« あけましておめでとうございます | トップページ | 石原慎太郎の「妄言」 »

2012年1月 8日 (日曜日)

糞坊主の話

戒名というものについて実は常々考えている。要するに信心もなければお布施も修行もしてないのにいらねえんじゃねえか、ということである。戒名料が高ければ位が高くなるという法外な金がかかるのもバカバカしいし、その元になっている檀家制度という「江戸時代の負の遺産」にも疑問を持っている。

読者諸兄の中には僧職の方もいらっしゃるので、こういう本音を言うと、何か言われそうであるが、実は高校の倫理社会の授業を受けた頃からずっと思っていることなのである。

そういう小生の高祖父は曹洞宗の僧侶であった。その息子の私の曾祖父が母(私の高祖母)に早く死なれたために、跡を継ぐことがなくなり、しかも私の祖父も長男ではなかったので、跡を継ぐ運命にはなかったのだが、檀家の一員としては「宗教改革」をやってもよいのではないかと最近考えるようになった。実際にはド田舎の人間関係のどろどろしたところで、しかも東京に出てしまった私が仮に戻っても簡単ではないことは明らかなのだが、このあたりは父といずれは相談しなくてはならないかもしれない。

私の高祖父の跡を継いだ住職は長命で、私が小学生の頃まで存命であった。そのために子供の私にいろいろと話をしてくれる機会もあった。具体的な内容はほとんど覚えていないのだが、話しぶりや人格には子供ながらに感銘を受けたものである。その住職はご子息を戦争で亡くしたため、続けて血縁関係ではない人間が住職を継ぐことになった。

しかし皮肉なことに現在の住職はなんと私の従兄の同級生なのである。血縁ではないというものの世の中狭い。田舎は尚更である。白川晋爾という。

その住職が立派であれば文句はない。しかし金銭関係や女性関係などで若い頃からよくない噂が絶えなかった。ついには昨年10月に、自動車でたこ焼き屋に突っ込んで3人に重軽傷を負わせてしまった。酒は飲まないので酔っ払い運転ではないようだが、それならなおさら悪い。還暦過ぎた宗教人のやることではないだろう。

しかもである、突っ込んだたこ焼きやの名前が「タコボーズ」なのである。出来すぎている。悪い意味で。タコボーズのブログを見ると、怪我人を助けることもなくふんぞり返っていたようだ。まあ白川ならいつもふんぞり返っているからさもありなんである。情けないことだが。そもそも怪我人の手当てをしない時点で重ねて道路交通法に抵触している。

昨夏のお盆の時も、秋のお彼岸は体調が優れないために休業します、などと予告していたのである。何で1ヶ月も先の体調不良がわかるのか(笑)。

要するに、こんな奴に金を払って戒名などもらいたくないのである。自分で生前戒名を考えることにでもするか。何かいい考えはないものだろうか。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 石原慎太郎の「妄言」 »

コメント

やはり、お釈迦さんの弟子の印である戒名は、漢字ではなく、パーリ語せめてサンスクリット語でつけるべきやと思います(笑)

投稿: wagonthe3rd | 2012年1月11日 (水曜日) 03時23分

>>wagonthe3rdさん

それいいんですが、オウム真理教の信者みたいになってしまいますねえ(笑)。

投稿: フロレスタン | 2012年1月11日 (水曜日) 11時15分

いや、すごい坊さんでした。
告別式の始まる前に、「告別式の後、初七日法要の間に2,3分あるからその時にお布施をこのもってきてください」ですって。
字は下手だし、お経も下手だし、50万ですって。

母の葬儀でしたが,,,,,腹が立ってます。
お寺を替えたい。いい知恵があったら教えてください。

投稿: まさ | 2013年2月20日 (水曜日) 18時01分

まささん

不行状な坊主で申し訳ない。私も檀家から外れたいのです^^;

下中居の普門寺に相談されてみてはいかがでしょうか。

投稿: フロレスタン | 2013年3月 1日 (金曜日) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/53688431

この記事へのトラックバック一覧です: 糞坊主の話:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 石原慎太郎の「妄言」 »