« 二重の意味で「うーむ」 | トップページ | もしかすると厚生労働大臣はとても暇なのか »

2010年1月28日 (木曜日)

やはり外国人に参政権を与えるのは危険だ

名護市長選挙の結果は現行案反対の民主党推薦・稲嶺候補が僅差で勝利した。このため、辺野古移転が事実上不可能と言われ、これを民意、民意、とメディアはお得意の言葉で囃し立てている。そして、選挙結果を斟酌する必要がない、と発言した平野官房長官が集中砲火を浴びている。

まずは民意であるが、得票を見ると16000票台と17000票台の僅差であり、現職もそれなりの支持を集めている。いつもなら投票しない人たちまで投票したのかもしれないし、民主党が「動員」したのかもしれない。いずれにしても、落選した現職に投票した人たちの声は民意ではないらしい。昨夏の衆議院選挙の投票数を分母にした得票率で47%に過ぎないのに、自らを国民の代表と言い切ってしまう議員がいる政党とそこへの投票を煽ったメディアだから、致し方ない。

官房長官の発言は、与党の政治家として「空気を読めない」という点では、相変わらずその資質が問題視されるのかもしれないが、この問題に関しては、日米間の外交問題でもあり、1つの見方としてありうると思う。池田信夫氏などは、ネット論断「アゴラ」で「沖縄の心など考える必要のない、原発やゴミ処理施設と同じ迷惑施設をどうするかの問題だ」と主張しており(名護市長選の「民意」を斟酌する必要はない)、普段池田氏に同調するコメントが多いのに、これには反発が強い。名護市民に対して、金返してから反対しろ、というあたりは実際のお金の流れの詳細を知らないので何とも言えないが、沖縄、基地、防衛、戦争といった問題になるととたんに冷静さを失うのが、大東亜戦争のトラウマを引きずる日本社会なのだろう。

さて、この問題で、外国人参政法案との関係を考えてみよう。ただでさえ沖縄を自国領土だと主張するシナにとっては、沖縄に大量に移民させれば、武力を使わないでこれが実現できるよい機会に見えるだろう。当初は在日韓国人を主として念頭に置いていたと思われるこの法案だが、現実には近年は韓国人は減少してシナ人が増加しているとのこと。

僅差だろうと国政レベルの問題だろうと、勝ってしまった方が唯一の正しい民意なのだから、名護と同様に、沖縄中の自治体で「親中派」の市長を当選させたり、議会で多数派を握って、基地を追い出してしまえる可能性が考えられる。(善し悪しは別として)基地依存経済の沖縄はたち行かなくなるから、そこを狙ってシナ資本が大量に流入する。あとはなし崩しで人民解放軍が進出してくるだろう。

妄想だ、と言われればそれまでだが、沖縄という場所の地政学的な位置づけを考えれば、荒唐無稽な話ではあるまい。かつて琉球が歴代シナ王朝の冊封体制下に入り、広く東南アジアで貿易をしていた歴史を考えてみればよい。

北海道にも「ロシアの植民地」ができるかもしれないぞ。

そういえば、野党時代の民主党は沖縄に大量のシナ人を移住させる構想を発表して、それを批判するFlashムービーが登場したことがあったな。

クロハトキン総理は、日本列島は日本人だけのものでない、と言ったが、逆に日本は民主党支持者だけのものではないのだぞ。

|

« 二重の意味で「うーむ」 | トップページ | もしかすると厚生労働大臣はとても暇なのか »

コメント

あ、これですけど。
わたしにはほんとにほんとに難しいのでよく解らないんですけど。
そんなにほんとに危険なんですか?
あの…前と真逆な事言ってますけど
皮肉ではありません。
想像力ありすぎなのでは!
マジで解らないですけどびっくりします。
こんな意味の無いコメントでごめんなさい。
それではおやすみなさい。

投稿: レモン | 2010年2月14日 (日曜日) 02時13分

>>レモンさん

いろんな人が賛否両論の意見を表明しています。いろいろと検索して読んで、自分なりの考え方を模索してみて下さい。

でも、これだけは覚えて下さい。
国と国との付き合いは互恵主義といって、お互いに同じような条件にする、というのが現代社会での基本的な考え方です。

だから、日本人が居住しているある国が、日本人の参政権を認めたら、日本にいるその国の国籍を持った人の参政権を認めなければなりません。この場合、それぞれの人数もあまり違わないということも前提として必要です。

今アメリカ合衆国には何万人という日本人がいますが、彼らはアメリカでの参政権はありません。だから日本も日本にいるアメリカ人に参政権を与える必要はないのです。

参政権が日本国籍を持った人の固有の権利だというのは憲法に根拠が求められます。それには例外があるから外国人参政権を認めてもいいのだ、と主張していた憲法学者(その主張が賛成派の理論的よりどころだった)が最近見解を変えて、外国人参政権は憲法違反だと主張しています。

投稿: フロレスタン | 2010年2月14日 (日曜日) 15時20分

ふうん
マジ勉強不足で恥ずかしいですけど
はっきり言うと
あんまり興味無かったんですけど
未来の日本がどうなるのかは
自分にも無関係ではないのだし
ちょっとは興味を持ってみようかなと思います。
わたしは国と国とかはよく解らないです。
ただ
いろんな立場の少数派の人権を尊重することで
結果的にはみんなが住み良い社会が
できるのかもって
脳内お花畑とか言われそうだけど
そんな風に思っていたので(何となくですけど)
なんだか
ん〜
マジsign02みたいな感じですけど
いろいろ読んだりしてみようかなと思います。
ありがとうございました。

投稿: レモン | 2010年2月15日 (月曜日) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47409276

この記事へのトラックバック一覧です: やはり外国人に参政権を与えるのは危険だ:

« 二重の意味で「うーむ」 | トップページ | もしかすると厚生労働大臣はとても暇なのか »