« 日本も火山国だよ、他人事ぢゃない | トップページ | 過去の肩書きだけの奴ら »

2010年4月22日 (木曜日)

自民党の崩壊は驚くに値しないが

舛添前厚労相が自民党を離れて新党を結成するようだ。だが「提携先」の改革クラブとやらの面子を見れば、1人は引退表明している人だし、渡辺秀央、荒井弘幸といった顔ぶれを見れば失望以外の何物も出てこない。「たちあがれ日本」は立ち枯れるだけだが、こっちは時代に逆行しそうだ。第二国民新党じゃあないのかね。舛添新党ならぬ「マスかき新党」か。

自民党はもともと「ほとんど左翼」のリベラルから「ほとんど右翼」のタカ派が同居していたわけで、派閥が党内党とも言われていた。求心力(接着剤)は政権だけなのだから、選挙で大敗してその政権を失えば崩壊するのは当然の成り行きだろう。

民主党は衆院で圧倒的多数を占めているから、こうした状況に対して上から目線で強気のコメントが幹部から聞かれるが、そういう民主党も似たようなものだ。名前こそ民主党のままだが、小沢一派に乗っ取られたことで大きな政府志向のばらまき利権政党に変質し、同床異夢の議員達の烏合の衆となっている。その求心力は、野党時代は「政権交代」であり、マスゴミの扇動と金権選挙というなりふり構わぬ戦いで「交代」の文字は取れて政権を奪取し、当面は接着剤が効いているから、政権自体はダッチロール状態でもこういう強気の発言がしていられるのだろう。

早い話、一旦政権を失えば、今の自民党と同じようになることは必至だ。政権童貞の野党時代は政権の座に就くまではとばかりに我慢できても、一旦権力のうまみを知ってしまえば、もう我慢などできはしないだろう。明日は我が身とまでいかなくても、「明後日は我が身」くらいには思っているかもしれないから、見て見ぬふりをするか敢えて強気に出ているだけだと思うのは、ニヒリズムが過ぎるかな(笑)。

自民党にせよ民主党にせよ、政権を維持することそのものが目的で、国民のために何をするのか、ということが不在だから、政権から離れれば議員達は好き放題となる。中選挙区制の時も自民党と乱立する中小規模勢力野党という構造だったが、変則的な小選挙区制となった今もこれと同じような構造が出現しつつある。この国に二大政党など根付かないだろう。

|

« 日本も火山国だよ、他人事ぢゃない | トップページ | 過去の肩書きだけの奴ら »

コメント

>この国に二大政党など根付かないだろう。

政策で集まったわけでもない衆を政党といってよいものかどうか。
それで納得できるのなら現時点でニ大政党にする近道としては、全野党が共闘して「反民主党」を立ち上げることかな?
「反小沢党」もありかと。

小泉進次郎氏も「反民主なのに全員がバラバラというのが、国民に分かりにくい。反民主で一致しているんですから、参院選ではみんな一緒にくっついてしまえばいいのに」と言っているな。

投稿: 使徒 | 2010年4月24日 (土曜日) 00時31分

>>使徒さん

「立ち枯れ日本」はまさに政党とは言えないような実態ですね。

>全野党が共闘して「反民主党」を立ち上げることかな?
「反小沢党」もありかと。

それは1993年の小沢主導による非自民8党連立政権のようなものですね(笑)。意趣返しですな(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2010年4月24日 (土曜日) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/48150775

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の崩壊は驚くに値しないが:

« 日本も火山国だよ、他人事ぢゃない | トップページ | 過去の肩書きだけの奴ら »