« 雲をつかむような話だが(笑) | トップページ | 総選挙前に高速道路料金について考えてみる »

2009年8月 6日 (木曜日)

それが判決と何か関係あるのか?

連日のこれでもか、これでもか、という裁判員裁判報道。毎日新聞は法廷商法、ちごた詳報と称して、社会面を埋めているが、他紙も似たようなものか。第一号だからといってこの扱いは何なのだろうか。しかも有名人に傍聴記まで書かせて、この制度を礼賛している。これは一面だ。ここまでやると一種の洗脳行為に思える。

さて、3日目の昨日、1人の裁判員が「体調不良」とやらで欠席して別の人が補充されたが、「体調不良」に関してもいろいろと取りざたされている。早速記事見出しにはお得意の「心のケア」なる言葉が登場していたが、仮に2日間の審理で体調や精神面で異常を来したのだとしたら、そうまでして(裁判に煙いているかどうかもわからない)一般人に負担をかけて国民の義務だと言い張る必要もないだろう。そもそも政府には国民の生命を守るという役割があるはずで、この制度はそれと逆ではないか。

笑ってしまったのは、3日目の裁判員による質問ラッシュ。慣れてきて緊張感もほぐれた、などと報道されていたが、それでどうでもいいような質問が出てきても、それすら市民感覚の発露という賛美一色である。担当弁護士までよいしょする始末。

「娘さんの遺品のナイフを殺人に使ったのは何故か」という質問が、量刑を決めるのに何の意味があるのか私にはよくわからない。私には「市民感覚」とやらが欠如しているのだろうか(笑)。そんな大切なものを他人を殺すのに使うような奴には重い量刑でいい、ということか。もしもそうだとしたら、ナイフで人を刺殺したとしても、そのナイフが家族の形見なのか、大切な人からのプレゼント(ナイフをプレゼントするような人間は少ないと思うけれど)なのか、犯行前に購入したものなのか、道ばたで拾ったものなのかで量刑が変わるということか。まあ犯行前に購入となれば計画性があるから重い罪ということもあるかもしれないが、もともとカッとなって人を刺すような奴に、その瞬間にナイフが娘の形見だったかどうかなどということが冷静に判断などできやしないだろう。

「救急車を呼ぼうとしなったのか」という質問も同様だ。愚問だと思う。そんなことをするくらいなら最初から刺したりはしないと思う。交通事故の場合だと、加害者は被害者の救護義務があるが、轢き逃げ犯はそれを無視して逃走するのだ。それとも救急車を呼んでいたら罪を軽くするとでもいうのか。そんなことになったら、殺人犯は今後皆、一応のポーズで救急車を呼ぶのではないか。

その一方で、最初の質問だった「被害者の人柄についての証言の食い違い」については、結局のところ真相が曖昧なままだ。被害者がもしも攻撃的な性格であったら、一方的に被告人が悪いとは断定できないだろうから、こちらの方が犯行動機を解明する上で重要だと思うのだが、メディアは質問の質よりも量を「市民感覚」として重視しているようである。

今日は午後判決が下される。検察の求刑が懲役16年、遺族の請求は20年だ。間を取って18年、8掛けで14年というところかな(笑)。どうせ被告人側は控訴するのだろう。これまた突っ込みどころ満載の記事が期待される。「裁判員裁判第一号の重みを受け止めて控訴をやめろ」なんて書かないだろうな。裁判を受ける権利と三審制を真っ向から否定することになるぞ。

いずれにしても、よほど世間の関心を引くような事件でない限り、第二号以降はベタ記事扱いになるのだろうな。

(追記)
判決は懲役15年だった。私の14年というのは18×0.8=14.4で小数点以下を切り捨てたのだが、判決は切り上げた数値だ。大騒ぎして結局結果はこんなものだ。傍聴席で叫んで退廷させられた反対派は「公判前審理で筋書きはできていてその通りに進んでいる」と言ったらしいが、素人参加で3、4日で結論を出すのだから、その主張通りなのかもしれない。

(追記2)
推進派が手放しでよいスタートが切れた、と賞賛する裁判員裁判だが、よりによって判決が出た直後に逮捕状が出た酒井法子が広報用の映画に出演していて、使用を自粛することになったようだ。マスゴミ総出でヨイショなんかするからこういうケチがついたりするのだよ。

ところで私はこの制度には納得していないが、「裁判員制度はいらない!大運動」のようなプロ市民臭漂う政治的運動も大嫌いである。みんなでデモしたところでできてしまった制度が廃止されるわけがない。もっと地道に欠点を攻めなければだめだろう。

|

« 雲をつかむような話だが(笑) | トップページ | 総選挙前に高速道路料金について考えてみる »

コメント

私なら、素人故に是非こう尋ねたい。
「遺族は20年の懲役を請求しているが、あなたは自分の量刑がどの程度が妥当と思うか」

投稿: Joe | 2009年8月 6日 (木曜日) 20時04分

>>Joeさん

私なら「あなたは起訴事実を認めていますが、本当に犯人なのですか。自白を強要されたのではありませんか」と訊いてみたいですね(笑)。

投稿: フロレスタン | 2009年8月 6日 (木曜日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45850282

この記事へのトラックバック一覧です: それが判決と何か関係あるのか?:

« 雲をつかむような話だが(笑) | トップページ | 総選挙前に高速道路料金について考えてみる »