« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月11日 (日曜日)

東北地方太平洋沖地震から一年だが

予想通りというのか予定調和というのか、テレビも新聞も特番、特集記事のオンパレードだ。
テレビ東京だけがいつも変わらない番組編成なのも予想通りである。

今月に入ってから今日に向けてクレッシェンドがかかっていた。私は勝手に3月ジャーナリズムと称している。恐らく8月ジャーナリズムと違って60年も持たないだろうところが違う点だが、客観報道から離れてお涙頂戴だの祈りだと風化させるなが満載だ。

正直言って見る気がしないし実際に見ていない。
備えは必要だ。復興も必要だ。被害者の追悼も一年忌だから当然だ。

しかしマスメディアがこれでもかこれでもかと圧倒的な映像と音声で迫ってくるのは勘弁して欲しい。
大阪大の菊池誠教授(キクマコさんの方が通りがいいだろう)は今日の午前のツイートで「BGMは不要。効果音も不要。不要というより邪魔」で批判していたが、全く同感である。必要以上に感情に訴えて刺激するので邪魔と言うより害悪ですらあるかもしれない。

反原発のデモなどというピントはずれの騒ぎをしている連中もいるようだ。自分勝手な正義感を振りかざす輩が被災地とは関係ないところに大量に湧いて出てきたのもこの一年だった。収まる気配はなさそうなのでこういうNoisy minorityはもう無視するしかない。もはや絆だの心を1つにだのがんばろう日本などといった言葉は空しいだけである。

心臓の手術の後の経過がよくなく、胸に水が貯まったのを除去して4日しか経過していない天皇陛下が恒例にも拘わらずお言葉を発せられたのには頭が下がる。これには感銘を受けた国民も多いはずだ。陛下のお気持ちに感謝しつつ、それぞれの立場で出来ることを今後も淡々とこなしていくことが肝要だし、それしかないのだろうと思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土曜日)

「高齢出産」が困難なことに変わりはない

2月14日のNHKクローズアップ現代で「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」(テキスト部分のみの魚拓はこちら)が放映されて、少なからぬ女性が衝撃を受けたようだが、アンチエイジング、某政治家の人工授精による出産、高齢芸能人女性の妊娠のニュースなどで惑わされて何歳になっても子供は産めるとでも思っていたのだろうか。

高齢芸能人に関しては、妊娠だけがニュースになって目立つから、実際には妊娠しにくいということに気がつきにくいのだろう。また産んだ後の苦労の話はほとんど報道されない。

ところが、3月1日にこんなニュースが登場した。
卵子は次々に作られる、幹細胞の新研究ウェブ魚拓

仮にティリー氏による卵子の幹細胞の存在という「ミクロの現象」が事実だとしても、その発見によって高齢出産が容易になるわけではない。それは長い歴史の中で多くの女性が証明している「マクロの現象」である。

1度に受精できる卵細胞は1つである。卵子が完全に入れ替わる訳ではないから、幹細胞によって新しく生まれた「新鮮な」卵子が常に受精の対象になるとは限らないだろう。

報道によると、ティリー氏も「出産年齢の女性の卵巣にこうした卵子の前駆細胞があることと、年齢を重ねると生殖能力と卵巣の機能が低下するという事実とはまったく矛盾しない」と言っているので、加齢による卵巣の機能低下までは否定していない。

科学的に新たな発見があったとしても、ミクロなメカニズムが書き換えられるだけで、普遍的に見られるマクロな現象を変えるわけではない。もちろん、今回の話題に関して言えば、卵細胞を全て新しいものに置換できるような技術が開発されれば話は別であるが、そういうことではない。

仕事を持っていようが持っていまいが、子供が欲しい女性が20代のうちに安心して出産・育児のできる環境をどうやって実現するか、改めて考える必要があるだろう。例えば専門的な仕事などであれば、出産前後の産休はやむを得ないとして、妊娠中や子育て中の自宅就労などを積極的に採り入れてもよいと思う。そういうことが可能な条件はITなどで揃いつつあるはずである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金曜日)

お天気を伝える側の表現がおかしい

表現がおかしいというよりは、その根本にある捉え方がおかしいのかもしれない。

早いものでもう3月に入ったが、閏日の先月29日にかなりの降雪があった。

テレビのニュースや天気予報では「もう3月になろうとしているのに」という表現が多く聞かれたが、こちらの方が違和感がある。

気象庁のデータで東京の過去の3月の降雪合計を見てみると、2005年に2cm、2004年・2001年・1999年・1993年・1992年・1989年・1985年・1983年・1982年に0cm、1998年に6cm、1996年に0cm、1995年に2cm、1988年に1cm、1987年に5cm、1986年に10cm、1984年に3cmとなっている。(0cmは降雪があったが1cmに達していない)。なお、1988年は4月に9cmの積雪を1日記録している。1981年以前では1973年以降毎年3月に積雪が記録された。データによれば1960年代には4月でも東京に降雪が記録された年が複数ある。

1986年は春分の日に9cmの積雪があった。知り合いの結婚式の日(私は呼ばれていないが)だったので、「3月の大雪」として記憶している。

最近でこそ3月の降雪は少ないが、こうしてみれば3月の東京に雪が降ることはそれほどおかしいことではない。

いつ頃からだろうか、天気や季節というのは安定しているものという前提でマスメディアが情報を流すようになったように感じる。前にも述べたが、過去30年の平均値である平年値の「平年」という言葉が人を騙すのだ。

極端な例を言えば、30年間年平均気温が毎年15℃でも、1年おきに0℃と30℃を繰り返しても、年平均気温の平年値は15℃である。では、前者は安定した気象で後者は異常なのだろうか。人間の直感からすればそうだろうが、毎年同じ気温などというのは、それはそれで異常である。

つまり、毎年同じ気象条件などということはあり得ず、寧ろ毎年が「異常気象」の連続と言った方がよいと思うのである。前の年と違う気象条件だと特に異常だ、異常だと騒ぎやすい。似たようなことが過去にあっても人間は忘れる動物だから、今初めて異常に遭遇したような気になるのだろう。それはそれで生存のための本能なのかもしれないが。そして、安定した気象を前提にするから、「地球温暖化問題」でも過剰反応をしてしまうのだろう。

立春を迎えたのにまだ寒い、というような表現をするアナウンサーや芸能人もいる。

立春というのは寒さのピークなのだ。そこから徐々に暖かくなっていく。文字通りあくまで春のスタートであるから寒くて当然である。春という文字だけを見ているからおかしなことになる。公共の電波を使って天気ネタをしゃべるのであれば、一度旧暦や二十四節気あたりについて勉強してからにしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »