« 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か | トップページ | 民主党内には左翼環境原理主義者が跋扈しているのか »

2009年8月 4日 (火曜日)

裁判員裁判狂想曲

マスゴミは市民参加とか国民の目線という言葉が大好きなようで、普段は権力批判の記事が多いのに裁判員制度に関しては、一部の会社を除いて提灯記事や番組のオンパレードである。

そして昨日から始まった足立区の殺人事件を扱う「第一号」裁判員裁判について、これでもかというくらい紙面を割いて記事を流している。いくらなんでもそこまでやる必要があるのだろうか。

それと、裁判員の選出は選挙人名簿からの無作為抽出のようだが、とてもじゃないが証拠や証言に基づいて適切な判断をした上で人を裁く、なんてことにどう考えても能力的に向かない人の方が多いような気がする。それを市民感覚とか常識というなら、とんでもない拙速な判決が続出する恐れもある。裁判官がいるから大丈夫、というなら、控訴されて逆転判決がでたらそれまでの第1審限定で国民に一方的な負担を強いる裁判員制度など不要だろう。

|

« 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か | トップページ | 民主党内には左翼環境原理主義者が跋扈しているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45839278

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判狂想曲:

« 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か | トップページ | 民主党内には左翼環境原理主義者が跋扈しているのか »