« あけましておめでとうございます | トップページ | ハネムーン期間は終わったぜ »

2010年1月 5日 (火曜日)

お釜掘った列車

いささか品のないタイトルで恐縮ですが(^_^;)。

Helsingin rautatieasema(ヘルシンキ中央駅)で、乗客のいない4両編成の列車が駅ビルに突っ込み大破。乗務員が負傷し、駅ビルは倒壊の恐れがあるとして一時避難が実施されたとのニュースである。

この間は銃の乱射もあったし、フィンランドも以前よりも物騒になっているのだろうか。
25年前に新婚旅行で訪れた時は、駅前で若い女性が1人で昼寝していても安心な状況だったのに。
(もっとも、当時からアル中おっさんはそれなりに存在したし、実はそれほど変わっていないのかもしれないのだが)

このニュースに接して、似たような事故が高知県であったよな、と咄嗟に思ったのだが、正確なところを忘れていたので検索したら、2005年の3月の土佐くろしお鉄道の終着(始発)駅の宿毛だった。

頭端型のホームは、車止めがあって行き止まりになっているので、暴走すると必然的に駅舎に突っ込むことになる。日本では上野駅の地平ホームなどこの形式は少ない(ホームの一部を切り欠いてローカル線の始発などに利用している例はそこそこある)が、海外の主要都市のターミナル駅は、文字通りterminal(終着)なので、暴走すると危険だ。まさか、今回のヘルシンキの事故も運転士がアル中だったのではないだろうな。ATCあるいはATSは設置されていなかったのだろうか。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ハネムーン期間は終わったぜ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47210493

この記事へのトラックバック一覧です: お釜掘った列車:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ハネムーン期間は終わったぜ »