« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月11日 (水曜日)

縦揺れがないけれど

先日、某所で地震の揺れのシミュレーションを体験した。

過去の地震の揺れを再現するという物で、10以上の地震がメニューにあるのだが、待っている人もいて自分で選んだり複数選択することは出来なかった。私の順番で係員が選択したのは兵庫県南部地震(所謂阪神大震災)の震度7という揺れ。

実際に体験したことが内のでかなり緊張したのだが、実は揺れてみると拍子抜け。
原因は椅子にあると思う。揺れは座っている椅子の動きで再現されるので、縦方向には全く揺れないのだ。実際の兵庫県南部地震は直下型ということもあり、縦揺れが激しかったのだろうが、それが再現されていないことで、予期していたよりも揺れが弱く感じられたのだと思う。

ただし横方向の揺れは相当のもので、もはや揺れというよりは「ずれ」と言った方が適切である。
達磨落としにもしもなったとしたら、叩かれた時にはこんな感じなのだろうなあ、というくらい横方向の力は強かった。立っていて後ろ向きにあの力が加わったら、間違いなく転倒する。もっとも震度7ではそうなる前に立っていられないのだが、仮に四つん這いになっていたとしても、宙に浮いてすっ飛ばされるような感覚なのだろうと想像される。

さて、機会があったら今度は椅子型のシミュレーションでなく起震車にでも乗ってみよう。過去に一度乗って震度6は体験したことがあるが、可能ならば震度7を試したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »