« 大相撲の腐った根っこは完全に断ち切れよ | トップページ | スカイばやりなのかな »

2010年6月26日 (土曜日)

FIFAワールドカップ・グループリーグ総括

大会前にはグルーブリーグ(GL)突破を期待していなかったので、望外の結果となった。日本のサッカーにとってもこういうシビアな大会のノックアウトラウンドを経験するのは将来につながることだろう。

それにしても「岡田監督ごめんなさい」の大合唱のようだ。全く持ってこの国民は何かをきっかけに一斉に同じ方向を向くのがお得意のようだ。大東亜戦争の1億火の玉体質は変わっていない。岡田監督批判だって今年に入ってからの代表チームの不振に端を発している。批判されるべきは批判されて当然なのだから、少々結果が出たからと言って、過去に遡ってまで謝る必要はないだろう。

岡田監督だって批判を受け入れたから、本番には言って戦術を変えたのだと思う。批判がなければ惨敗だった可能性だってあるのだ。建設的な批判(例えばケガで戦えない中村俊輔を外せ)まで否定することはない。大政翼賛的な体制では日本サッカーに進歩などない。

とりあえず結果が出たから全て上手くいったように思うが、そうではない。GL初戦のカメルーン戦を辛うじて勝ったことで流れが変わった。本当に首の皮1枚で繋がっていたと言ってよい。あの試合だってGK川島のファインセーブがなければ逆転されていたかもしれないし、そもそも選手交代が従来の岡田監督どおりでおかしかったのだ。

それでも勝ったことで重圧がなくなったのか、2戦目のオランダ戦はかなり安定した戦い方になっていた。ただ中盤のキーマンの1人である遠藤は体の切れが十分でなく、後半に失点したシーン当たりまでポジショニングに難があった。周囲と連動しておらず動きが悪く相手にスペースを与えるシーンが何度かあって、よく観察していた人の指摘では失点シーンも彼のポジションニングがずれていたことでスネイデルにスペースを与えてしまったのだという。確かにその時の位置関係を見るとそのとおりなのだ。ただ、復調しつつあった遠藤は、そこで修正をすることが可能になり、追加の失点を許さず0-1のまま終わったことで、3戦目が引き分けでよいという優位な状況となった。皮肉なことにオランダ戦の1失点がGL突破を引き寄せたということなのだ。

3戦目は前半の早い時間帯でFKがそのままゴールとなったことで、勝たなければいけないデンマークの歯車が完全に狂ってしまった。あれで勝負あったと言ってもよいだろう。

GL突破という結果は、決して名称とは言えない岡田監督(恐らく分析官としては一流なのだろう)が、日本中の批判に対して多少変化を見せたことが1つの要因だろう。しかし専門家を引き入れた高地対策が功を奏したであろうということは、あまり指摘されないが、重要な点ではないか。これまで無駄走りをして70分くらいでガス欠になっていた日本代表が、最後まで走れたのは高地対策の恩恵だろう。そして何よりも潜在能力の高い選手達が危機感をもって臨んだことで一体感が生まれて、よい結果に繋がったのだと言えよう。サッカーにおける監督の役割は大きいとはいえ、岡田監督が凡将から急に名将に変じた訳ではない。これはアルゼンチンも似たようなものだろう(笑)。

決勝トーナメントは負けないサッカーでは勝ち進めない。あまりに非現実的なベスト4を打ち出していた岡田監督の頭の中には攻撃的なサッカーがあったのだと思うが、GL突破のためにそれは一度捨てた。選手起用、選手交代、戦術などもう一度切り替えないと決勝トーナメントでは対応できないと思う。もしも決勝トーナメントである程度の結果を出したら(ベスト8進出と準々決勝でのスペインまたはポルトガルを相手にした善戦がその基準だろう)、短期間に名将に転じたという評価も間違いではないだろう。02年の決勝トーナメント・ラウンド16のトルコ戦の敗戦のような消化不良感だけはまた味わいたくない。

E組以外。
A組のウルグアイ、メキシコはタフなサッカーで見せてくれた。フランスの体たらくは予想されたこと。南アは惜しかった。初戦に勝っていれば結果は当然違っていただろう。

B組の韓国は素晴らしい。02年のベスト4はどう考えても誤審など下駄を履かされていたが、今回はそういう批判を許す余地がない。よいチームである。アルゼンチン戦の1-4も結果だけ見れば無残だが戦い方は正々堂々として天晴れだ。ギリシャはGL敗退したがW杯初勝利おめでとう。ナイジェリアはイメージや身体能力とは裏腹に、ここのところ期待を裏切り続けている。アルゼンチンは本来の実力からすれば当然の結果だろう。

C組。セルビア、オーストラリアは残念。ここは実力が拮抗した死のグループで、ドイツも敗退の可能性があった。今大会で乱発されたレッドカードがもっとも影響したグループだったかもしれないが、オーストラリアに一番酷だったようだ。

D組。スロベニア残念。結果的にアメリカに追いつかれていなければ決勝トーナメントに行けたわけが、それでもアメリカが最終のアルジェリア戦の後半ロスタイムで勝利しなければ進出できていた。今大会のアメリカの終盤は神がかり的だ。

F組。スロバキアの最終戦の戦いはイタリアがヘロヘロだったことを差し引いても見事。欧州でやっていると名前負けするということがないのだろうな、ということを見せてもらった。イタリアは大会前フランスほどは酷くなかったのだろうが、初戦を見て何か変だと思ったファンは少なくないだろう。D組のイングランドと違って立て直せずにずるずる行ってしまったのは残念だが、世代交代を期待するしかないのだろう。ニュージーランドの健闘(3引分け)は特筆すべきだと思う。ここも名前負けせずに持てる力を出して戦った勇敢なチームだ。

G組。北朝鮮は最初のブラジル戦で健闘したのでいい線いくかと思ったけれど、大敗したポルトガル戦が全て。鄭大世にゴールを決めて欲しかったが、対戦相手が皆強力すぎた。コートジボワールは実力があるのに運がないのか、2大会続けてのGL敗退。アフリカでの開催なのに残念。

H組。ここもスペインが初戦に負けて危なかったが、持ち直してラテン総崩れを防いだ。スイスは健闘したけれどスペイン戦で勢力を使い果たしてしまったか。ホンジュラスはオシムに今大会最弱と言われたが、スイス戦で引き分けて勝ち点1を得た。北中米カリブ海の3位チームは、98年のジャマイカ、02年のコスタリカ、06年のトリニダード・トバゴ、そして今回と毎回違うチームが出てきて楽しいのだが、いつも結果が出ないので、次回は頑張って結果を残して欲しい。

|

« 大相撲の腐った根っこは完全に断ち切れよ | トップページ | スカイばやりなのかな »

コメント

ここまで勝ち進んでくるとは、日本チーム、立派ですね。今晩が楽しみです。

投稿: outlaw | 2010年6月29日 (火曜日) 08時25分

PK負け、残念でした。
どうせならもう少し積極的に攻めて欲しかったと思います。試合展開はちょっと退屈だった。

投稿: フロレスタン | 2010年6月30日 (水曜日) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/48728645

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAワールドカップ・グループリーグ総括:

« 大相撲の腐った根っこは完全に断ち切れよ | トップページ | スカイばやりなのかな »