« 亀と鳩 | トップページ | 世も末だな »

2010年4月 3日 (土曜日)

また俳優の年齢がおかしいよ

NHKの古代ドラマスペシャル「大仏開眼」の前編を見た。
古代がドラマで取り上げられることは少ないので、NHKのこの手の作品は史実とは関係なく(というか古代史の場合、解釈の幅が広いから史実がどうか、というのはドラマとして見る場合にはあまり意味がないと思う)楽しめる。今回は平城京遷都1300年記念の製作なのだろうが、

ただし、いつものことだが、登場人物の年齢と演じている俳優の年齢のギャップはなんとかならないのかねえ。主要な人物で見れば次の通り。吉備真備が若すぎて、逆に聖武天皇が老けすぎている。

吉備真備  695  吉岡秀隆 1970
藤原仲麻呂 697  高橋克典 1964
聖武天皇  701  国村隼  1955
藤原光明子 701  浅野温子 1961
阿倍内親王 718  石原さとみ 1986

|

« 亀と鳩 | トップページ | 世も末だな »

コメント

> 管理人様

やはり、イメージとして、或る程度歳を取った天皇に、物事をリードさせたいという、脚本家の想像力の欠如があったのでしょうかね。天皇が若いなら、それを補佐する老臣という感じでも良いでしょうに・・・

投稿: tenjin95 | 2010年4月 4日 (日曜日) 06時08分

>>tenjin95さん

NHK、民放に限らず、時代劇の場合権力、権威をもった人物を年長者で表現したいバイアスがあるように感じます。儒教(朱子学)の影響なのでしょうか。

実際の年齢差に近い配役として、当時の様子を生き生きと再現させるような脚本や演出というのを時にはやってもらいたいものです。

投稿: フロレスタン | 2010年4月 4日 (日曜日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47988843

この記事へのトラックバック一覧です: また俳優の年齢がおかしいよ:

« 亀と鳩 | トップページ | 世も末だな »