« 今更ながら確率って難しいよね | トップページ | あんたらが間違っちゃいかんだろう »

2011年6月 1日 (水曜日)

疑似サマータイムなら文句は言わない

6月である。既に関東以西は梅雨入りもした(個人的には梅雨入りかどうか何てどうでもいいと思っている)。旧暦ではかろうじてまだ4月(今日は旧暦で4月30日)ではあるが。

電力不足が懸念されるこの夏、企業の中には始業時間を繰り上げる「疑似サマータイム」を実施するところもある。一律に時計の針を進めるDST(Daylight Savng Time、いわゆるサマータイム)は中緯度の日本にはあまり意味がなく(北海道東部あたりと九州あたりで実質1時間程度の違いがあるので生活感覚の違いがあることは間違いないが)、社会の混乱を引き起こすだけなので、私は以前から反対である。

そもそも一斉に時間をずらすだけなのに電力のピーク需要を減らせるという誤解を蔓延させる罪深い存在ですらある。

しかし、時計はいじらずに、人間の行動をずらすのは、慣れの問題をかいけつしてしまえば比較的容易に実現でき、社会的な混乱も少ないだろう。両手を挙げて賛成とはいわないが、文句を言う筋合いでもない。時間をずらす企業とずらさない企業が混在すれば、通勤電車の混雑が緩和されるメリットがある。

大企業が一斉にずらしてしまうと、結局通勤ラッシュのピークが早い時間に移動するだけなので、ここは1つ「勇気」をもってずらさない企業が半数くらいになることを望みたい。日本社会は横並びだからなあ。あるいは同一車内で早番と遅番に分けてもいい。今時一斉出社の必要性がある業種なんてどれくらいあるのか。朝礼なんて莫迦なことをやっているなら止めた方がいいだろう。

それにしてもいくら震災と原発事故があったからと言って、電力不足を当然のように前提として国民に不自由を強いる政治というのは一体何なのだろうか。「国民の生活が第一」などと総選挙の時に言っていた民主党は自らの無能さに恥じ入るべきである。

|

« 今更ながら確率って難しいよね | トップページ | あんたらが間違っちゃいかんだろう »

コメント

> 管理人様

元々時計のない状況でも、整然として修行していた我々仏教の僧侶は、夏の時期に起床時間が早まります。今では1時間という単位になっていますが(大体、冬期が5時半、夏期が4時半です)、個人的には修行道場的サマータイムと呼んでいます。

投稿: tenjin95 | 2011年6月 1日 (水曜日) 19時12分

>>tenjin95さん

なるほど。
まあ時計のない時代は昼間の長さに応じて単位時間の長さが収縮していた訳のと同様、自然の摂理に従った行動ということができるのでしょう。

投稿: フロレスタン | 2011年6月 1日 (水曜日) 21時29分

「疑似サマータイム」なんて、そんなん、昔から勤めていた会社でやってましたよ。スマートグリッドではないですが、電力の料金を需給に合わせて、季節、曜日、時間別にうまく設定すれば、経済原理で各企業が操業の仕方を考えるのではないですか?

ただ、労働者側も負担に合わせて賃金を調整してもらわないといけないのですが、サービス残業が横行している現状ではねえ。

投稿: wagonthe3rd | 2011年6月 5日 (日曜日) 05時39分

>>wagonthe3rdさん

おっしゃる通りだと思います。
私ゃ前からDSTは反対なので、こんな時でも皆で横並びの日本の昨今の状況に皮肉っぽくコメントしてみたわけです(笑)。

投稿: フロレスタン | 2011年6月 5日 (日曜日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51825252

この記事へのトラックバック一覧です: 疑似サマータイムなら文句は言わない:

« 今更ながら確率って難しいよね | トップページ | あんたらが間違っちゃいかんだろう »