« 存在感がないよなあ | トップページ | 利権維持のための巻き返しか »

2011年10月 2日 (日曜日)

いつの間にかプロ野球も終盤戦

寒いさなかに起きた東北地方大洋沖地震による災害も、チンタラ政府のせいで復興が進まないまま暑い夏を迎えて、それも過去の話になりつつある今日この頃。半袖で外に出たらちょいと寒かったわ(笑)。

メジャーリーグはレギュラーシーズンが終わって、イチローの年間200安打がついに11年目で途切れた。まあ、今年の5月以降の成績では絶望的だとはわかっていたが、終盤になって残り3試合で18安打必要なんて状況になって、現実のものに。松井秀喜もあまりパッとしない成績に終わったし、他の選手達もいるんだかいないんだかわからない年だった。強いて言えば、あと活躍したのはドジャースの黒田博樹くらいか。

日本ではパ・リーグでソフトバンクがリーグ優勝だが、こちらは鬼門のポストシーズンが待っている。
ダルビッシュも20勝越えかと思ったけれど、勝ち星のペースが終盤に落ちて、現在17勝。楽天のマー君が追いついてしまった。西武は追い上げたけれど、ポストシーズンはどうなのかね。あとは渡辺監督の去就だ。昨年「下剋上日本一」のロッテは最下位に沈んでいる。いろいろと内紛もあるみたいね。

セ・リーグも真ん中の団子状態がだんだん解消されてきた。案の定というべきか、来季も指揮をとる、と決まったら広島カープは勝てなくなった。指定席の五位はほぼ確定だな(笑)。ファンから見放されている真弓監督の阪神よりも下なんだから、やはり野村監督も指揮官としての能力には疑問符が付くよね。厨知日の落合監督も首だが、来年の監督が70歳ってえのは何だかねえ。立浪へのつなぎらしいが、この球団も監督には生え抜きに固執する体質があるようだ。はてさて、このまま首位のヤクルトが逃げ切れるかどうか。そして横浜ベイスターズは来季どうなるのかね。

|

« 存在感がないよなあ | トップページ | 利権維持のための巻き返しか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/52890960

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にかプロ野球も終盤戦:

« 存在感がないよなあ | トップページ | 利権維持のための巻き返しか »