« 「高齢出産」が困難なことに変わりはない | トップページ | 縦揺れがないけれど »

2012年3月11日 (日曜日)

東北地方太平洋沖地震から一年だが

予想通りというのか予定調和というのか、テレビも新聞も特番、特集記事のオンパレードだ。
テレビ東京だけがいつも変わらない番組編成なのも予想通りである。

今月に入ってから今日に向けてクレッシェンドがかかっていた。私は勝手に3月ジャーナリズムと称している。恐らく8月ジャーナリズムと違って60年も持たないだろうところが違う点だが、客観報道から離れてお涙頂戴だの祈りだと風化させるなが満載だ。

正直言って見る気がしないし実際に見ていない。
備えは必要だ。復興も必要だ。被害者の追悼も一年忌だから当然だ。

しかしマスメディアがこれでもかこれでもかと圧倒的な映像と音声で迫ってくるのは勘弁して欲しい。
大阪大の菊池誠教授(キクマコさんの方が通りがいいだろう)は今日の午前のツイートで「BGMは不要。効果音も不要。不要というより邪魔」で批判していたが、全く同感である。必要以上に感情に訴えて刺激するので邪魔と言うより害悪ですらあるかもしれない。

反原発のデモなどというピントはずれの騒ぎをしている連中もいるようだ。自分勝手な正義感を振りかざす輩が被災地とは関係ないところに大量に湧いて出てきたのもこの一年だった。収まる気配はなさそうなのでこういうNoisy minorityはもう無視するしかない。もはや絆だの心を1つにだのがんばろう日本などといった言葉は空しいだけである。

心臓の手術の後の経過がよくなく、胸に水が貯まったのを除去して4日しか経過していない天皇陛下が恒例にも拘わらずお言葉を発せられたのには頭が下がる。これには感銘を受けた国民も多いはずだ。陛下のお気持ちに感謝しつつ、それぞれの立場で出来ることを今後も淡々とこなしていくことが肝要だし、それしかないのだろうと思う。

|

« 「高齢出産」が困難なことに変わりはない | トップページ | 縦揺れがないけれど »

コメント

>絆だの心を1つにだのがんばろう日本などといった言葉は空しいだけである

全く同感です。更に追悼式で台湾を冷遇した日本。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120312/plc12031221040009-n1.htm

台湾を国と認めるか認めないか以前に、多額の支援をして下さった方々に対して、満足に礼が出来ないとは人間失格、いや国家失格でしょう。外務省の意向でしょうが、政治家とは役人を利するのが仕事ではないはずです。最も、政治家の質はその国の民意の質を表すといいますから、日本人とはその程度のものということでしょうか。

投稿: outlaw | 2012年3月13日 (火曜日) 13時26分

>>outlawさん

日本が国家承認していないパレスチナの代表は他の国と同様に扱われているようなので、民主党売国政権と外務省チャイナスクールが呼応した意図的な扱いだったのでしょうね、きっと。

震災1年をきっかけに、また「放射脳」がないことないこと騒ぎ立てていて、自分たちのイデオロギーのためには被災者も利用する。阿漕な奴らです。

そういえば昨日、最寄り駅で日赤に義援金を、と募金活動しているグルーブがいました。日赤の義援金の配分にもいろいろと問題があるようですが、それを別にしてもこいつらは便乗しているとしか思えません。本当に日赤に金を届けるのかも怪しい。必要と思えば個人個人が直接日赤の口座に振り込めばいいだけのことです。

良識ある多くの国民は粛々と自分のできる範囲で無理せず被災地復興に協力することですね。

投稿: フロレスタン | 2012年3月14日 (水曜日) 12時37分

NHKの”海外から見た福島原発”という番組で、スイス、ドイツでは盗電と同じ建設時期から、ベントは手動で出来るように、福島と同じマーク1の小さすぎる容積の原子炉容器という欠点を補うために建屋を頑丈に作ったり、全電源喪失がないように水没させないなどの工夫がされていたことを報道していました。もちろん、GEやアメリカ政府はビジネス上、補強しないでも十分安全との見解だったわけですが、原子力発電という巨大技術と万が一に想定される事故に懐疑的だったわけです。翻って日本の反応は、アメリカやGEが言ってるんだからそれでいい、スイスの原発技術者が盗電に助言しても、にこにこしながら必要ないと答えたそうです。

金融の分野では、日本人の想像力、創造力の欠如を痛感せざるを得ないのですが、こと、製造業でも

日本人って、馬鹿なんですかね??

投稿: outlaw | 2012年3月17日 (土曜日) 07時33分

 タイトルの「震災から1年だが」は、「地震から1年だが」のほうがいいのでは。
 というのも、震災とは地震の被害だから、まだ震災は続いていると思うんですよ。地震のことも震災というそうですが、それはいかにもマスコミ的な言い方ですよね。
 大正関東地震―関東大震災の真似をして、マスコミは阪神大震災だの東日本大震災という名前をつけていますが、いつまでも大げさに報道してやるって気が満々の命名です。
 個人的には、阪神大震災と東日本大震災というのは、軽々しいマスコミ的な名称で、好きではありません。

投稿: 狩野ATOK | 2012年3月18日 (日曜日) 03時54分

いえいえ、それならもっと本質を突いた

”東京電力原発事件”

から一年とした方が、事の重要性が風化されないのではないでしょうか?

投稿: outlaw | 2012年3月18日 (日曜日) 16時29分

>>お二人へ

日本人がバカというより、東電社員の一部がバカなだけでしょう(笑)。

あと、見出しは「震災発生から」とでもしておきましょう。
いや、地震の名称に変更しよう。東日本大震災という公式名称には今でも違和感があることも事実。

投稿: フロレスタン | 2012年3月18日 (日曜日) 22時01分

確かに地震の名前って長いですけどね…原発事故の歴史的名称としては、東京電力原発事件というのはいいかも。それにしても、経営学者によると株式会社の持ち主は株主だそうですね。この事件の責任者として、東電の持ち主である株主にも責任をとってくれといいたいですよ。(実は天皇陛下も株主だそうですけど…)

投稿: 狩野ATOK | 2012年3月18日 (日曜日) 22時27分

>日本人がバカというより、東電社員の一部がバカなだけでしょう(笑)。

あとは不(保)安院もですね(笑)。

しかし、放射性物質を撒き散らしてくれるとはとんでもないことをしてくれたもんです、東電は。

放射線強度が人体に与える研究結果はいろいろあるようですが、少なくとも日本の国土は福島を含めて汚染されたわけです。日本が放射線研究の実験場になってしまった責任を給与や年金などのフリンジベネフィットの大幅削減などで取って欲しいものです。もちろん株主も。

私達は本来、モルモットではないのですから。

投稿: outlaw | 2012年3月19日 (月曜日) 11時18分

政府はようやく、半永久的に再び居住できない地域があることを認めざるをえなくなってきたようですね。

つまり、取り返しのつかんことをしてしもたと。

それを、認めんことからは何も始まらんのですけどねえ。

投稿: wagonthe3rd | 2012年4月 6日 (金曜日) 18時40分

こんな記事書かなきゃよかったなあ、と思う今日この頃。

投稿: フロレスタン | 2012年4月 6日 (金曜日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/54197553

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震から一年だが:

« 「高齢出産」が困難なことに変わりはない | トップページ | 縦揺れがないけれど »