« バ勝間和代 | トップページ | 入る方も受け入れる方も売名行為じゃないのかな »

2009年11月10日 (火曜日)

OBにとどめを刺された「名門」の落日

言うまでもなくジェフユナイテッド市原・千葉のことである。
日本リーグ時代(古河電工)から唯一2部陥落のなかった「名門」が遂に来季はJ2で戦うことになった。

しかしよく考えてみると、今年はおまけのような1年だったのかもしれない。
昨季の最終戦の後半残り20分くらいからの奇跡的な逆転勝利で残留を決めたものの、単に陥落を1年先送りにしただけの結果に終わった。フロントはあれで「ジェフは陥落しない」と勝手に思い込んでしまったのではないか。鹿島から中後を補強したりはしたものの、流出戦力の方が大きかったのを埋めきれなかった。メディアにもそうしたフロントの責任を問う論調がある。

このチームは過去には名門だったかもしれないが、Jリーグ発足以来あまりバッとしなかった。

オシムを監督に迎えて優勝争いをするチームにしたものの、そのオシムを日本代表に強奪されて、再び凋落の道を辿ることになったのはつい最近のことだ。

強奪したのは川渕三郎。古河電工のOBである。この「大物OB」が名門凋落のとどめを刺したといってよいだろう。川縁批判はタブーなのか、メディアにそうした論調は見られないようだが、この見方は外れてはいないだろう。

そしてそのオシムが病に倒れた後の代表監督を引き継いだ岡田武史も古河電工のOBである。岡田には直接ジェフ凋落の罪はないが、これも因縁である。

J2に陥落したチームの幹部はどこも判で押したように「1年でJ1に復帰する」と言うが、今回復帰を決めた仙台などは7年かかっている。湘南、福岡、札幌などの例を見てもわかるように復帰は簡単ではないが、オシムの時のような魅力的な攻撃サッカーでJ1に戻ってくることを期待しよう。

|

« バ勝間和代 | トップページ | 入る方も受け入れる方も売名行為じゃないのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/46726787

この記事へのトラックバック一覧です: OBにとどめを刺された「名門」の落日:

« バ勝間和代 | トップページ | 入る方も受け入れる方も売名行為じゃないのかな »