皇帝由来の言葉ではないのだ。

11月はlistpadというが、これは葉が落ちるという意味らしい。日本語では旧暦8月が葉月だが、こちらも季節的には葉の落ちる時期である。同じような発想だが時期が違うのが気候の違いを繁栄しているといえよう。

だから何だという一種のトリビアであるが、いろいろな外国語をかじるとこういう比較が出来て、外国の歴史や文化の一端が垣間見られるようで面白い。

|

« 謹賀新年 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/57702266

この記事へのトラックバック一覧です: 月(天体じゃなくて暦)の名前:

« 謹賀新年 | トップページ | あけましておめでとうございます »