« 専門家を排除しようとする風潮 | トップページ | 謹賀新年 »

2012年9月25日 (火曜日)

我が儘な滋賀、京都と大阪。JR東海は我が道を行くべし

JR東海の山田社長が吠えている。結構なことである。東海道新幹線という収入源を有して経営基盤がしっかりしているのだから、政治の介入を拒否するのは民間企業としては当然のことだ。何のための国鉄の分割民営化だったのか、国や地方自治体はもう一度よく考えてみる必要がある。

まずはこれ。
「滋賀に新幹線新駅あり得ない」JR東海社長、明確否定

このおばちゃん知事は、原発再稼働でもトチ狂ったことを言っていたが、この件では虫が良すぎるだろう。JR東海からすれば何を今更である。リニアの開業で東海道新幹線がローカル化することは間違いないが、ひょっとすると北陸新幹線の乗り入れということも考えられるし、リニアの名古屋開業時点では名古屋・新大阪間の幹線としての位置づけは継続する。

次はこれ。
リニア中間駅 京都駅併設は困難 JR東海・山田社長
続き

ここでも、法律を読めというJR東海の姿勢は正しい。行政が法律を無視してどうなるのか。
古都だの国際観光都市だの言えば何でも通ると思ったら大間違いだ。東海道新幹線の時も京都は駄々をこねた歴史がある(「ひかり」は当初京都を通過する予定だったのを停めさせた)。リニアの輸送スタイルを考えれば、以前にも書いたように航空機に近いのだから、出来るだけ直線に近いことが望ましく、そうなると京都駅乗り入れなどというのは滋賀にも、もとい歯牙にもかからない要望である。

そして最後は大阪。
我慢も限界?リニアの大阪早期開業「ありえない!」 JR東海の山田社長
続きその1
続きその2

気持ちは分かるが、やはり無理を言ったらいかん。以上。

|

« 専門家を排除しようとする風潮 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/55739532

この記事へのトラックバック一覧です: 我が儘な滋賀、京都と大阪。JR東海は我が道を行くべし:

« 専門家を排除しようとする風潮 | トップページ | 謹賀新年 »