« Yahoo! GyaO!の糞ッたれが | トップページ | 思わず納得してしまう間違い »

2009年10月27日 (火曜日)

変われば変わるものだ

自民党の谷垣総裁ね。
先日は靖国参拝して「先の大戦で亡くなった人は靖国に祭られている」云々発言したし、昨日鳩ポッポ総理の所信表明演説に関しては、民主党議員の反応がヒトラー・ユーゲントみたいだ、と過激なことを口にした。与党の総裁候補(つまり総理候補)の時だったら、この人はこんなことは言わなかっただろう。

ヒトラー・ユーゲント云々は不適切だという批判もあるようだが、ニュースの雰囲気から察するに、多分現場にいた野党議員は似たような印象を持ったに違いない。口に出すかどうかの差だけだ。そもそも例えにヒトラーを持ち出していけないという決まりでもあるのかね。ここはドイツじゃないし、本当にああいう独裁の危険性が感じられるのなら、例にしたほうがよいかもしれない。

実際小沢一郎のやり方や言動は独裁主義者ではないかと疑念を抱くのに十分である。批判すると重要ポストからはずす。かつての同志渡部恒三氏も最高顧問からはずされたと伝えられ、新人議員に対しては、研修という名の「洗脳」を行っている。

立法府の構成員である議員に議員立法を禁止する、という信じられない暴挙にも出た。こんなの法的根拠がないだろうに。ならばほとんど仕事をしないに等しい民主党のヒラ議員には現行の歳費は高すぎるし、文書通信交通費や立法事務費など不要だ。長年野党議員だった怨念をひたすらはらしているようにも見える。

野党議員はどんどん過激に批判すべきである。総理も幹事長も政治資金疑惑で真っ黒なのだから。

|

« Yahoo! GyaO!の糞ッたれが | トップページ | 思わず納得してしまう間違い »

コメント

こんにちは。ブログ拝見しました。
とても興味深い記事をありがとうございます。
また伺いますのでよろしくお願いいたします。

投稿: とりぽす | 2009年10月27日 (火曜日) 11時00分

私は消極的な民主党支持者です。本来は自民党を支持していました。
その理由としては日本も現在の時勢下そろそろ保守とリベラルの2つの政党がきちんと両立して互いの政権を監視する(揚げ足取りではなく)様な緊張した政治体制を目指さないと、十年一日のような陳情政治や官庁主導の縦割り政治を続けていては国が衰退する一方と思うがためです。
その為の第一歩として60年も続いてきた自民党を一旦下野させる必要があると思い今夏の総選挙は民主党に投票しましたが、民主の公約に諸手を挙げて賛成というわけではありません。
特に外交には継続性が必要で、彼らが師と仰ぐ英国政府でさえ保守・労働党を問わず一貫しています。
今の民主党に求めたいのは国内行政を検証して無駄の排除をする事。もっと言うとどんな無駄がどれほどあるのか白日の下にさらけ出す事。それだけでも大仕事で合格だと思います。
国同士の信義にもとるような外交公約の撤回などもっての外ですが、どうも今の鳩山政権は肩に力が入りすぎている。

2政党がきちんと両立するためには自民・民主共に構成員の洗い直しが必要で、両党とも一回ガラガラポンをして、保守・リベラルを明確にした上で社民党や国民新党に行ってもらったほうが相応しい人には両党から出ていってもらう。自民もそうだけど今の民主党の陣容では構成員がごった煮の感が否めず、石井や山岡がなんで赤松や横路や輿石と一緒なのか不思議でなりません。(ここに挙げた人たちは右左を問わず苦手です!)
やはり前原や枝野や細野などの有能な人材を仙石や鳩山あたりがバックアップする体制にならないかなと思っています。(それと岡田、野田なんかも有為)

小沢一郎についてはフロレスタンさんに激しく同意です。
自民党時代に書いた著書「日本改造計画」には心を揺さぶられましたが、昨今の同氏には本当に独裁的な印象しか持ち合わせていません。
兎に角、情報の発信を嫌い密室に篭るようなあの政治姿勢は昔の自民党の強権的な派閥政治を見ているようで、国民なぞは黙ってついて来い的な振る舞いは残念です。
輿石と仲良く共同戦線を張っているところなぞを見るにつけ、このおっさんは何を考えているの?という思いです。
先日も行政刷新の仕分けチームの件で官房長官が小沢さんに陳謝したと言っていたけど、内閣のスポークスマンが定例会見で自党の幹事長に『陳謝』を述べるなど前代未聞ではないでしょうか。

私は鳩山政権についてはここ当面は我慢して推移を見ていきたいと思います。
そうしないと2大政党の洗い直しも覚束ないし、現在の時間が失われた時間になってしまうから。
特に前原国交相は地ならし無しのアプローチが少々乱暴かなという思いはあるけれど、目指す方向は間違っていないと信じています。

自民党もあれほど支持率が低かった元総理が隠然と力を持ち続けていられる事が不思議ですが、それが許される環境である限りだめかなと思います。
程度の低い話しながら、投票をしようとしてもあそこら辺りの方々の顔が思い浮かぶと意欲が萎えてしまいます。

投稿: Fraternity | 2009年10月30日 (金曜日) 11時22分

Fraternityさん

>2政党がきちんと両立するためには自民・民主共に構成員の洗い直しが必要で、両党とも一回ガラガラポンをして、保守・リベラルを明確にした上で社民党や国民新党に行ってもらったほうが相応しい人には両党から出ていってもらう。

これは私も全く同意見です。

前原は間違っていると私は考えます。
八ツ場は専門家を入れて治水の見直しをする、と言っているけれど、彼らの言う専門家というのは、例えば高速道路無料化の山崎養世のように、もともと民主党に「政策」を「売った」人たちだから、民主党に都合の悪い結果が出るわけがない。御用学者が審議会を支配していた自民党政治と何ら変わりません。

JAL再建でも法的根拠のないタスクフォースに、銀行団の受け入れがたい焼き直しの再建策しか作れていません。

全く能なしの辻元はともかく、馬淵副大臣が尻ぬぐいをしているようですよ。

民主党の人材という点では、反小沢で、今回要職につけなかった「ヒラ議員」や首長経験者などの中に案外いるのではないか、と唐突に思ったりします(笑)。例えば元ニセコ町長の逢坂誠二とか。まあ彼は知り合いなのでひいき目に見ているかも知れませんが(^_^;)。あと元犬山市長の石田芳弘あたりかな。

投稿: フロレスタン | 2009年10月30日 (金曜日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/46595653

この記事へのトラックバック一覧です: 変われば変わるものだ:

« Yahoo! GyaO!の糞ッたれが | トップページ | 思わず納得してしまう間違い »