« ホームゲート | トップページ | 航空100年 »

2010年11月29日 (月曜日)

同窓会名簿の変身

2年に1度、西暦の偶数年の晩秋にやってくる大学の同窓会名簿が今年も届いた。
一番大きな変化は版が変わって大きくなったことだ。これまでの2倍の大きさになった。

1966年に第1回の卒業生を出した「新しい学科」(一学年50人)なので、卒業生の数がそれほど多くなかったのだが、さすがに45年以上経過して、サイズを大きくしないと収録しきれなくなったということだろう。なにしろ、第16期の卒業で、以前は同窓会で若造扱いされていたのだが、既に現役の3年生は47期である。同窓会名簿を国語辞典に見立てれば、マ行あたりに位置していたのが、いつのまにかサ行くらいになっているのである(笑)。

そして後輩の学年でも逝去者が出ており、歳月を感じさせる。面識のある先輩も何人も亡くなっている。
そんな中でわが同期は全員健在のようである。しかし、そのうち同期で集まった時に「あいつが亡くなった」という話は出てくるだろう。50過ぎたとはいえ、皆まだ社会の中枢で活躍している。できるだけ長く元気でいたいものである。

|

« ホームゲート | トップページ | 航空100年 »

コメント

スーパーTSさんはお元気ですか?

投稿: outlaw | 2010年12月 7日 (火曜日) 09時12分

outlawさん

返信が遅くなりました。
最近連絡は取っていませんが、今月初めに行われた同期の忘年会に彼は参加したようなので(私は欠席)、元気でやっていると思います。

投稿: フロレスタン | 2010年12月13日 (月曜日) 19時39分

返信ありがとうございます。

ブログを閉鎖されたようなので気になっていました。お元気そうで何よりでした。

投稿: outlaw | 2010年12月16日 (木曜日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/50165981

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会名簿の変身:

« ホームゲート | トップページ | 航空100年 »