« 変態新聞の醜態(単なる誤字だけどw) | トップページ | プリウスの抱える「もう一つの」矛盾 »

2010年1月10日 (日曜日)

天才は地元で輝けるか

サッカー:小野 清水と仮契約!背番「28」で再出発 (ウェブ魚拓)

天才ブレーヤーも30歳。サッカー選手としては晩年を迎えたと言ってよい。近頃はあまり話題に上らなくなっていた。海外の中堅チームであまり出番もないとなればそれもいたしかたない。

シルバーコレクターの川崎ほどではないが、清水はここのところ続けてタイトルにもう少しのところで逃がしているから、2010年シーズンは何とかタイトルをというチームの思いと、小野の意向が合致したということだろう。現状ではかなり実現困難だと思うが、現役プレーヤーである以上、小野自身は過去3回経験したW杯の代表入りの意欲もあるに違いない。

それにしても、移籍話が話題に上ってからかなり時間が経過して、ようやく正式契約だ。年俸が契約の障害と言われていたが、1億円ブラス出来高か。今の小野はそれほど価値のある選手なのか疑問だが、オレがフロントの責任者ではないから、まあそれはいいだろう(笑)。

怪我さえなければ間違いなく超一流のブレーヤーとして日本サッカー史に名前を刻んだことだろうが、いかんせん「ガラスの足」(カラスの足跡ぢゃないよ)である。たくさんいる一流プレーヤーの1人という域を恐らく出ないで終わることだろう。もっともそれでも彼がチームにフィットして清水がタイトルを獲得するようなことがあれば、その立役者として脚光を浴びることもあるだろう。地元で最後の一花割かせることができるか、今季のJリーグで注目のプレーヤーの1人であることは間違いない。

|

« 変態新聞の醜態(単なる誤字だけどw) | トップページ | プリウスの抱える「もう一つの」矛盾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47251868

この記事へのトラックバック一覧です: 天才は地元で輝けるか:

« 変態新聞の醜態(単なる誤字だけどw) | トップページ | プリウスの抱える「もう一つの」矛盾 »