« 対向車は民主党の「刺客」かな? | トップページ | デタラメな小沢一郎に文明論や宗教論を語る資格なし »

2009年11月16日 (月曜日)

どれだけ人のいない大坂決戦なんだw

糞大河ドラマ「天地人」もいよいよ来週が最終回。いやあ、ここまで長かった。いつもの年より早く終わるのが救いだ(笑)。って、ずっと見て来たわけだが(^_^;)。

どうせ最終回は回想シーン満載の主人公の臨終だろうから、実質的には今日で終わったと言ってよい。
それにしては、登場人物の少ない寂しい最終回だった。えっ、人が少ないのはいつものことだってか(笑)。

大坂方の主要な武将はアバン・タイトルの文字だけの登場だ。後藤又兵衛しかり明石全登しかり長宗我部盛親しかり毛利勝永しかり塙団衛門しかり木村重成しかり。豊臣方の武将はなんと真田信繁1人である。しかも真田丸におらず家康襲撃もせず、千姫救出のために大坂城にいるではないか(@_@)。

前回、方広寺の鐘の銘文に文句をつけたのが死んだはずの遠山康光という登場人物節約にもびっくりしたが(笑)、千姫を救い出したのが直江山城とはねえ… 冬の陣の後、堀を埋めるシーンもなかったしなあ。

山里郭に大蔵卿局・大野治長親子や真田大助もいなかったし、大坂夏の陣で大活躍の井伊直孝もいなかったし、いきなり京都から「大坂が燃えている」でお終いである。本多正純までいないとは。

「創作ドラマ」ないし「捏造ドラマ」としてはなかなかのものではある。

|

« 対向車は民主党の「刺客」かな? | トップページ | デタラメな小沢一郎に文明論や宗教論を語る資格なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/46775324

この記事へのトラックバック一覧です: どれだけ人のいない大坂決戦なんだw:

« 対向車は民主党の「刺客」かな? | トップページ | デタラメな小沢一郎に文明論や宗教論を語る資格なし »