« お釜掘った列車 | トップページ | 個人的藤末参議院議員考 »

2010年1月 5日 (火曜日)

ハネムーン期間は終わったぜ

個人的にはそんな100日間はもともと認めてないけれどね。

自民党の族議員というのは、大臣でも内閣の一員でもないのに、政策決定に口を挟み、いや、最終的な政策決定を事実上支配していた、という「二元政治」であり、これが利権の温床だった。その舞台は政務調査会。

これを解消しようとしたのが民主党連立政権の「政治主導」ということになっていて、民主党は政権奪取に伴って政務調査会を廃止し、陳情も幹事長に一本化した。

それで本当に内閣に統治力や政策決定力があればよかったのだろうが、人格的に問題があり金銭感覚もいかがわしくリーダーシップの欠如した人物が総理大臣になり、各人がバラバラなことを思いつきで言う(そのくせ全体としては整合性と財源の欠如したマニフェストには異様に拘泥する)大臣はじめ政務三役。

結果が小沢独裁である。

予算案決定のプロセスを見れば、二元政治が何も変わっていないのは明らかだ。1人の意見があたかも「全国民」の声であるかのように堂々と罷り通るくらいなら、まだ族議員が跋扈している方がましだ(決してこれを肯定するものではない。単なる相対的な比較)。今夏の参議院選挙の候補者選びも、選挙至上主義で有名人を集めており、これもかつての自民党のやり方と大差がないように見える。旧社会党系など切るべきなのに逆に輿石東なんてのを側近にして重用する始末。これは自社馴れ合いの国対政治が内部化されたものだ。

恐らく政治屋としての小沢には選挙対策や裏取引などの政治手法の面で1980年代くらいまでの古き自民党の「DNA」がしっかりと伝わっているのだろうが、そうして手に入れた権力が国家社会主義的な勢力と結びついて危険な臭いを漂わせている。

池田信夫ブログの先月の記事「ヒトラーの経済政策」を見るとわかるのだが、爆笑せざるを得ないくらい民主党の政策とナツィスの政策は酷似しているのだ。

小沢ガールズなんてのは、年齢以外は北朝鮮の喜び組のようなものだろう。

|

« お釜掘った列車 | トップページ | 個人的藤末参議院議員考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47210893

この記事へのトラックバック一覧です: ハネムーン期間は終わったぜ:

« お釜掘った列車 | トップページ | 個人的藤末参議院議員考 »