« オザーリン(小沢一郎)も日本国憲法をわかっていないのではないか | トップページ | いつ消える、いつ割れる? »

2009年12月22日 (火曜日)

誰がこの想定質問をつくったのだろうか

質問なるほドリ:野口さんは、なぜソユーズで飛んだの?=回答・西川拓ウェブ魚拓

 Q ソユーズってどんなものなのかな。

 A 人が乗り込む宇宙船も、打ち上げに使うロケットもソユーズと呼ばれます。シャトルが7人乗りで再利用型なのに対し、ソユーズ宇宙船は3人乗りで1回ごとの使い捨てです。三つの串(くし)団子のような形で、宇宙で搭乗員が過ごす軌道モジュール、搭乗員が乗り込み切り離されて着陸する帰還モジュール、制御装置などがある機器・推進モジュールからなります。67年の初打ち上げ以来、3回の改良がありましたが、基本的な構造や技術は変わりません。

 Q そんなに古くて大丈夫?

 A 今回が108回目の飛行で、71年以来死亡事故は起きていません。古くてもシンプルな技術を使い込み、経験によって信頼性を上げていくのがロシアのやり方だそうです。

 Q 安心したよ。信頼性は高いんだね。

この「そんなに古くて大丈夫?」「安心したよ。」には笑った。もしも古くて心配というなら、自動車も飛行機も乗れないぜ(笑)。

|

« オザーリン(小沢一郎)も日本国憲法をわかっていないのではないか | トップページ | いつ消える、いつ割れる? »

コメント

もうひとつの東西冷戦の主役、B52はそろそろ3代目機長が搭乗する頃ですね。

投稿: wagonthe3rd | 2009年12月23日 (水曜日) 05時53分

>>wagonthe3rdさん

もしかすると零戦最強かもしれません(笑)。

投稿: フロレスタン | 2009年12月23日 (水曜日) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/47084776

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がこの想定質問をつくったのだろうか:

« オザーリン(小沢一郎)も日本国憲法をわかっていないのではないか | トップページ | いつ消える、いつ割れる? »