« こりゃすげえや | トップページ | 欧米の現代キリスト教は本当に一神教なのか? »

2009年11月23日 (月曜日)

(経済+科学技術)音痴=鳩山政権

タイトルで左辺を「因数分解」してしまったよ(笑)。

経済音痴に関しては今更言うまでもなく、藤井財務大臣の不規則発言や亀井金融担当大臣のモラトリアムで証明済みだが、竹橋の変態新聞の一部記者が「理系内閣」と命名したのとは裏腹に、科学技術音痴であることが完全に露呈された。

スパコン「大幅縮減」見直し=仙谷担当相が表明−事業仕分けウェブ魚拓

一部科学者が圧力団体になってしまった。スパコンが全てではないのに、スパコンが特別扱いされている。

もちろん、別エントリーでも書いたように、事業仕分けでバッサリとスパコンを切って捨てるような姿勢はいただけないが、スパコンの予算を事業仕分けなどという政治ショウに持ち込んだことが間違いなのだ。現状ではスパコンは無駄飯食いだから、事業仕分けにかければ切られるだろうが、限られた予算をどう活かしていくかという視点が欠落するからだ。しかし事業仕分けはそういう本質を議論する場ではなく、現状の予算の無駄の度合いを一時間以内で判定するだけの(しかも財務相主導のマニュアルが用意されているという噴飯ものの)出来レースに過ぎない。

こんなことをしていれば、削減対象になった科学技術関連予算は、皆科学者のアピールでひっくり返されてしまう。スパコンは特別などというなら、それこそ不公平の極みだ。スパコンのみを特別扱いする理由はない。

事業仕分けの中心である民主党の枝野議員は、事業仕分けは予算の合理性を判定する場であり、政治的必要性は国家戦略室で判断する、という主張のようだが、それなら事業仕分けって何なのだ?不合理な予算を政治的に復活させる、となったらそれこそ談合と利権の温床だ。旧政権と何が違うというのか。

|

« こりゃすげえや | トップページ | 欧米の現代キリスト教は本当に一神教なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/46843028

この記事へのトラックバック一覧です: (経済+科学技術)音痴=鳩山政権:

« こりゃすげえや | トップページ | 欧米の現代キリスト教は本当に一神教なのか? »