« 100分の2秒差 | トップページ | 幸せ〜って何だっけ、何だっけ♪ »

2010年2月28日 (日曜日)

浅田の銀メダルに思う

うちはカミさんが何故かフィギュアスケートに夢中になっていて、今回はアイスダンスから全てのプログラムを録画も含めて観戦したが、私はほとんど見ないで、後で主要な選手の演技を録画かハイライト番組で見た程度。そういう前提で読んでもらいたい。

浅田は身体能力が優れているのに練習熱心ということで、これには敬意を表するばかりである。しかも今回は代表に選ばれることさえ危ぶまれる状況だったのを、ちゃんとコンディションを整えて代表入りし、そして最後まで自分の演技をして最高点を出し、日本選手で最高の成績で銀メダルなのだから、これはいくら賞賛してもいいだろう。スポーツを楽しむという観点からはこのことは素直に喜びたい。

かみさんは、フリー演技の始まる前に、真央ちゃんは金を取れるだろうか、というので、私は無理だ、と答えた。客観的に情勢を考慮すれば、キムの優勝は鉄板だからだ。それより地元(キムも実質カナダ代表みたいなスタッフ構成だが)ということもあるし、点差を考えると浅田がミスをすれば(かつてのような地元びいきはないにしても)ロシェットに逆転される可能性だって考えられるぜ、と答えた。実際、浅田はミスをし、ロシェットもミスをしたがかなり肉薄されてしまった。

昨年あたりの浅田の不調は、身体の成長にフィジカルがついて行ってない、という指摘があった。実際身長が伸びると身体の重心がずれてジャンプなどのコントロールが難しくなると言う。スポーツカーのボディなのに軽自動車のエンジンでは走れないのだ。今回4位になった長洲も、身長が140cm台から164cmに伸びるのにつれて、この課題に向き合ったという。

このあたりの課題は浅田も克服しつつあったのだろうが、完全には間に合わなかったのだろう。キムは以前からフィジカルの強化に力を入れていたようで、4分間タフに滑りきったのに対して、浅田は後半息切れしてミスが出たように見えた。

そして一番問題なのは、やはり採点システムへの対応である。前回のトリノでは荒川陣営が、採点システムをよく研究して、堅実に滑って高得点を出せるように上手く対応して金メダルを取った。今回はキムと男子のライサチェクがこれをやったのだ。演技構成を見れば浅田の方が最初からノーミスの場合でも基礎点での優位がSPの差を下回っている少ないのだから、最初から勝負はあったようなもので、さらに実際の演技でミスをして評価点を稼げなければ勝敗は明らかだ。

この点に目をつむり、トリプルアクセル2回/1演技を評価しろ(評価しないとは誰も言わないだろう)とか、単によくやった、感動した、勇気をもらったなどという精神論的な評価だけでは、次のオリンピックでの金も困難だろう。浅田だけでなく誰が出ても、である。

採点システムが変わらない限り、フィジカルを強化して4分間安定して演技が出来ること、得意のトリプルアクセスをより安定させること、他の基礎点の高いジャンプをマスターすること、つなぎの演技やステップ、大人の女性としての芸術的表現を向上させる必要があると思われる。せっかくよい武器を持っているのだから、それを磨くとともに、更に武器を増やしてかつそれを最大限に活かす戦い方を見出すべきなのだ。

難度の高いジャンプという局部的な技術に酔っているたせけでは、まるでパスのつなぎに満足してゴールが奪えないで試合に勝てないサッカーの日本代表と同じである。金メダルを取りたいのであれば、審判から最高の得点を引き出さなくてはならない(サッカーなら泥臭くてもゴールを奪うことに相当する)。

このように戦術に酔って戦略が欠如しているのは、巨艦主義で大東亜戦争に敗れた旧日本軍にも見られる欠点であり、個別の技術が優秀でも世界標準が取れないでいる日本の製造業にも共通点が見いだせる。大袈裟に言えば、浅田の銀メダルは実は停滞する日本の象徴かもしれないのである。スポーツ観戦という視点を外せば喜んでばかりもいられまい。

最後に、相変わらず煽ることしか知らない、しないテレビには辟易した。
女子フリーの開始前、浅田の演技ブログラムと基礎点を並べたパネルを用意して、こうすれば金だなどとやっていたワイドショーがあった。自己満足の極みである。しかもその番組に出ていた「父親のグッズを勝手に売却して妹に告発されそうな」長嶋一茂が、トリプルアクセルを3回飛べないんですか、というバカ丸出しの質問をしていた。こういう奴を出すなよ。せめてこういう質問はさせないように事前に口止めしろよ。野球なら例えば1回の打席で4回空振りできないんですか、と尋ねるようなものだ。

|

« 100分の2秒差 | トップページ | 幸せ〜って何だっけ、何だっけ♪ »

コメント

>演技構成を見れば浅田の方が最初から基礎点が少ないのだから、

フリーの基礎点は,浅田のほうが約3点高かったのでは?

投稿: TuH | 2010年3月 1日 (月曜日) 02時41分

>>TuHさん

新聞に掲載されたのを確認して見ました。
フリーの基礎点はキムが60.90、浅田が55.86です。

投稿: フロレスタン | 2010年3月 1日 (月曜日) 07時09分

>フリーの基礎点はキムが60.90、浅田が55.86です。

わかりました。上記は演じた結果のうちの基礎点部分(Executed Elements)のことですね。
私の言った「フリーの基礎点は,浅田のほうが約3点高い」というのは,予定されたプログラムの基礎点部分(Planned Elements)のことで,ミスなく演じた場合の比較です。
今回の浅田は以下のようなミスがあったので,結果として「キムが60.90、浅田が55.86」になりました。

※ミス1=3F+2Lo+2Lo の予定が 3F(downgraded)+2Lo+2Lo になった

※ミス2= 3T の予定が 1T になった

つまり,私は

>演技構成を見れば浅田の方が最初から基礎点が少ないのだから、

の「最初から」の意味を「予定された」と解釈したので,あれ?と思ったのでした。

投稿: TuH | 2010年3月 2日 (火曜日) 03時08分

>>TuHさん

ええと、浅田は演技ミスで基礎点8.14を失っている(GOEは除く)ので、Plannedで見ると、ご指摘のように浅田の方が約3点高い、ということになりますね。

勘違いしていたようです。失礼しました。
本文修正しておきます(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2010年3月 2日 (火曜日) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47686326

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田の銀メダルに思う:

» 浅田真央選手 自己最高点をマークするも「金」に届かず・・ [つらつら日暮らし]
まぁ、今回の大会は仕方ない感もあります。 [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日曜日) 14時27分

« 100分の2秒差 | トップページ | 幸せ〜って何だっけ、何だっけ♪ »