« 朝貢外交・冊封国家化への道か | トップページ | XPS M1330の簾(すだれ) »

2009年9月 1日 (火曜日)

さて9月1日である

最近はヨタヨタ気味だが(笑)、なんのかんのとこのブログも丸5年を経過した。今日から6年目に突入である。
アテネ五輪(1896年の第一回ぢゃないよ)の雑感から始まって、郵政民営化選挙、安倍内閣の元で自民党参議院選挙代敗北、そして自民党の政権たらい回しと来て、ついに一昨日の総選挙は歴史的な結果(とりあえず選挙結果についてだけ。日本が急速な転落・衰退を招くきっかけとならないことを祈るばかりである)となった。

多分はずれると思うけれど、エセ科学の臭いがプンプンするNPO法人のe-PISCOが発生予測時期を延ばしに延ばしている首都圏直下大地震。その延ばした9月であり、86年前の昼には「大正関東地震」(いわゆる関東大震災)が起きている。「政権交代」に浮かれて、防災をないがしろにして欲しくないものである。ただし、地震予知に予算をつぎ込むような「ばらまき」は止めて欲しい。観測網の充実や研究予算の確保は大切だが、行き過ぎると「地震予知学者」の利権を拡大するだけである。どうせコストパフォーマンスからみれば割に合わない大地震の予測である。同じ金をかけるなら、災害に強い都市づくりに傾注すべきである。

子供手当もいいけれど、民主党の幹部で野田佳彦氏はかなり前から学校の耐震化の遅れを指摘しており、近年進みつつはあるものの、少子化による学校の統廃合などもあり、少子化対策と学校の耐震化の推進は二律背反的な面を持っているといえる。しかし、この際思い切った学校の再編と合わせた施設の防災対策(ただし過剰にやることはない。ゼネコンが喜ぶだけだ)を進めてはどうだろうか。

いくら子供手当をばらまいたところで、急速に生産年齢人口(統計的には15〜64歳)が回復するわけでもなく、また移民政策も歴史的に成功している国がないことから期待できない。そもそも移民を安い賃金で単純労働でこき使おうとしても、より人件費の安い外国に勝てるはずがないのだ。単純労働で1000万人の移民を受け入れて、表面的に人口減少を繕うのではなく、もっと知的レベルの高い少数精鋭の外国人を受け入れた方がよい。様々な面で日本に関心を持って、日本に居住し、日本を理解し、日本語に堪能な外国人は今でも少なくない。そういう外国人を増やすことで、新たな産業の展開や経済成長の可能性もあるのではないだろうか。

|

« 朝貢外交・冊封国家化への道か | トップページ | XPS M1330の簾(すだれ) »

コメント

> 移民政策も歴史的に成功している国がないことから期待できない。

両極端だけれど、アメリカとニュージーランド。どちらも移民がなければ国自体が存在しませんでした。とくにニュージーランドは先住民自体が移民。

投稿: wagonthe3rd | 2009年9月 1日 (火曜日) 04時59分

> 管理人様

> なんのかんのとこのブログも丸5年を経過した。今日から6年目に突入である。

そうでしたか。お疲れ様でございます。今後とも、勉強できるブログの一つとして、ご活躍を御祈念申し上げます。

投稿: tenjin95 | 2009年9月 1日 (火曜日) 05時29分

6年目おめでとうございます。
毎回いろいろお勉強させていただいています。
媚びない、うるさい(騒々しい、じゃないよ)大人でいてください。
今後もご活躍を。

投稿: 圭 | 2009年9月 1日 (火曜日) 05時51分

数少ない良識のあるブログですので、ご迷惑かもしれませんが、かなり参考にさせて頂いております。これからもよろしくお願い致します。

投稿: outlaw | 2009年9月 1日 (火曜日) 09時22分

>>wagonthe3rdさん

おっしゃることはごもっともですが、そもそも移民がベースになってできあがった結果が近代国家なこれらの国々と、そうではない成り立ち(まあ日本も石器時代まで遡ればあちこちからの「移民」に辿り着くことになりますが)の国の移民受け入れとでは、歴史的な意味が異なると思います。

>>tenjin95さん

そうなのです。月日の経過は早いものです。今後もお互いに刺激になると宵ですね(^_^)。

>>圭さん

まあ、地声がでかいので、実際に「五月蠅い奴」なんですが(笑)…
媚びないというスタンスは今後も貫いていきます。

>>outlawさん

過分のお言葉をありがとうございます。圭さんへのコメントと似たような内容になりますが、このブログのスタンスは、今後も貫き通す所存です。
今後ともよろしくお願いします。

>>コメントのない方、ROMの方々

「見えないご支援」感謝しております。皆さんの日常に何らかの刺激になれば幸いです。食べ物でも辛い物好きですが、世評も辛口で頑張ります(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2009年9月 1日 (火曜日) 17時46分

全くおっしゃるとおりで、移民政策が成功するためには、移民が国是にならないと駄目だと思います。

ただし、日本の場合、大幅な規制緩和が必要ですが、ブロードバンドの普及率の高さを利用した、サイバー移民を受け入れるという選択肢があると思います。

現在進行中の経済のソフト化、グローバル化によって、英語を使いこなせる人を急速に増やさないといけませんから。かなり複雑な英語の説明書をつけないとソフトやハイテクなハードは売れません。国際免許が通用する自動車とは同じようにはいかないと思います。

投稿: wagonthe3rd | 2009年9月 1日 (火曜日) 19時08分

ご無沙汰です。成人の移民がどっと来ると異文化混合となるので、やはり、留学生30万人のように、若者からいれるほうがいいでしょう。

ともあれ、大きな変化の兆しは、色々な人にチャンスをもたらすのではないでしょうか。

私は相変わらずですが。。。

投稿: スーパーTS | 2009年9月 1日 (火曜日) 20時49分

補足します。

つまり、国が公的なセカンドライフのようなサイトを運用して、日本にバーチャル移民したい人達がそこにメンバー登録するわけです。

そこでは、日本語・日本のビジネス慣習などを学ぶことができ、翻訳、サポートセンター業務、貿易、金融、IT・メディア系の制作などのオンラインでできる仕事に就けるわけです。もちろん日本の商品を輸入よりは格安で購入できます。

決裁は、もちろん日本円です。税金を住んでいる国と日本のどちらに納めるかは、送金方法もふくめて当該国との協議ということになるでしょう。

ここでの実績が認められ、実際に日本に住んでも生活に支障なく、日本の経済・文化の発展に貢献できると認定されれば、実際に日本に住んで制限なく働くこともできるビザが発行されるというわけです。また観光ビザで入国している時も、このバーチャル世界での仕事はすることができることになるでしょう。

こうすれば、日本の文化の中に住む人を世界中に広げることになり、ガラパゴス化を日本の強みに変えることもできるのではないでしょうか。

投稿: wagonthe3rd | 2009年9月 1日 (火曜日) 21時22分

>>wagonthe3rdさん

ああ、バーチャル移民ってのは面白いかもしれませんね。日本人は物でも人でも情報でも、外から入れるのは熱心だけれど、自分たちのことを外向けにアピールしませんからね。

>>スーパーTSさん

いえ、こちらこそ誕生日のエントリーに湖面かとをつけるタイミングを逸してしまいました(^_^;)。

異文化混合とか異文化共生というのは、多分混乱しかもたらさないでしょうね。ブラジル人の多かった群馬県大泉町のように二文化混合なら、お互いに理解できると思いますが。

留学生を入れるなら、やはりその国のトップクラスを入れないとしょうがないのですが、そういう層はアメリカ行っちゃいますよね(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2009年9月 1日 (火曜日) 21時41分

ブログ開設5周年おめでとうございます。
益々小気味のいいエントリを期待しております。
>もっと知的レベルの高い少数精鋭の外国人を受け入れた方がよい。
同感です。

投稿: 閑話ノート | 2009年9月 1日 (火曜日) 22時06分

>>閑話ノートさん

5年で一区切りと仮定すると、6年目に突入で第2ステージに移行といったところですね。基本線や「芸風」は変えずに、どう質を向上させるか、自分と向き合う必要がありそうです。

なんて言いながら、これまでと同じような調子かもしれませんが、ともあれこれからもよろしくお願いします。

投稿: フロレスタン | 2009年9月 1日 (火曜日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/46085796

この記事へのトラックバック一覧です: さて9月1日である:

« 朝貢外交・冊封国家化への道か | トップページ | XPS M1330の簾(すだれ) »