« マクロ経済の成長戦略のない民主党政権の航空行政の無意味さ | トップページ | 最悪を免れたとはいえ »

2009年10月23日 (金曜日)

Internet Explorerそのものに退場してもらおう

半年にわたって、Internet Explorer 6に退場してもらおうというエントリーをトップ表示にしていたが、効果はあまりなかった。賢明な常連の読者の方には申し訳ない言い方だが、所詮日本人のメディアリテラシーなんてこんなものなのかもしれない。

昨日、販売店や開発元それに提灯もちメディアなどの騒ぎであたかも鳴り物入りのような形でWindows 7という商品名の、その実内部コード6.1(Vistaは6.0)の「マイナーバージョンアップ」のOSが発売開始された。これにはIE8が搭載されているのだろう。

どうせ有料のベータ版だから、私はしばらくは買わない。M$の製品はSP1まで待つのが賢明だ

しかしである。IE8も糞ブラウザである。高速表示というけれど、ちっとも早くない。
Web標準準拠と言うけれど、表示はメタメタである。変なところでHTMLの解釈がStrict(XHTML1.0以降の非推奨タグやオプションを完全に排除する)なので、他のWeb標準準拠のブラウザと表示が異なることがある。相変わらずデザイナー、クリエーター泣かせであることは間違いない。

エディタで見やすいようにと、tableタグの中のtrタグやtdタグの前にスペースを挿入したら、なんとそれがtableタグの前で勝手にbrタグのように解釈されて無意味な改行が延々と続くのである。他のブラウザでこんなことはない。スペースを削除したら直った。

JavaScriptの処理で「クラスが登録されていない」というエラーが出る。他のブラウザのデバッガでは何の問題もない。一度アンインストールしてインストールしなおしたら症状が出なくなった。いったいこれは何なのだ。M$のサイトを見ると、この手の質問に対して鼻先であしらうような回答が目に飛び込んでくる。

片手間でウェブの管理をしていてこんな調子である。本当に専業のデザイナー、クリエーターの人たちの、IEがなければしなくてよいような苦労(時間の無駄、その分コンテンツの質の向上に振り向けられれば創造的である)が忍ばれる。表示をチェックするためのIEtesterなんてフリーソフトまで出ている始末である。

メジャーなブラウザのなかでまともなのはFirefoxとChromeくらいと言ってよいだろう。あと強いて言えば新しいバージョンのOpera(ver.9以降)とSafari(ver.3以降)くらいか。
この際だからはっきり言う。バージョンに関係なく、Internet Explorerそのものがこの世から消えてなくなるべきである。

|

« マクロ経済の成長戦略のない民主党政権の航空行政の無意味さ | トップページ | 最悪を免れたとはいえ »