« ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 | トップページ | 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) »

2011年4月20日 (水曜日)

ぎりぎり生きてるセーフティネット

我が家には私大に通う子供が2人いて(2人とも新4年生)、しかも片方は理工学部なので授業料が半端な額ではない。当然日本学生支援機構の教育ローン(所謂奨学金)の支給は受けているのだが、これは将来利息を付けて返さないとならないし、これだけでは足りない。

これまでは借入も含めてなんとか支払ってきたのだが、最終学年になって財源が底をついてしまった(苦笑)。民間金融機関の教育ローンに申し込んでみたが、案の定断られた。

幸か不幸か年収が下がったため、日本政策金融公庫の教育ローンの基準を下回ったので、ダメ元で申し込んでみたら、融資を受けられることになった。卒業後の借金返済が増えるだけだが、分割して返せばなんとかなる。ともかく今金がないと話にならないのだから。過去に一度、上の子が高校生の時に公庫の教育ローンを借りて完済したのと、会社でも3回ほど事業資金を借りて完済しているのが利いたのかもしれない(もっとも三度目は途中で返済が遅れた時期があったのだが)。

いずれにしても、辛うじて国のセーフティネットに救われた形である。助かった。
日本の高等教育は金がかかりすぎる。うちの子達はそれほど出来がいい訳ではないが、金がなくて出来のいい子供達が経済的理由のために高等教育を売れられないのであれば国家的損失である。なんとかしないとこの国の将来は危うい。

|

« ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 | トップページ | 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) »

コメント

はじめまして♪

うちの上二人の娘も 今年からそれぞれ大学4年、1年で、両方とも私大で理系&音大なので(^_^;) 学費が半端じゃないです。
2人分はきついですね~。

奨学金5万円×2じゃ全然足りないです。

投稿: ぴのこ | 2011年4月21日 (木曜日) 13時01分

国立大学に行かせれば良いのでは?

投稿: outlaw | 2011年4月21日 (木曜日) 23時48分

>>ぴのこさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
私大と音大じゃあ我が家より費用かかりますね。

奨学金も学生支援機構のは実態教育ローンですし、確かに月五万ではないよりまし、というくらい。

我が家は今年度で終わりですが、下のお嬢さんが無事に卒業できるよう祈っております。

また時々お立ち寄り下さい。

投稿: フロレスタン | 2011年4月21日 (木曜日) 23時49分

能力があるけれど、お金がない人にこそしっかりした教育を施すべきで、例えば、実際にニュージーランドの公立学校では、貧しい地域ほど国の予算が回るようになっています。お金持ちで文句があるなら自分の地域の公立学校に寄付して支援するか、私立に行けということです。

そういう仕組みになっていて初めて outlaw さんのような「国立大学に行かせれば良い」というコメントが意味を持つと思います。

能力についても、単純な指標で上から順番に取るのではなく、社会的に需要の高い技能であれば、求められる一定レベルの能力がある者には、全て受け入れるべきだと思います。

投稿: wagonthe3rd | 2011年4月22日 (金曜日) 09時50分

>>wagonthe3rdさん

ご指摘のとおりだと思います。

付加すれば、社会的に需要の高い技能とは別に、基礎科学の分野(自然科学に限らない)はその時点での需要とは関係なく手当てすべきかと。例えばバイオが有望だからその分を多めに、といった政策判断はしない、ということです。

今の日本ではなかなか実現するのが困難だろうけど、だからといって将来的に検討、などという話ではなく、やるなら一気呵成に、ですね。

投稿: フロレスタン | 2011年4月22日 (金曜日) 11時25分

大学というのは将来を担うエリートを養成するところですから、入試においての篩い分けは必須です。

みなさんのご意見の”私学だからお金が掛かる”などとは笑止千万、子煩悩すぎませんか?

努力できる人間=投資に見合う人間は国立かあるレベル以上の私学に行けばよいのです。最も、私が認める私学は総合大学が2校。単科大学が2校程度ですが。

投稿: outlaw | 2011年4月23日 (土曜日) 00時44分

>>outlawさん

子煩悩でもいいんです(笑)。
私は自分が親にしてもらったことを子供にもしているだけです。私は国立大学でしたけど。

私大の中で見れば、うちの子達の通っている大学はどちらも相対的には学費は安い部類です。だからなんだ、という話ですが(^_^;)。

篩い分けの必要性は私も認めます。今の日本の大学入試の多くは篩の目が粗すぎるか、篩になってませんね。

投稿: フロレスタン | 2011年4月23日 (土曜日) 02時22分

>>フロレスタンさん

納得でーす。親は大変ですね(笑)。

投稿: outlaw | 2011年4月23日 (土曜日) 10時59分

>>outlawさん

貴殿が認定する私学に該当するかどうかはわかりませんが、一応うちの子は2人とも首都圏ではそれなりのレベルの総合大学に通っています。

さすがにあまりしょうもないところだと、子煩悩にも限界はありますので(笑)。

ああ、そうそう。娘の同級生で首都圏にある国立大学の工学系の学部に通っている男子がいます。彼の家は兄弟が多くて経済的には楽でなさそうですが、授業料免除を受けているそうです。そういうケースも現状である、ということは情報として出しておかないといけませんね。

投稿: フロレスタン | 2011年4月23日 (土曜日) 14時21分

こんなインターンシップが日本にあれば、大学受験の目的意識が高まると思うのですが、草食系の国民性だと辛いですかね?

http://londonfx.blog102.fc2.com/

投稿: outlaw | 2011年4月24日 (日曜日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51445331

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎり生きてるセーフティネット:

« ほとんど詐欺に等しいミスリーディングな記事 | トップページ | 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) »