« 個人的藤末参議院議員考 | トップページ | 諸君、注目したまえ、生誕200周年だ »

2010年1月 7日 (木曜日)

「日中友好」なる虚像

「古代中国の虚像と実像」(講談社現代新書・落合 淳思著)という本を読んだ。

我々がよく知っている古代シナの逸話はたいていが史実ではなく後世に作られたものだ、というのが全編を通してのこの書のテーマである。著者は物語は物語として、科学としての歴史をこの書で語りたい、というスタンスである。例えば秦の始皇帝の「焚書坑儒」は、焚書は本当のようだが坑儒は疑わしいという。儒学者だけが弾圧されたのではないらしい。三国志演義がずっと後の明代になって創作されたフィクションであり、本当の三国志とかけ離れていることは周知の事実だが(この本の最後は三国志の時代から司馬氏が魏から皇位を簒奪した晋の初期である)、そこまでいかなくとも古代シナの史書に書かれている多くの逸話は作り話であり、また実在と思われているが実は架空である人物も多いようだ。

司馬遷の史記は本格的な歴史書の嚆矢だが、漢代はともかく秦代は短すぎて史料が整わなかったために、伝聞に基づいた記述が多く、そのためにフィクションが多数含まれているとのことだ。

典型的な作り話のパターンは、秘密の会議の内容や敗者の最期の言葉が語られているものであるという。そんなものは残るはずがない、というのが根拠である。言われてみれば当たり前のことだが、あまりにできすぎた物語は、その面白さ故真実に思われてしまう。物語として楽しむのであればそれでいいのだが、問題は専門家である歴史学者までが簡単に騙されてしまう点だともいう。

それだけ古代シナ人は人を欺くのが巧みだったと言うことだろう。そしてそれは現代にもつながっているようにも思える。

この本を読んでいてつくづく感じたのは、白髪三千丈というシナの誇大妄想と、前王朝を徹底的に指弾する後継王朝による正史の凄まじさである。2000人生き埋めなどというのがあるが、これは南京大虐殺30万人に通ずるところがある。2000年後の歴史家が精緻に史料を分析すれば、南京大虐殺が虚構であるかシナ人による自作自演であることが明らかにされるだろう。現在これを主張すると日本で右翼認定される(笑)。

歴代王朝の初期の皇帝は概ね名君で、末期は概ね暗君・愚帝である。これはシナ正史の制作方式による宿命であることは言うまでもない。前王朝の末期を悪く言わねば、それを滅ぼした自らの正統性を否定することになるし、その裏返しで初期を褒めなければ、これまた自らが初期王朝であるためにその首を絞めることになる。

問題は現王朝の中華人民共和国である。今の胡皇帝は何代目だっけ。
通史では前王朝は中華民国ということになっているが、アングラの共産党も含めて実態は新三国志と言ってもよいだろう。国共合作なんてのは呉と蜀が連合して魏と対峙したように、現代の赤壁の戦いかもしれない。その一つの汪兆銘政権は日本の傀儡とされている。つまり日本は中華人民共和国から見れば断罪すべき前王朝の一部に見えるのだと思う。「日本鬼子」は事実上江沢民らによる中華人民共和国王朝によるシナ伝統の正史に位置づけられていると見て間違いないだろう。

(追記)
などと書いたら、こんなニュースが目に入ってきた。

首相が南京へ・胡主席は広島へ…中国が打診
ウェブ魚拓

鳩山のことだからどんな反日発言が飛び出すか要注意だが、それはそれとして、不法占拠のチベットやウィグルなども含めて人口13億人もいて50以上の民族が存在すれば、とんでもない奴もたくさんいる一方、知的レベルの高い、あるいは教養と分別のあるまともな人たちもたくさんいることは言うまでもない。

情報統制で反日の存在は大きく報道され、一方親日派・知日派のシナ人の存在は目立たない。

対日イメージをよくしようというのであれば、日本の総理でありながら反日的な存在である何を考えてるのかさっぱりわからない男を招くよりも、反日をことさらに煽ることなく、ありのままの自らの国内の姿を日本人向けに見せた方がよほど効果があるだろう。

|

« 個人的藤末参議院議員考 | トップページ | 諸君、注目したまえ、生誕200周年だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47224986

この記事へのトラックバック一覧です: 「日中友好」なる虚像:

« 個人的藤末参議院議員考 | トップページ | 諸君、注目したまえ、生誕200周年だ »