« 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) | トップページ | 子供を持つ親のための放射線の知識(講演資料) »

2011年4月27日 (水曜日)

さよならスーちゃん

キャンディーズの熱狂的なファンという訳ではないが、デビュー前から好きだった。
一番最初に彼女らに「会った」のは中学生の時の床屋。順番待ちで漫画雑誌読んでいたら、グラビアページに載っていた。けっこう衝撃的だった(個人的にね^^;)

でもって、NHKの歌謡グランドショーのアシスタント。毎週見ていた(笑)。
三人の好みはと言うと、100点を割り振ると、スーちゃん50点、ランちゃん40点、ミキちゃん10点なのよねえ、ミキちゃんのファンの方すみませんm(_ _)m。でも三人いたから成立していた訳で、そう言う点ではフィフティーフィフティーじゃなくて1/3ずつ。

高一の時に出たデビュー曲「あなたに夢中」のシングルは速攻で買ったねえ。最初はスーちゃんセンターだった。でもって、昨日あたりから頭の中でこの曲がずっと鳴っている。葬送行進曲にしては明るすぎるのが悲しい。「あの世で再会」できるのは何年後かなあ。

|

« 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) | トップページ | 子供を持つ親のための放射線の知識(講演資料) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51505331

この記事へのトラックバック一覧です: さよならスーちゃん:

« 崩壊しかけている進歩と安全の神話(翻訳素案) | トップページ | 子供を持つ親のための放射線の知識(講演資料) »