« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月曜日)

カンニングを礼賛するなど莫迦も休み休み言え

Yahoo!悪知恵袋に大学入試問題を投稿して、解答を求めたaicezukiなる(ボクと称しているようなので多分)男の行為が論議を呼んでいる。京大文系の英語と数学の問題が漏れたことが最初に報じられたが、早稲田、立教、同志社の問題も同様だった。各大学は当人の特定のために、偽計業務妨害で告発したようだが、当然だろう。

問題なのは、こいつのことを褒めそやす奴がいることだ。不正行為は不正行為である。弁護の余地はない。知恵が回るとか頭がいいとか人を使う才能があるだの、あれこれ理由をくっつけてはいるが、大学入試は今回のような行為ができるかどうかを試す場ではない。前提条件を逸脱した時点で人間として終わっている。それだけのことだ。そんなに携帯やITが得意だったり、手配師みたいなことがしたいのなら、専門学校に行くなり、早く仕事について人を使えるようにすればいいだけのことだ。そもそもそんなに頭がいいなら、人にわざわざ聞かなくても、自力で入試問題を解けるだろうに(笑)。

一発勝負の日本の大学入試のやり方を世界で日本だけだ、などと間違った知識を基に、変えるべきだ、と主張するエセ識者もいるようだが、実際に海外の入試事情を見ればそれは嘘である。

フランスなどは日本以上にシビアな試験が課される場合もあるし(Grands Ecole入学希望の場合)、そうでなくてもバカロレアという共通試験は存在する。ドイツなどはもっと低い年齢で大学入学するコースとそうでないコースに分けられてしまうのだ。アメリカでもAO入試(日本のような名前だけのデタラメAO入試ではない)をやるのは、トップクラスの一部だけだという。そしてそれは十分なコストをかけて行われ、それで入学するような優秀な学生は大学に経済的利益をもたらす、という冷徹な資本主義の原理がベースであるという。

今回の不正行為を働いた奴が、それほど価値のある人間だとは思えない。小倉智昭なんぞも頭がいいから京大に入れろ、などとこいつを褒めているようだが、そこまで評価するのなら自分の事務所のスタッフとして雇って使ってみればいいのだ。その気もないのに離れた場所から他人事みたいに褒めるのは無責任以外の何物でもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土曜日)

今更被害者面されてもなあ(大相撲八百長)

日本相撲協会の放駒理事長は現役時代(元大関魁傑)八百長をしない所謂ガチンコ力士だったので、貧乏くじ引いたことは間違いないだろう。彼の直弟子の元横綱大乃国の芝田山親方も現役時代ガチンコで、そのために15日間出場して負け越した初めての横綱という「汚名」を着ることになった。

一方、大鵬、北の富士、千代の富士といった横綱には八百長疑惑があるという。千代の富士の53連勝にも八百長疑惑があるわけだが、その連勝をストップさせたのは大乃国だった。特に北の富士、千代の富士の九重部屋は疑惑が多そうだが(今回も佐ノ山親方=元大関千代大海=の名前が出てきている)、横綱を抱える部屋に限定しなければ、他の部屋も似たり寄ったりなのだろうが。何しろ平幕あたりがかまなければ八百長は成立しない。

私は八百長はあると思っていたから、今更驚かない。そもそも相撲記者クラブなんてのがあって、協会批判すると退会させられ、取材がしにくくなる。大相撲そのものが批判報道や客観報道がしにくい体質なのだ。

しかし、神事でもあり純粋なスポーツではないという視点で見れば、八百長は悪いことではない。ショーとしてのプロレスがいい見本だね(笑)。だいたいプロレスなんてガチンコでやり合ったら命が持たないと思うのだが、(大相撲の八百長を仲介する役の)中盆経験者に言わせると、15日間年6場所まともにやっていたら土俵生命なんて長持ちしないのだそうだ。

過去にも相撲協会は八百長疑惑があった時に、初日から上位同士の対戦を組むなどして、対策を講じようとしたが、長続きしなかった。

公益財団法人移行の問題から、八百長を一掃し暴力団との関係も断絶する、というのであれば、純粋プロスポーツとしての相撲を、神事・祭事から切り離し、本場所の日数を減らして力士の体調管理を徹底しないとならないだろう。まあ今更年6場所を減らすのも困難だろうから、せめて一場所15日をかつてのように11日に戻すことだろう。木曜日スタートの連続11日ないし日曜日スタートで週休2日にするかである。

日本相撲協会の外部理事で特別調査委員会委員長の伊藤滋先生は大学時代の恩師の1人である。今年の誕生日で80歳になるというのにご苦労なことである。悪条件の中の奮闘には敬意を表したいが、週刊誌は嫌いだというのはちょっと考え直してもらいたい。

週刊ポストや週刊現代が相撲の八百長の問題にずっと取り組んできて、それがフィクションではないことがわかってしまったのだ。情報の蓄積は週刊誌及び取材・寄稿した記者たちが1番のはずである。携帯電話がだめなら手詰まり、というのなら最初から何もしないのと変わらない。

とりあえず玉石混淆でも情報を集めて、精査するのはそれからだ。最初から先入観で情報にフィルターをかけるのは愚策である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水曜日)

NZのChch地震について

とりあえず視覚情報としては、TVニュースでの映像を見た程度だが、耐震技術に対する過信はいけないが、やはり最低限必要な対策はとるべきだ、というのが第一印象である。建物の倒壊が、耐震性の不十分な煉瓦造や古い建物に集中しているように思えるからだ。

日本人の外国語学校の生徒達が学んでいて倒壊したビルはエレベーターホール(EH)だけが倒れずに残っている。報道ステーションでChchに居住していたこともあるという京大の耐震工学の先生が解説していたが、EHは耐震性が充分だったが、それ以外の部分は鉛直方向の耐久力はあったものの、揺さぶられて倒壊したのだろうということである。

当該建物の概要が不明なので何とも言えないが、直下型地震で震源が浅く、地震の規模の割に揺れが大きいことなど兵庫県南部地震の時に類似した地震のようにも思える。当該建物に想定範囲を超えるような力が加わった可能性も考えられる。

日本からも救助隊が派遣されており、まずは不明者の捜索と出来るだけ多くの生還を望むが、その後の復興過程では、日本もできるだけ参加・協力させてもらい、様々なデータを集めて、日本の震災対策に活かすことが必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり年には勝てないのかなあ

昨日の午後くらいから体調がいまひとつで、今日は久しぶりに仕事全休だった。
何年か前までは、だいたい年1回判で押したように風邪でダウンして二日くらい寝て、それが休息になっていたようなところがあるんだけれど、50過ぎたらそれが逆になくなった。やはり落とし穴があるものだなうと。

もっとも、生活習慣病予防の検診でいくつかひっかかって、その修正のための投薬や運動をしているので、体重も落ちたし、身体自体は不健康だった40代後半よりリフレッシュできているはずなのである。そういうのが逆に慢心を呼ぶのかもしれない。

自分の体調と相談してぼちぼちやるしかない年代に差し掛かったということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日曜日)

過激派のダブルスタンダード

連合赤軍最高幹部の永田洋子が65歳で死亡した。1971〜72年にかけて起きた「山岳アジト事件」の首謀者である。

事件はもはや歴史的事象と化したが、事件当時私は中学生でどうしてこんなことが起きるのかわからなかったものの、家の近くで起きた凶暴で醜悪な事件とともに永田洋子の名前は心に刻まれた。永田洋子に似た名前の女性は皆過激派に思えたくらいである。誇張ではない。歌手の長山洋子さんなどには申し訳ないが(笑)、考えようによっては彼女がいたので救われたのかもしれない。

リンチの実態を覆い隠した「総括」という言葉は流行語のようになったし、実際冗談混じりに「総括しちゃうぞ」という言い方は自分もしたものだ。反省。

永田は何人もの「仲間」を殺した、あるいは仲間に仲間を殺させた。当時20代半ばだった。若さ故の暴走と言えるだろうが、その一言で片付けてよいとも思えない。

その永田が30代の時に獄中で脳腫瘍を煩い、治療をしてもらい、93年には国と手術した病院に慰謝料を求める訴訟まで起こした。それでも頭痛が続くことから2006年にも弁護士を通じて拘置所に治療を要求している。なんという自分勝手だろうか。怨霊信仰風に言えば、恨みと未練を抱いて殺された「仲間」達の怨念が脳腫瘍を発病させた、ということになろう。

思想の左右を問わず過激な連中は自己の目的達成のためには手段を選ばず、しばしば己のみを可愛がり、命の扱いに際してダブルスタンダードを適用する。「仲間」を虫けら同然に殺戮する一方で、己の生に執着する永田の態度にもそれは明確に現れている。死んでも惜別の気持ちなど起きない人物である。

せいぜいあの世でかつての「仲間」から総括されるがいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木曜日)

夜空を見上げて(坂本九の歌ぢゃないよ)

冬の夜空は星が綺麗である。先日明け方の金星やら何やらの話を書いたばかりだが、夜はやはり冬の大三角形が目立つ。あまり上の方を見上げなくてもベテルギウス、シリウス、プロキオンのつくる三角形はわかりやすい。

しかしそのベテルギウスはいつ超新星爆発してもおかしくない状態だという。それはそれでワクワクする。できれば生きているうちに超新星爆発を目にしてみたいものである。

さてと、冬の大三角形には指定席のないオリオン座のβ星リゲルだが、より大きな「冬のダイヤモンド」の一角は占めている。シリウスとプロキオンはこちらにも指定席があるので、このワンちゃんコンビは冬の夜空の主役ということだろう。

そのオリオン座の三つ星を緩やかな弧状につないだ線を向かって右の方に伸ばしていくと牡牛座のα星のアルデバランがあり、逆にオリオン座の遙か左上には双子座のカストルとポルックスがある。このあたりの星になるとかなり高度があるので見るためには、相当首を後方に曲げないといけない。

そして冬のダイヤモンドを構成するもう1つの星、馭者座のα星カペラ。こいつも相当明るい(008等星で全天で6番目の明るさだとさ)のだが、今の時期22時くらいだとほぼ真上に近い位置にある。これはもう首を曲げるなんてものではなく、ラジオ体操よろしく後方に大きく背中をそらさないと長い時間見られない。まあ寝転べばいいんだけどね(笑)。でもってこれはこれでストレッチになりそうなのである。

いささか冷え込むこの冬だが、ちょいと外に出て、身体を大きく後ろに反らせて冬のダイヤモンドの観察とストレッチで心身のリフレッシュをして見るのも一興である。ただし風邪引かないように暖かくすることをお忘れなく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »