« 「日中友好」なる虚像 | トップページ | 杜撰だ »

2010年1月 7日 (木曜日)

諸君、注目したまえ、生誕200周年だ

今年はドイツ・ロマン派の作曲家、ローベルト・アレキサンダー・シューマンの生誕200周年である。
小生のハンドルネームは、シューマンが評論家として文筆活動を行った際に使用したペンネームの一つを拝借している。本当のフロレスタンは200年前にこの世に生を受け、そして46歳で精神を病んで死んでいった。

彼の作品を聞いていると、独特の和音進行や対位法の使い方などに、ある種の精神の不健全さを感じることが多い。聞いているとそれが快感なのである。ピアノ三重奏曲第一番、ピアノ五重奏曲、交響曲第二番と第四番、ビアノ協奏曲、三重奏曲おとぎ話など。恐らく現代音楽にも通ずるところがあるのだろう。音楽史としては、マーラーからシェーンベルクあたりにつながっていく。もっとも彼に直接師事した後継者はヨハンネス・ブラームスだが。

彼はツヴィッカウ(Zwickau)という小さな街で生まれ、エンデニヒ(Endenich)という無名の街の精神病院で生涯を閉じる。
3番目の交響曲(Drittes Symphonie)は「ライン」(Rhein)という愛称がついているが、彼は死の2年前そのラインに身を投じて自殺を図り救出されている。最盛期にはドレスデンなどの主要都市でも活躍した。

その波乱に満ちた生涯を追いかけるように、彼の過ごした土地を巡る旅をしてみたいと思っているが、今年は時間的にも経済的にも無理だ。私が死ぬまでに実現できるだろうか。没後160年にあたる2016年は一つの目標だな。

その前に今年は、一年を通じて彼の音楽を今一度じっくりと味わってみることにしよう。

なお、ピアノの詩人フレデリック・ショパンも今年生誕200周年だが、シューマンは彼を(もちろん日本語訳だが)「諸君、注目したまえ、天才だ」と評している。

(追記)
ビアノ曲「トロイメライ」や合唱曲「流浪の民」などが通俗的には有名ですが、あまり聞いたことがない、という方もこれを機会に何か鑑賞してみて下さい。ハイネの詩に彼が曲をつけた歌曲「詩人の恋」あたりがとっかかりにはよいでしょう。作品番号1のビアノ曲「アペッグ変奏曲」は、若き日の作品ですが、シューマンの個性を感じ取れる代表作といえるでしょう。abeggという名のとおり、A-B-E-G-Gという音の進行をテーマにしています。スケールの大きな本格的なビアノ曲なら組曲謝肉祭。オーケストラ作品では前述のピアノ協奏曲(イ短調の一曲のみ存在)が聴き応えがあります。

|

« 「日中友好」なる虚像 | トップページ | 杜撰だ »

コメント

本年もよろしくお願いします。

シューマンのピアノ曲はメロディーでも
伴奏でもない、中間部があって演奏が
難しいピアニスト泣かせな曲です。
でも旋律は美しく歌曲「ミルテの花」の
第1曲 "Du mein Soele, du mein
Herz ..."はとりわけ素晴らしい
旋律です。

投稿: nenpiro | 2010年1月 7日 (木曜日) 21時31分

>>nenpiroさん

こちらこそよろしくお願いします。

私はピアノはほんの少ししか弾けませんが(弾けないのと同じw)、妻と娘が弾くので、その感覚はわかります。逆に弦楽器だとピアノみたいな音の飛び方(例えば2オクターブくらいに渡るアルペッジョ)で、弾きにくいんです。

歌曲の旋律は美しいですよね。
これは同時代では少し先輩のシューベルトと双璧でしょう。シューマンは同じジャンルの曲を集中して書く傾向があり、歌曲の年というのもありますね。

投稿: フロレスタン | 2010年1月 7日 (木曜日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47225256

この記事へのトラックバック一覧です: 諸君、注目したまえ、生誕200周年だ:

« 「日中友好」なる虚像 | トップページ | 杜撰だ »