« これじゃあ科学的根拠のないデマも広まる訳だ | トップページ | 期日前投票 »

2011年4月 7日 (木曜日)

これは明るいニュースだ

国産初の小型ジェット機、MRJ 組み立て開始

よい知らせの少ないこの頃、この話題は明るい気分になる。
前から予定されていたのだろうが、震災の影響を受けずに組み立てが開始されるのは慶賀の至り。

日本の航空は第2世紀に入った。国産の小型ジェット機が日本の空を変えることを願うばかりである。

|

« これじゃあ科学的根拠のないデマも広まる訳だ | トップページ | 期日前投票 »

コメント

> 管理人様

確かにこれは、良い話です。
三菱に期待です。

投稿: tenjin95 | 2011年4月 7日 (木曜日) 14時31分

>>tenjin95さん

無駄な公共事業と言われた地方空港が今回役に立っているという皮肉な面がありますね。例えば福島空港。

平時には無駄かもしれないけれど、災害対策には冗長性(ようするに無駄)も必要です。
発生確率の低い大災害だけを考えて、何でも無駄をすればいいというものではないけれど、事業仕分けで何でも切ってしまえば良いというものでもない。

そのあたりのさじ加減を考えた公共事業の執行という知恵が今後は必要なのだろうと思います。

小型ジェット機は地方空港の利用形態を変える可能性がある。現に静岡空港では地元資本の航空会社が小型ジェット機を運行しています。これが国産でとなると直接のメリットや間接的な経済効果も見込める。輸出産業としても有望でしょう。現にANAは既に発注済みとのことですし。

投稿: フロレスタン | 2011年4月 8日 (金曜日) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51324692

この記事へのトラックバック一覧です: これは明るいニュースだ:

« これじゃあ科学的根拠のないデマも広まる訳だ | トップページ | 期日前投票 »