« カンニングを礼賛するなど莫迦も休み休み言え | トップページ | 無事です »

2011年3月11日 (金曜日)

坂上二郎さん、安らかに

コント55号の坂上二郎さんが脳梗塞で死去。何はともあれお悔やみ申し上げます。

私は小学6年の最後の謝恩会で、欽ちゃんこと萩本欽一氏の足を広げてジャンプするポーズをマネして笑いを取ったのである(笑)。二郎さんがいなければ、コント55号は存在しなかったわけで、訃報に接すると感慨深いものがある。1960〜70年代の笑いの中心に間違いなく彼らはいたのである。同じ謝恩会で、帰ってきたヨッパライネタをやった同級生もいたけれど(この間の同窓会で幹事さんの一人だったw)、あちらザ・フォーク・クルセダーズも鬼籍に入ったメンバーがいるわけで、本当に遠い時代になったものだ。

二郎さんは美声で歌も上手かった。もともとのど自慢大会出場が芸能界入りのきっかけだったとのこと。お笑いの芸風なのに、美声で歌がうまいという点では、個人的に「焼津の半次」の品川隆二氏とイメージが重なる部分もある。

その後二郎さんは俳優としての活動が目立つようになるが、印象に残っているのはともにNHKの時代劇で、「翔ぶが如く」と「腕におぼえあり」。

「翔ぶが如く」は鹿賀丈史の大久保利通が話題になったが、二郎さんは出身地鹿児島の先達でもある西郷吉之助(隆盛)の父親・吉兵衛を好演した。あまり目立った演技ではなかったと思うが、この父親がいて維新の志士である西郷兄弟がいたのだな、というのを感じさせる厳しくかつ温かい人柄をにじみ出させていた。

「腕におぼえあり」は近藤等則の印象的なトランペットの主題とともに記憶にのこる番組だ。二郎さんの役は口入れ屋の相模屋吉蔵。おや、こっちも吉の字がつくのだ(笑)。娘役の小田茜との掛け合いがなにやらコント55号時代を想起させるシーンもあったが、商人としての強欲さとその裏にある江戸町人の人情を上手く同居させた演技だった。主役の村上弘明、準主役の渡辺徹演ずる浪人との組み合わせははキャスティングとしても絶妙だったと思う。

ああ、1990年代のNHKはまだよい時代劇があったのだ。

合掌。

|

« カンニングを礼賛するなど莫迦も休み休み言え | トップページ | 無事です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/51089805

この記事へのトラックバック一覧です: 坂上二郎さん、安らかに:

« カンニングを礼賛するなど莫迦も休み休み言え | トップページ | 無事です »