« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土曜日)

FIFAワールドカップ・グループリーグ総括

大会前にはグルーブリーグ(GL)突破を期待していなかったので、望外の結果となった。日本のサッカーにとってもこういうシビアな大会のノックアウトラウンドを経験するのは将来につながることだろう。

それにしても「岡田監督ごめんなさい」の大合唱のようだ。全く持ってこの国民は何かをきっかけに一斉に同じ方向を向くのがお得意のようだ。大東亜戦争の1億火の玉体質は変わっていない。岡田監督批判だって今年に入ってからの代表チームの不振に端を発している。批判されるべきは批判されて当然なのだから、少々結果が出たからと言って、過去に遡ってまで謝る必要はないだろう。

岡田監督だって批判を受け入れたから、本番には言って戦術を変えたのだと思う。批判がなければ惨敗だった可能性だってあるのだ。建設的な批判(例えばケガで戦えない中村俊輔を外せ)まで否定することはない。大政翼賛的な体制では日本サッカーに進歩などない。

とりあえず結果が出たから全て上手くいったように思うが、そうではない。GL初戦のカメルーン戦を辛うじて勝ったことで流れが変わった。本当に首の皮1枚で繋がっていたと言ってよい。あの試合だってGK川島のファインセーブがなければ逆転されていたかもしれないし、そもそも選手交代が従来の岡田監督どおりでおかしかったのだ。

それでも勝ったことで重圧がなくなったのか、2戦目のオランダ戦はかなり安定した戦い方になっていた。ただ中盤のキーマンの1人である遠藤は体の切れが十分でなく、後半に失点したシーン当たりまでポジショニングに難があった。周囲と連動しておらず動きが悪く相手にスペースを与えるシーンが何度かあって、よく観察していた人の指摘では失点シーンも彼のポジションニングがずれていたことでスネイデルにスペースを与えてしまったのだという。確かにその時の位置関係を見るとそのとおりなのだ。ただ、復調しつつあった遠藤は、そこで修正をすることが可能になり、追加の失点を許さず0-1のまま終わったことで、3戦目が引き分けでよいという優位な状況となった。皮肉なことにオランダ戦の1失点がGL突破を引き寄せたということなのだ。

3戦目は前半の早い時間帯でFKがそのままゴールとなったことで、勝たなければいけないデンマークの歯車が完全に狂ってしまった。あれで勝負あったと言ってもよいだろう。

GL突破という結果は、決して名称とは言えない岡田監督(恐らく分析官としては一流なのだろう)が、日本中の批判に対して多少変化を見せたことが1つの要因だろう。しかし専門家を引き入れた高地対策が功を奏したであろうということは、あまり指摘されないが、重要な点ではないか。これまで無駄走りをして70分くらいでガス欠になっていた日本代表が、最後まで走れたのは高地対策の恩恵だろう。そして何よりも潜在能力の高い選手達が危機感をもって臨んだことで一体感が生まれて、よい結果に繋がったのだと言えよう。サッカーにおける監督の役割は大きいとはいえ、岡田監督が凡将から急に名将に変じた訳ではない。これはアルゼンチンも似たようなものだろう(笑)。

決勝トーナメントは負けないサッカーでは勝ち進めない。あまりに非現実的なベスト4を打ち出していた岡田監督の頭の中には攻撃的なサッカーがあったのだと思うが、GL突破のためにそれは一度捨てた。選手起用、選手交代、戦術などもう一度切り替えないと決勝トーナメントでは対応できないと思う。もしも決勝トーナメントである程度の結果を出したら(ベスト8進出と準々決勝でのスペインまたはポルトガルを相手にした善戦がその基準だろう)、短期間に名将に転じたという評価も間違いではないだろう。02年の決勝トーナメント・ラウンド16のトルコ戦の敗戦のような消化不良感だけはまた味わいたくない。

E組以外。
A組のウルグアイ、メキシコはタフなサッカーで見せてくれた。フランスの体たらくは予想されたこと。南アは惜しかった。初戦に勝っていれば結果は当然違っていただろう。

B組の韓国は素晴らしい。02年のベスト4はどう考えても誤審など下駄を履かされていたが、今回はそういう批判を許す余地がない。よいチームである。アルゼンチン戦の1-4も結果だけ見れば無残だが戦い方は正々堂々として天晴れだ。ギリシャはGL敗退したがW杯初勝利おめでとう。ナイジェリアはイメージや身体能力とは裏腹に、ここのところ期待を裏切り続けている。アルゼンチンは本来の実力からすれば当然の結果だろう。

C組。セルビア、オーストラリアは残念。ここは実力が拮抗した死のグループで、ドイツも敗退の可能性があった。今大会で乱発されたレッドカードがもっとも影響したグループだったかもしれないが、オーストラリアに一番酷だったようだ。

D組。スロベニア残念。結果的にアメリカに追いつかれていなければ決勝トーナメントに行けたわけが、それでもアメリカが最終のアルジェリア戦の後半ロスタイムで勝利しなければ進出できていた。今大会のアメリカの終盤は神がかり的だ。

F組。スロバキアの最終戦の戦いはイタリアがヘロヘロだったことを差し引いても見事。欧州でやっていると名前負けするということがないのだろうな、ということを見せてもらった。イタリアは大会前フランスほどは酷くなかったのだろうが、初戦を見て何か変だと思ったファンは少なくないだろう。D組のイングランドと違って立て直せずにずるずる行ってしまったのは残念だが、世代交代を期待するしかないのだろう。ニュージーランドの健闘(3引分け)は特筆すべきだと思う。ここも名前負けせずに持てる力を出して戦った勇敢なチームだ。

G組。北朝鮮は最初のブラジル戦で健闘したのでいい線いくかと思ったけれど、大敗したポルトガル戦が全て。鄭大世にゴールを決めて欲しかったが、対戦相手が皆強力すぎた。コートジボワールは実力があるのに運がないのか、2大会続けてのGL敗退。アフリカでの開催なのに残念。

H組。ここもスペインが初戦に負けて危なかったが、持ち直してラテン総崩れを防いだ。スイスは健闘したけれどスペイン戦で勢力を使い果たしてしまったか。ホンジュラスはオシムに今大会最弱と言われたが、スイス戦で引き分けて勝ち点1を得た。北中米カリブ海の3位チームは、98年のジャマイカ、02年のコスタリカ、06年のトリニダード・トバゴ、そして今回と毎回違うチームが出てきて楽しいのだが、いつも結果が出ないので、次回は頑張って結果を残して欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金曜日)

大相撲の腐った根っこは完全に断ち切れよ

まず日本相撲協会の財団法人としての認可を取り消す。今回だけの不祥事ではなく、公益法人に値しない。これは文部科学大臣が即断すべき。指導者である親方の生活指導や一般常識の研修が必要なんて、どれだけいかれた組織なんだ。通常の公益法人でこれだけ不祥事やったら法人格取り上げられるだろう。

次に朝青龍の事実上の解雇に照らして、野球賭博に関わった親方と役力士は解雇。薬物での露鵬と白露山のこともある。日本人力士に甘いのは論外だ。特に琴光喜は大関という地位を考えれば、自主的に廃業すべきだ。そして、幕内力士も引退まで給料半額カットで一場所出場停止。それで十両に陥落するなら十両力士と入れ替えればいいだけのこと。

根拠も曖昧な慣習的な「国技」という表現を止める。これは特にメディア。我々一般市民は国技なんて言葉はほとんど使わないし、そんな意識もない。両国国技館は名称変更。

これに加えて何かこういう処分が必要だ、というのがあったらコメントして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火曜日)

口先だけではだめだ

はやぶさの帰還の映像をニュースで見た。本体は大気圏突入で燃え尽きてしまったがその発する光が美しかった。twitterでは長旅からの帰還にはやぷさを擬人化してお疲れ様、とねぎらう声が多く見られた。私は擬人化ってあまり好きじゃないが、気持ちはわかる。一時は「行方不明」になっていた訳だし、関係者の喜びは大きいことだろう。大切なカプセルは無事に回収されたことだし、今後の分析結果が楽しみだ。

総理や文科相は大学理系学部出身ということもあり、この結果に喜んで高く評価しているようだが、今後の予算の付き方を見ると、どうもそれは口先のことのようだ。はやぶさ2の予算は2007年度で5000万円、これは要求の1割しかない。そして今度は3000万円だとか。これは子供2308人分でしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土曜日)

岡田、ドメネク、マラドーナ

南アW杯開幕。まだ初日でAグループの2試合を消化しただけだが、やはり世界レベルの大会はよい試合を見せてくれる。現地が南半球で冬のため、暑さがないというのも高パフォーマンスが期待できるかもしれない(高地による空気の薄さがこれを帳消しにする可能性もなくはない)。

2試合の感想は今朝ほどtwitterに流したが、やはり監督の力は大きいなというのが第一に感じた率直なところ。日本代表監督が物足りないから、よけいに感じるのかもしれないが、過去にはヒディンクのような例もあるし、今回では南アを戦えるチームにしたブラジル人のパレイラの実力の一端が開幕戦に出ていたと思う。その開幕戦ではメキシコのハビエル・アギーレの怒りの形相が印象的だ。試合後の談話では本当に満足していないと言っていたようだが、先制された後、FW2人を交替させてとにかく点取るぞ、勝ちに行くんだぞ、というメッセージが明確だった。これが引き分けにつながった。

一方、ダメダメなのがフランスのレーモン・ドメネク。よい選手集めているのにチーム戦術が見えず、孤児個人がバラバラの試合運び。最後はアンリ頼みも不発。そのアンリが相手DFのハンドをアピールしていたのはとっても皮肉。お前が言うな、のワンシーン。確かにあれは手に触っているけれど故意じゃない。対戦相手のウルグアイの戦い方が守備的で一貫していたものの、最後は退場で10人となったのに崩しきれず。

さてさて、今日はアルゼンチンが登場で、もう1人のなんちゃって監督マラドーナの登場である。タレント揃いのアルゼンチンが、監督の力量など関係なくナイジェリアを粉砕するのか、それとも広義のホームのナイジェリアが初のアフリカでの大会でアフリカ勢の初勝利を飾るのか。USAとイングランドのアングロサクソン、旧宗主国と植民地対決も楽しみだが、試合時間が(^_^;)。

それにしても、2002年の日韓大会の時もフランス、ウルグアイは同組、アルゼンチン、ナイジェリアも同組だったんだよね。同じような組み合わせはけっこう繰り返される。

6.15追記
とりあえず初戦に関しては、マラドーナと岡田がヘロヘロの試合を1-0で逃げ切った。選手が監督をアテにしていないのだろう(笑)。いずれにしても海外のW杯本大会で1勝したのは素直に喜ぶことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水曜日)

早速ボロが出たかな?

荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判ウェブ魚拓
その2ウェブ魚拓
その3ウェブ魚拓

事務所費用の問題では、記事中(その2の部分)にもあるように、自公政権時代に複数の大臣の辞任に発展している。クリーンだ、クリーンだと言っても所詮は口先だけということか。所謂「身体検査」も十分に出来ない総理大臣ということになる。民主党幹部まで杜撰だと批判しているというのだから何をかいわんやである。

ご当人は

荒井氏は同日昼、官邸で記者団に囲まれ、「政治資金収支報告書をチェックしたが問題はない。党にも調べてもらったが、やはり問題ないという報告を受けた」と語った。
というがこれまた既視感たっぷりの言い訳である。何を他人事みたいに語っているのか。自分の政治資金も管理できない奴に、国家の戦略など取り扱えるはずがないではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木曜日)

山梨県GJ!

リニア「直線ルート望ましい」山梨県知事明言へウェブ魚拓

小生の主張は前に書いたとおり。リニア新幹線の交通機関としての特性を考えれば、JR東海が南アルプス直下の隧道掘削は可能としている以上、直線ルート以外は考えられない。

これは現代の「武田信玄による信濃侵攻」だな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火曜日)

脳みそ空っぽの鳩を早く撃ち落とそうではないか(近々自爆するかもしれないが)

鳩山首相が尖閣「あいまい発言」、批判した岡田外相に中国で大非難 (ウェブ魚拓)

岡田外相は、過去の言動からはいわゆる「親中派」だと考えられるが、さすがに外相の立場として、尖閣のことに言及する時はシナに対して妥協する余地がないことは弁えていたようだ。日本国の大臣なのだから当然といえば当然だが、総理がどこの国の政治家だかわからないような妄言を吐いているから、立派に見えてしまう(^_^;)。

さて、この雉、もとい記事の中にある次の言葉。
 岡田外相の発言を宣戦布告と決めつけたり
国際法も知らないのかな、独裁国の人民は。そんなこと言うなら、おまいらの国の首脳はしょっちゅう宣戦布告しとるよな(笑)。

 日本との関係全般に触れ、日中友好は人類史上で最も美しい大うそとする主張もある。
まあそのとおりだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »