« 漁港の復興 | トップページ | 放射線・放射能のおはなし »

2011年4月13日 (水曜日)

指標が先か事例が先か

ロシア専門家は、引き上げに「行き過ぎ」「レベル4にも届かない」批判ウェブ魚拓

ロシアはロシアでチェルノブイリは特別扱いしておきたいのかな。
早い話、事故区分のレベル4〜7ってのが指標としてはそれほど適切なものではないということなのだろう。なにしろ事例が少なく、これまでは5がスリーマイル島、7がチェルノブイリだけだったのだから。しかも放出された放射性物質の総量だけが問題で、影響範囲は考慮されていない。

普通なら多くの事例を分析して適切なランキングを設定するものだが、こちらは便宜的な区分でランクを設定し、後から事例を当てはめている。

今は0〜7の8区分(莫迦は8区分だけ頭にあるから、福島はまだ8じゃないの?なんて言ってる)だが、4〜7を4〜9くらいに再編して10区分にすれば、(新区分で)福島が7、チェルノブイリが9くらいになるのだろう。

|

« 漁港の復興 | トップページ | 放射線・放射能のおはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51377876

この記事へのトラックバック一覧です: 指標が先か事例が先か:

« 漁港の復興 | トップページ | 放射線・放射能のおはなし »