« せっかく集まったのならもっと前向きに考えられないのかな | トップページ | 受験シーズンの幕開けに »

2010年2月 5日 (金曜日)

仲良くできるかな

ちょっと値がはるのですが、最近ナナオの液晶ディスプレーを仕事場のPC用に導入しました。
実はその製品、発売開始日が私の誕生日と同じだったのです(^_^;)。

といっても10万円以上するハイエンドのものではなく、ナナオの中では相対的に安いミドルレンジのモデルです。
ディスプレーは仕事で長時間向き合うことも多いので、安物は使わない方がいい。CRTのディスプレーから始まってもうパソコンとのつきあいは23年にもなりますが、パソコン作業で目が疲れたり肩がこったりしたことはありません。

22インチワイドでWUXGA(1920×1200ピクセル)。ワイドモニターだと1680×1050ピクセルが多くて、最近はいわゆるフルHDの1920×1080ピクセルのものも増えていますが、これまでUXGA(1600×1200ピクセル)のものを使っていたので、縦方向が狭くなるのは選択肢に入りませんでした。つまりUXGAしか選択肢がなかった、ということ(笑)。

22インチでWUXGAだから、小さめの表示なのですが、幸い52歳にしてそれほど老眼が酷くはないので(^_^;)、大丈夫です。

これまでのイーヤマのディスプレイも故障したわけではないので、サブマシンのマックにつないでいます。

ナナオのもイーヤマのも液晶パネルの駆動方式がVA(Vertical Alignment)というもので、安価なTN(Twisted Nematic)と比較すると高コントラストで視野角も広くて見やすい。これまで使っていたのがVA方式だったので、今回もTNにするつもりはなかった。もちろんハイエンドに使われているIPS(In Plane Switching)には劣るのですが。

しかし、導入してわかったのですが、重たい液晶ディスプレーなのに縦方向に簡単にスライドできて高さが調節できるタイプのスタンドであることが意外にメリットがある、ということです。最適な高さに固定してしまえばいいようなものですが、案外、作業途中でちょいと高さを変えたいという時はあるもの。ましてや私は腰痛持ちですから、調子が悪い時など、その時の姿勢に合わせて簡単に高さが調節できるのはありがたい。

もちろん、腰痛を治せばいいのですが、こればかりは配偶者以上の長年のつきあいでもあり、なかなか別れてくれません(苦笑)。

それと回転して縦長にできるのですが、これは多分使わないでしょうねえ。UXGAもそうですが、A4縦の文書が見開きで収まるというのはよいものです。

予算の都合で低価格のTNタイプの液晶ディスプレーを購入せざるを得ないケースも多々あると思いますが、できればなんとか都合をつけて上位の機種を導入したいものです。例えば電子メールとウェブ閲覧の他はワープロくらいしか使わない、という人が多いと思いますが、であればPC本体はそれほど高価格・高性能のものは必要ないので、その分モニターに金かける、というやり方があります。CPUにCore i7なんか要らない。Celeronのデュアルコアとか最近出たCore i3のパソコンならかなり安価で売られています。IntelではなくAMDのCPUのものを選択する、というのもありでしょう。

ま、デスクトップ型PCの話ですがね(笑)。

|

« せっかく集まったのならもっと前向きに考えられないのかな | トップページ | 受験シーズンの幕開けに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47482393

この記事へのトラックバック一覧です: 仲良くできるかな:

« せっかく集まったのならもっと前向きに考えられないのかな | トップページ | 受験シーズンの幕開けに »