« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水曜日)

結末はわかっていたじゃないか

4年ぶりの最下位で楽天のブラウン監督が解任だとか。
野村前監督がブラウンは俺より上なのかと辞める時にぼやいていたが、まあ本音だったのだろうな。

しかし、ベース投げのエンターテイナーとしては一流のブラウンだが、広島監督時代の成績や采配を見れば、今季の結果はだいたい予想がついていた。ここまで見事に的中するのも珍しいかもしれない(笑)。

ヴィッセル神戸も低迷しているし(さらに酷いことにシーズン途中で監督を解任し、その後釜が2度も和田コーチという失敗の繰り返しをしていることだ)、楽天グループのスポーツ球団の運営能力は相変わらず素人並みのようだ。以前にもこのことには触れたが、もしかすると三木谷が楽天の権力者であるうちはダメなのだろう。

もしかすると、またアメリカ人監督を連れてきて、球団内の公用語を英語にするのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手に運行パターン予想・九州新幹線

12月4日に新青森まで開業する東北新幹線のダイヤがJR東日本から発表になった。
ごく妥当なもので、E5系のはやぶさが間に合わない今回の開業では、はやての運行を単純に新青森まで延伸し、二戸に停車するはやてはすべて七戸十和田にも停車し、この2駅は一日12往復、いわて沼宮内は一日8往復。全体では東京・新青森15往復+区間運転2往復(仙台発着、盛岡発着)。

ということで、来年3月以降のはやぶさが登場した時にどういうダイヤになるか(全体の運行本数と八戸通過)が焦点だ。今回の発表ではむしろ盛岡発着列車で、やまびこの減便とこれに替わる仙台・盛岡間各駅停車のはやての設定の方が面白い。現行の盛岡発着のやまびこはいかにも中途半端だ。

これに対して、来年3月全然開業の九州新幹線は、九州の沿線自治体からの山陽新幹線直通のさくらの停車要求がやかましくて、JR九州の国道交通省へのダイヤの申請が1ヶ月遅れているらしい。この列車はそもそも関西圏と九州を結び航空機に対抗するための広域的な高速交通手段として考えられているのだから、地域エゴで(個別にはそれほどの乗降客数が見込めない)停車駅を増やすのは非効率だ。中央リニア新幹線の長野県と同じような我が儘である。

JR九州の会長が語った見通しとして、以下のような熊本日日新聞の記事がある。

2011年3月に全線開業する九州新幹線鹿児島ルートのダイヤに関し、JR九州の石原進会長は11日、1時間に熊本駅で停車させる上下各4本うち、2本が熊本始着になるとの見通しを明らかにした。

 熊本市であったシンポジウム「九州新幹線全線開業と熊本都心のまちづくり」で述べた。

 JR九州は熊本駅停車は1時間に上下各4本で、うち1本を新大阪駅直通の「さくら」にする方針を打ち出していた。

 石原会長は「全線開業の3カ月前の12月にダイヤと運賃は決まる」とした上で、「鹿児島中央までは1時間に2本、熊本止まりはプラス2本になる」と説明。鹿児島中央の始着本数は現行ダイヤ並みとなる認識を示した。

 熊本駅停車については「ラッシュ時間帯には5本になるかもしれない」と、現在の特急「リレーつばめ」「有明」の運行本数から最大2本を増発する可能性も示唆した。

 一方、新大阪-鹿児島中央に走らせる最速列車では「博多-鹿児島中央のうち、博多、熊本、鹿児島中央で停車すると、3時間40分台で走る列車が可能。ただ運行本数は少ない」と話した。

 名称として有力候補の「みずほ」でなく、浸透している「さくら」に“スーパー”と付けて区別する案には「名前を長くするとコンピューター改修費用がばく大にかかる」として「難しい」との見解を示した。(中原功一朗)

ということであれば、既開業区間の新八代・鹿児島中央のダイヤを基本的には変えないという前提で考えて、以下のような運行パターンが現実的だろう。


みずほ 新大阪・鹿児島中央間運転
    新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島中央

さくら 新大阪・鹿児島中央間運転
    新大阪・新神戸・岡山・(福山)・広島・(徳山)・(新山口)・小倉・博多・(新鳥栖)・(久留米)・熊本・新八代・[川内]・鹿児島中央

つばめA 博多・鹿児島中央間運転 博多・熊本・以遠各駅停車
つばめB 博多・熊本間運転 博多・(新鳥栖)・(久留米)・(新大牟田)・熊本
つばめC 博多・熊本間運転 各駅停車

※駅間距離の近い新鳥栖・久留米はいずれか一方の停車とし、さくらとつばめBのいずれかで毎時停車を確保。
※さくらの福山・徳山・新山口はいずれか一駅停車。
※さくらの川内は現行並みの停車から、通過は1往復とする。この列車は博多・熊本間も通過。
※さくらの停車駅はみずほ+4駅で新大阪・鹿児島中央の所用時間は4時間5分程度。ただし一部は航空機との競合からみずほ+新八代のみ停車とし、新大阪・鹿児島中央を3時間52分での運転とする。

来春の開業区間で交通結節点でもないのに後から加わった筑後船小屋・新玉名は鹿児島方面への需要などそれほどないだろうから、熊本発着の列車が毎時1本停車すれば十分である。本音を言えば政治駅の船小屋なんぞはいわて沼宮内並みでもいい(笑)。新鳥栖の全列車停車も誇大妄想である。

さて、実際に出てくるダイヤとどれくらい「違って」いるだろうか(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日曜日)

もう少しだけ頑張って欲しかった

10日ほど前に寝室のエアコンがお亡くなりになった。正確な購入年を覚えていないが、前のマンションの時からなのでほぼ20年選手である。なにしろプラグの形状が今では使われていない横T字型(100V)なのだ。

買い換えれば省エネになるとわかっていながら、金がないのでついつい引き延ばしてしまったが、この猛暑でダウンしてしまったようだ。

熱中症で死にたくないので、仕方なくネットで調べたり家電量販店めぐりをするが、なにしろ在庫がほとんどない。工事日の表示は最短でも9月末とか10月上旬となっているものが大半。ビックカメラのネット販売で在庫あり、というのも翌日店頭に行くと、店舗在庫はなく、同じビックでもネットと店頭で管理が別で融通はできないという。20万円以上するような高価で大出力のタイプは在庫があるけれど、そりゃあそうだろう。どの店もあまりエアコンをまともに売ろうという姿勢が見えなかったが、売る物がないのだからしょうがないかね。

結局店頭で在庫有り、最短で9月8日工事というの見つけて購入することにした。現物があれば工事の日程は比較的余裕があるという。そこまで在庫がねえのかよ、と。工事費込みで7万円ちょっと、取り外し工事も無料にしてくれるということで、リサイクル費と若干の工事オプションのみ追加負担で5万円台半ば+エコポイント6000点で収まった。

こちらの都合で工事は9日。それまでの数日間うだるような暑さと格闘しつつ、冷却グッズを購入して妻と2人、しのぐ。学生時代、冷房無しの安アパートで汗びっしょりになって1人寝ていた若い日を思い出した。あの時はゴキブリが同居していたなあ(笑)。ゴキブリ亭主とは言ってもゴキブリ女房とは言わないか(^_^;)。

まだ暑さは続いているが、そろそろ収束しそうだ。省エネ効果は今冬から来夏に期待である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木曜日)

秋の気配は着実に

朝の天気予報では、東京はじめ各地で猛暑日の予想である。確かに日中は暑いのだが、8月も半ば頃からは空に秋の気配が感じられるようになるものである。朝晩も日によっては涼しさが感じられる。

昨日で9月になったが(旧暦ではまだ7月である)、今朝(6時前)の空などはもう完全に「秋の色」である。

昨日の朝5時半過ぎに外を歩いた時、少しばかり不思議な感覚に見舞われた。朝なのに夕方のように感じたのである。

写真に撮っておけばよかったのだがカメラは持ち出さなかったし、仮に撮影したとしてうまく感覚が表現できなかったかもしれない。微妙な光の加減というのは肉眼とカメラでは見え方が違うことがしばしばだ。

東の空に比較的濃い雲があって朝日が遮られているのだが、雲の上端部だけはオレンジ色に光っている。金環蝕の時に太陽の縁が輝くように雲の縁だけが細長く輝いていた。天頂付近は青空である。そして北から西にかけては薄い雲があってここに東の空の光が反射している。このため、全体としては薄曇りのようなほの暗さがあり、西の空がオレンジ色に光っているので夕方のような雰囲気だったのだろうと思う。

しかしその後雲が広がったために、6時過ぎにはほぼ曇り空になってしまった。そしてこんな空模様だったので昨日の朝も涼しく感じられたのである。秋は一歩一歩近づいてきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »