« この記事が一面トップなのだが | トップページ | 相変わらず人名の表記と発音が杜撰だな »

2009年8月18日 (火曜日)

世界の経済常識から逸脱した経済政策をとった自公政権

麻生は相変わらず「希求」を「ききょう」と読み間違え、連立政権の相手の政党の党首をよりによって総選挙公示日の演説で呼び間違えた(太田昭宏でなく太田誠一と言ったらしい)。 (ウェブ魚拓)

麻生のこの手の間違いに対しては、些細なことだ揚げ足取りだ、という批判が多くある。確かにたいしたことではない。この程度の漢字の読み間違いをする奴はごろごろいる。たまたまそれが総理大臣だ、というだけのことだ。だからこそ、そういう教養のない、そして1度間違えたのに学習効果も反省もなく同じ間違いを繰り返す男が総理大臣なのが問題なのだ、とはどうして思わないのか不思議でならない。「得意なはずの英語」でも間違えているしなあ(笑)。

景気対策、経済対策に全力をあげます、と叫び続けているこの男。景気対策と経済対策は別物であるべきなのだが、どうもこの男の脳内では同じらしい。

その「景気対策・経済対策」(どちらかといえば短期の景気対策の方に該当するのだろう)の当面の成果だが、こんな調子である。

GDP:年率3.7%増 エコノミスト、慎重な見方多く 輸出、持続力弱くウェブ魚拓

結局の所、減税や補助金・エコポイントなどでゲタをはかせてもらっている自動車と電機の一部がよいだけで、その他はダメである。そのことはユニクロの業績が端的に物語っているだろう。その自動車と電機とて所詮は将来にツケを回した需要の先食いでしかなく、長期的な経済成長戦略はまったく持ち合わせてないのが現政権だ。経済学の定説からすれば、来年あたりには公共投資の効果もなくなっていることだろう。

だからといって、民主党に期待できないのがこの国の不幸である。この点については先日の民主党のマニフェストを評価したエントリーを参照されたい。自民党以上に経済成長戦略を立案する能力がなく、「国立追悼施設」「外国人参政権」「製造業への派遣労働禁止」そして「日の丸切り貼り党旗急造事件」「高速道路無料化」とこれだけで投票するに値しない政党であることが明白だ。

メディアは政権選択選挙などと喧伝しているが、真剣に考えれば考えるほど、不毛なのが今回の総選挙なのだ。

|

« この記事が一面トップなのだが | トップページ | 相変わらず人名の表記と発音が杜撰だな »

コメント

こういう事例が、英語が得意になると日本語が疎かになるという誤った認識を広めることが一番の問題です。本来は英語を学べば日本語が伸び、日本語を学べば英語が伸びるのです。オウム返しの丸暗記の英語ではその効果はないでしょうが。

投稿: wagonthe3rd | 2009年8月21日 (金曜日) 05時37分

政権は交代するものであるという認識が立てば、人材・情報は、取りあえず政権側、そして、しばらくして、よりまともなほうに集まるようになるので、国民が監視を怠らなければ大丈夫ですよ。喉元過ぎれば熱さを忘れるで、そこが一番問題なような気もしますが。せっかく国民の支持があれば永田町の論理は打ち破れると実証した小泉政権の前例があるだけに心配です。あ、でも、楽観的に見れば、このことが今の民主党の躍進に繋がっているという見方もできますね。

投稿: wagonthe3rd | 2009年8月21日 (金曜日) 05時44分

>>wagonthe3rdさん

多少の誤差はあっても、恐らく選挙結果はもう造られていると思います。早く鳩山政権が崩壊し、併せて政界再編が起きることを願うばかりです。

投稿: フロレスタン | 2009年8月21日 (金曜日) 21時35分

今回の選挙ほど高投票率(望むらくは80%以上)が必要な選挙はないと思っています。固定票に頼るのは無意味だと、どの政党にも思い知らせなければいけないのです。

その意味で、ひたすら固定票に頼り、浮動票に選択肢はないと思わせようとしている自民党は論外なのです。

しかし、80%以上の投票率で自民党となっても、それはそれでOKなんですよ。

投稿: wagonthe3rd | 2009年8月22日 (土曜日) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45966427

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の経済常識から逸脱した経済政策をとった自公政権:

« この記事が一面トップなのだが | トップページ | 相変わらず人名の表記と発音が杜撰だな »