« 地震学者は狼少年化するのか | トップページ | 年のせいか風邪が治りにくいわい(笑) »

2012年1月29日 (日曜日)

座布団を固定しろ

大相撲初場所は、苦情付きながら把瑠都が優勝した。苦情は立ち会いの変化に対してだが、とっさに変化したとすれば責められないだろうが、大関たるものそうならないように日頃から心身の鍛練をすべきだと言われると私には反論できない(笑)。来場所で把瑠都がまた優勝してしまったら、外国人嫌いの連中は上を下への大騒ぎだろうな。それはそれで見てみたい気もする。

さて、その把瑠都が変化した勝った一番だが、最近相撲に対する関心が薄れているので中継を見なかった。
新聞記事によると例によって座布団が乱舞したようだ。

こういう時には必ず「危険ですから座布団を投げないでください」とアリバイ的に館内放送で注意がなされるのだが、そんな光景はもうかれこれ50年近く見続けている。1度だけ両国で生で相撲を観戦したことがあるが、座布団を投げるなという注意書きがあったと記憶している。

本当に危険だから投げるなと言うなら、座布団は座席に固定しろ。
八百長問題やら年寄株の問題やら、様々な相撲協会の負の体質は本質的に変わっていないと思うが、それとは別に観客の身の安全が守れないような組織に公益財団法人に地位を与えることを許すべきではない。

大学時代の恩師の1人でもある伊藤滋氏が外部理事を退任するが、これまた報道によると伊藤氏も含めて退任する3人の外部理事は協会改革の道筋がついたような口ぶりだが、恐らく社交辞令だろう。

相撲協会の公益裁断法人移行問題では、監督官庁である文科省の断固たる姿勢を望む。

|

« 地震学者は狼少年化するのか | トップページ | 年のせいか風邪が治りにくいわい(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/53853058

この記事へのトラックバック一覧です: 座布団を固定しろ:

« 地震学者は狼少年化するのか | トップページ | 年のせいか風邪が治りにくいわい(笑) »