« 指標が先か事例が先か | トップページ | ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 »

2011年4月13日 (水曜日)

放射線・放射能のおはなし

2011年4月9日に元原研職員で第一種放射線取扱主任者、環境カウンセラー事業所部門の綿貫さんの講演を群馬県立女子大講義室にて実施しました。その模様をネット動画として投稿しましたので、ご関心のある方、放射線・放射能に関して科学的な知識を身につけたいはご覧下さい。

放射線・放射能のおはなし

右のサイドバーにも同じリンクを掲載しています。
なお、閲覧にはFC2への登録が必要ですが、無料なのでお手間ですがよろしくお願いします。

|

« 指標が先か事例が先か | トップページ | ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 »

コメント

お久しぶりです。

リンク先、興味深く拝見させていただきました。
当方も、3月11日には屋内でシェイク状態になり、未だに妙なフラッシュバック系の夢を見てます。

原発は、周辺の復興も含めて、大前研一さんの公開ライブ(3月19日収録)が見事に予言的中。

当方も、ブログでFBR推進派の拙い総括と懺悔をやってます。3月30日のエントリです。また、屋内被害や下町被災の記録も残しておりますので、お時間があれば覗いてやって下さい(3月13日、15日、27日、4月3日)。

投稿: 元システム屋 | 2011年4月15日 (金曜日) 00時14分

>>元システム屋さん

ご無沙汰です。
大前さんは元々原子力屋さんですからねえ。高台住めは大きなお世話だと思いますが(被災者の人達が決めることなので)。地震学者の石橋さんの指摘も当たったし、こうすればこうなる、という理屈通りに(悪い方にだけれど)進行してますね。

最近、そちらのブログは見ていませんが(自分のも長いこと放置に近かったくらいでw)、後ほど下町の被災状況など拝見しに行ってみます。

投稿: フロレスタン | 2011年4月15日 (金曜日) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51379042

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線・放射能のおはなし:

« 指標が先か事例が先か | トップページ | ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 »