« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水曜日)

自民党も相当夜盗もとい野党らしくなってきたなw

<事業仕分け>「議員が仕分け、違法」自民がけん制ウェブ魚拓

皮肉はともかく、実際問題なかなか面白い視点だと思う。民主党の政権運営はとことん国会軽視だが、事業仕分けが国会法に抵触するのではないか、という疑惑もその文脈で捉えることができるということだ。

政府見解は「行政刷新会議のワーキンググループは内閣府設置法に基づく行政組織ではないので、評価者(仕分け人)は官職に当たらない」ということだが、だとすればいよいよもって事業仕分けは民主党が実施している任意の行為であり、その結果にはなんらの法的拘束力もないということになる。テレビのバラエティ番組のようなものだ。そういえば、今事業仕分けを仕切っている担当大臣は、バラエティ番組に出演していたテレビタレント上がりだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日曜日)

自分は頭いいと思っている勘違い莫迦教師

妹殺す」が正解? =東京の小学校では不適切授業

 東京都杉並区教委は23日、区立浜田山小学校で3年生の担任の女性教諭(23)が、正解は「妹を殺すこと」というクイズを出す不適切な授業を行ったと発表した。同小は同日、保護者会を開き謝罪した。
 杉並区教委は「非常に不適切な行為。今後繰り返さないよう指導に努める」とコメント。教諭や校長に厳重注意するとしている。
 区教委によると、教諭は19日、算数の授業で時間が余ったため、「3姉妹の長女が自殺し、次女はその葬儀に来た格好いい男性が好きになった。葬儀後もう一度出会うためにはどうすればいいか」というクイズを出題した。
 生徒は「電話をかける」などと回答したところ、教諭はヒントを出し、「正解」としていた「妹を殺し、葬式をやればまた会える」という答えに導いていたという。

あのさあ、これ授業の内容が不適切なんじゃなくて、この女性教諭自体が不適切な存在なんだよ。厳重注意程度じゃなくて、担任から外して研修するか、それでもだめならお引き取り願おう。若いんだらか水商売でも何でもやり直せばいいやん。

おんや、浜田山小学校といえば、昔知り合いのお子さん達が通っていたところじゃないか。
葬式にやって来たなら住所氏名を記帳しているはずだから、それを手がかりにすればいい。そういう意味では電話をかける、と答えた子供の方がよほどまともである。

次女が好きになった男は単に自殺した長女の知り合いだけだったかもしれず、その場合三女が死んでも葬儀に来る保証はないし、三女を殺したのであればその男に会えてもいずれは次女は逮捕されてブタ箱行きである。そんなこともこの女教諭はわからんのかね。一体どこの学校でどういう教育受けたんだか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日曜日)

シナってのは本当に野蛮国だな

日本が気に入らないと日本の公館を襲撃したり日系企業の店舗のガラスを割ったり日の丸を燃やしたり、挙げ句の果てに自分たちの同胞が経営する日本レストランまで襲撃する。そんなことをするのは誰かに扇動された教養のない跳ね上がり連中だろうが、人口規模が大きいからそういう手に負えない連中の数が半端でないところが問題だ。

反日自虐史観でない歴史書に書いてあるような1930年代に日本が戦争に突き進まざるを得なかった状況がそのまま再現されているように思える。

こういう無軌道なエネルギーが歴代王朝交代に果たした役割が大きいのだろうから、是非とも現王朝を倒す方向に活用してくれることを望む。もっともその結果できる王朝もまた同じことを繰り返すことになるのだろうけれど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金曜日)

当然の結果だ

中央リニアのルートを審議していた交通政策審議会の結論はほぼ直線に近い南アルプス貫通ルートとなった。事業主体のJR東海の主張が通った形だが、当ブログでもこのルートの合理性や正統性を一貫して主張してきたので、まずは一安心である。

そもそも純粋に大都市間輸送の高速交通機関として考えれば、長野県が要望する伊那谷ルートや期祖谷ルートは論外であり、審議会で比較検討すること自体が時間と人的資源と税金の無駄遣いなのだ。今後長野県は政治的に巻き返しを図ろうとするだろうが、その場合にはJR東海は長野県内に駅を設置しないなどの報復措置を考えるべきだ。長野県は無駄なあがきをするつもりなら、即刻止めるべきである。そして現実的な対応は、JR東日本が管轄する中央東線の高規格か、高速化を図ることである。この方が山梨県を含めて沿線自治体の利便性が向上するなど貢献度が大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木曜日)

逆恨み

<器物損壊>列車便器にトイレットペーパー 容疑の大学生逮捕 「採用されず、腹が立った」ウェブ魚拓

この記事では私立大としか書いてないが、レイプ代田君は慶應義塾大学法学部とバラされたのだから、こちらもバラしたらどうなのかな。たかがトイレに紙を詰まらせたくらいで、というかもしれないが、場合によっては列車の遅延などの被害が出ることも考えられる。

それはともかく、こういう輩は根絶不可能だな。JR東海は採用しないで正解だ。さすがに人事担当もこいつはだめだと見抜いたのだろう。自分の足りない点を反省しないで、失敗を人のせいにして逆恨みするのはダメ人間の典型の1つだ。

しかし昨今のような経済情勢、雇用情勢だと、そんな悠長なことも言っていられないかもしれない。有能な人間が最初から扉を閉ざされてしまっている可能性もないとは言えないからだ。こういう状況を打破するには、既得権をぶちこわす構造改革や規制緩和がやはり必要なのだ。それと不毛でしかない大学生の就職活動のあり方を何とかしないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木曜日)

いつもどおりの一過性の騒ぎかな

今年のノーベル化学賞受賞者3人のうち2人が日本人。一昨年に続いての複数受賞は喜ばしいことだ。鈴木章、根岸英一の両氏には心から祝福と敬意を表するものである。

日本人は化学に向いているのかね、などと大雑把なことはいいたくないが、手先の器用さだけでなく脳の器用さというのはあるのかもしれない、などと思ってしまう。ほれ、脳科学者の出番だぜ(笑)。

毎日新聞なんぞは反応に日本人の名前がついている、とはしゃいでいるが、自然科学分野の定理、現象、単位などはかなり多くが人命由来または人命そのものである。こういう時だけ「国粋主義」になるのね(笑)。

テレビも新聞も片方で偽科学をネタに商売している(特にテレビは酷いよね)のに、こういうは科学マンセーである。一昨年もそうだった。いい加減にしろよ、といいたい。この業界、科学音痴の文系出身者が牛耳ってんじゃないか。ノーベル賞受賞をネタにした出版もこれからやってくるのだろう。過去にも小柴ネタや益川ネタの書籍が一時期だけ書店の店頭を賑わした。

すべての賞をノーベル賞と同じように報道しろ、などと無茶は言わないが、意義のある賞であればもっと日常的に取材して広く国民に知らせることもメディアの役割だろう。秋口から年末だけノーベル賞で大騒ぎする科学技術立国というのは、季節のせいではないのだろうが、なんだかお寒い。

また、いつものように国は科学技術の振興の支援を充実させろ、という声も上がっている。しかしそれは一部の既得権益者や声の大きい者、政治力に長けたところに予算を投下する形であってはならない。

根岸さんは「応用の学問である化学(有機合成化学)をやるからには世の中の役に立たなくてはならない」という信念で仕事を続けてこられたそうだ。どこかの前総理などと違って東大工学部卒の尊敬に値する先輩である。経歴を見ると帝人という民間会社が大学卒業後のキャリアのスタートである。田中耕一氏も博士号なしの民間企業の社員で同じ化学賞を受賞した。基礎研究の予算の拡大だけでなく、民間企業の研究開発に対する税制や知財をはじめとする各種の施策によるサポートも充実させることが必要だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月曜日)

敬老の日の記念品なんていい加減に止めたらどうだ

敬老の日の記念品なんてのは、高齢者を大切にしていますよというポーズを取りたい役所の惰性だと思うが、1度走るとなかなか止まらない見本のようなものだ。
直撃!寝たきりに歩数計、市の敬老祝いに大ブーイングウェブ魚拓

そりゃあ寝たきり老人世帯の家族や足の不自由な高齢者からすれば皮肉か嫌味だとしか思えないだろうが、役所もそこまで深く考えているとは思えない。ちなみに実家の両親の所には、東京のデパートで行列のできる「ガトーフェスタハラダ」のラスクがやって来たようだが、食べないからと先日我が家に贈られてきた(笑)。地元(といっても製造元の会社は合併して高崎市になった地区にある)の商品をプレゼントということらしいが、歯が丈夫じゃないと食べにくいだろう。下手すると喉に詰まらせて死ぬ高齢者が出てくるかもしれない。いやあ、その前に子供や孫が同居していれば、ラスクは彼らの餌食になっているかもしれない。

早い話、一律に同じ品物を高齢者に贈るのがおかしいのだ。65歳と90歳じゃあ親子ほどの違いがある。
そろそろこんな下らない施策は止めにした方がいい。あ、多分2、30年くらい前の敬老の日にも同じような意見はあったのだろうな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはりこいつらには国際試合を開催する資格はない

一体全体、U19の日本代表が何をしたっちゅうねんな?

サッカーU19日本代表に抗議=中国人がペットボトル投げ付け—山東省 ウェブ魚拓

次のような記事も国際的にみればある訳で、やはり大人の外交のできる政府が必要だ。同種の領有権紛争を有する東南アジア諸国やインドなどとのより緊密な連携も模索すべきだろう。そして民間レベルでも公式の場では当然冷静に行動しなくてはならない。

「中国は粗暴な大国」 仏ルモンド紙が批判 ウェブ魚拓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはへその掃除を

「へそのゴマ」は放置すると確かに臭いのである。足の指の間の垢も盲点になりやすいが、へそのゴマはその比ではない。といってもゴマの貯まったへそに指を突っ込んで、その指の臭いをかいだ時のことだが(笑)。なので私は入浴の時によく湿らせて石鹸の泡と一緒に少しずつ除去したり、綿棒にオイルを浸して除去したりする。

へそのゴマ取ったら腹膜炎になりやすい、というのは迷信のようなのだ。
へそのゴマの正体はただの垢!ウェブ魚拓

長年放置している人は、この機会に是非1度へそを清潔にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »